アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

叶わぬ望み

   妻がアルツハイマー認知症と診断された夫はどのように思うのでしょうか?

ジジの場合、
「なんとか元に戻って欲しい。治って欲しい。」
と強く思ったそうです。
この思いは2007年1月末からずっと続き、2016年の夏頃でも、
「今だって、治って欲しいと思ってる!」
と、言っていたのです。気持ちは分かる…。

でも、ジジには非情な事ですが、それは叶わぬ望みです。

 

f:id:harienikki:20170325180138j:plain

                         (2017年1月14日 診断から約10年)


      それで、いまだに、おママに過度の期待をしているのです。


「お米を研ぐように言っといたから、やってると思うよ。」
「お昼にお汁を頼んだから、今頃、出来てるかな〜?」
なんてね。おママは5分と記憶が持ちません。
言えばやってくれるは通用しないのに。

 

   この点、娘はドライなんでしょうか?

どうしようもないと腹をくくれば、女の方が割り切るのは早いかも知れませんね。
姉も私も、診断の日に望んだ事は、次の事です。


   おママの進行が緩やかであって欲しい。

   1日でも長く我が家で介護状態にならずに過ごせますように。

 

 10年を振り返れば、これは充分に叶えられたし、私達は恵まれていたと思います。

 

  ところで、今日の夕方、嬉しそうにジジが私に寄ってくるのです。
「今、見たらね、言わなくても自発的にお米を研いでたよ〜!」
おママは最近、冴えてると大層な喜びようです。

   ごく稀に、おママは自発的にお米を研いだり、お汁を作ることがあります。

夕方になると、50年以上にわたる主婦業の血が騒ぐのでしょうか。

 

  だから、ジジは叶わぬ望みが捨てられないのかも。