読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

診断まで おママの場合 その6

  オネコの話を聞いて、私も胸がざわつきました。

  折しも夏休み。小学生だった娘のアズキが実家にお泊りに行きます。

私は因果を含めて送り出しました。

「おばあちゃんが自分のやった事を忘れたらね、後で教えてね。」

 

   アズキは目端の利く子なので、ちゃんと報告がありました。

f:id:harienikki:20170325193851j:plain

                                            (2006年頃   診断前)   

  おママはアズキとお買い物に行きました。スーパーで2人は夕食のおかずを選ぶのです。

「シャケにしよう!」

戻って冷蔵庫にしまい、それから数時間後、おママは夕食の支度に台所へ行きました。アズキも一緒です。

冷蔵庫を開けたおママは

「あら?どうしてシャケがあるのかしら?」

と首を傾げたそうです。

「夕飯のおかずよ〜。」

とアズが言うと、おママはにこやかに笑いました。

「そうよね〜。」

 

  アズキがちょっと目を離していると、台所では仕事がはかどっていないようです。

   台の上にジャガイモやあれこれ野菜を出しているのですが、

「何するんだっけ?」

と、おママはアズキに問いかけたそうです。

「お味噌汁を作るのよ〜。」

アズキが笑って答えると、おママも笑顔になりました。

「そうよね〜。」

 

  アズキは楽しい小噺のように話してくれましたが、私は笑えませんでした。