読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

お湯が出ない‼️

  寒い日の朝、2階にある台所の蛇口からお湯が出ませんでした。

   レバーで水に切り替えれば水は出ます。しかし、湯を出そうとすると、何も出ません。
1階の洗面の湯は出るのですから、給湯器より、水道管の問題でしょうか?
どうしたもんだか!変だわ〜。

ジジは慌てて水道局に電話したり、バタバタしたそうです。

 

f:id:harienikki:20170325180240j:plain

              <どこかの天井窓の写真を見つけ、切って配置したと思われます。>

                               (2017年1月16日 診断から約10年 )

 

    朝食の片付けは、皿とマグカップ各2づつだから、大したことはないのです。

それでも、冷水で洗うのは辛いでしょう。


「さぞや、おママは大騒ぎだったでしょう?」
私がジジに聞くと、意外な答えでした。
「あの人ね〜、冷たいの気にならないんだよ。冬でも凍えるような水で平気で食器洗いをするから…。冷たいだけでなく、寒さも感じないみたい…。でも、お湯で洗ってる時もあるんだよね〜。」

 

高齢になると暑さ寒さに鈍感になるというけれど…。

すでに…、おママは…。
末端の神経が脳に伝わらないのか⁉️

 

私は目眩を感じました。

そうなると…、だんだん排泄の感覚も失われていくのか?

 

いや…、単純に、台所の蛇口からお湯が出る事自体を知らなくて(忘れて)、疑いもなく冷水で食器を洗っていたのかしら?

   昭和8年生まれのおママが湯沸かし器のお湯で食器を洗い始めたのは、結婚した昭和30年代後半からでしょう。それまでは冷水で洗ってたはず…。

 

   まぁ、どっちにしにしてもですよ…。
これは、要観察!
注意深く見守ろうと思います。

 

    結局、お湯が出ない原因は、給湯の管が凍結したからでした!

昼には溶けて復旧しました。(笑)