アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

診断まで おママの場合 その7

   深刻な状況になる前に、老年科や物忘れ外来に連れて行った方が良いのではないか?

「進行を遅らす薬を飲ませたい」

まだ70代の初めなのだ。先があるのだから。

  私は強くそう思いました。しかし、おママの認知症を確信しながら、あれこれ調べているオネコには別の思いもありました。

 

f:id:harienikki:20170325193643j:plain

                                            (2006年頃    診断前)

老年科は大きな大学病院にしかなくて、診断には脳のMRIや血流の検査をしなければならない。

  処方される薬は多分アリセプトでしょう。これは進行の速度を緩やかにするだけで、完治を目指すものではありません。

人によっては気分が悪くなったり、気持ちが不安定に高ぶったりする事があるようです。

  おママに大変な検査や嫌な思いをさせるのは忍びない。

   状態が悪くなれば大変だけど、成り行きに任せてみるか…。そんな風にも考えていました。

 

   一方、生活を共にしているジジはあまり問題は感じていませんでした。

忘れっぽい点はあっても、いつもいつもではありませんし、少なくともジジにとって、日常生活は滞りなくおくれていたのですから。