アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

診断まで おママの場合 その3

  バスタオルの攻防戦は3週間ほど続きましたが、これもあっさり終わりました。恐らく、ジジがバスタオルを使い始めたからだと思います。

  これらは2005年、肺ガンの手術から1年後の事ですが、それ以前も兆候はありました。

f:id:harienikki:20170325194846j:plain

                                  (2006年頃の作品   診断前)

例えば、毎日使っているスプーンやフォークのしまい場所を自分で変えたら、それが分からず、食器棚の前で途方に暮れている姿をジジは目撃していました。

   オネコが電話で伝えた事柄が全くおママの頭に残っていない…。同じ話を繰り返す…。

   まだ、70歳になったばかりだし、ただの物忘れかも知れない。

  だって普通に日常生活を送っているもの。しっかり覚えている時もあるのよ〜。

   この時点で、私もオネコも認知症を疑いながら、心のどこかで、違う事を願っていたのかも知れません。

ましてや長年連れ添ったジジの心中

いかばかりか。