読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

お宝たち

貼り絵の制作について 2017年の話

  おママはいつも気に入った紙を貼り絵に使います。

それは包装紙だったり、雑誌の切り抜きだったり…。

私やオネコが素敵だと思って進めても、

おママは興が乗らなければ絶対に使いません。

最近、私が持ってきた千代紙を使ってくれましたが、これは珍しい事です。

可愛いから、綺麗だから使うとは限らないのです。

私にはその採用基準がよく分かりません。(笑)

 

f:id:harienikki:20170205222747j:plain

                                    (2017年1月17日撮影)

    例えば、昨年のヘビーローテーションは、上の写真中のティパックの袋です。

以前にもご紹介しましたが、その高い応用性に驚かされます。 

  貼り絵に時々登場するゴールドはチョコレートの包みです。

私達がゴミとして捨てているものが、大活躍しているのは興味深い…。

 

  おママが今日どんな紙を手にするのか?  それは私の楽しみでもあります。

 

  おママは貼り絵を初めて10数年が経つので、

その間に貯め込んだ紙は沢山あるようです。

その元がなんであったのかは、今では知り得ない写真や包装紙やチラシなど…。

どこがおママに気に入られたか分からない紙たちが、引き出しや箱に眠っています。

それらはおママのお宝ですね。

 

f:id:harienikki:20170325174148j:plain

                            (2017年2月2日   診断から約10年)

 

 その中で、最近、見慣れぬ花の絵が登場しました。( ↑ 上の貼り絵の中央部分)

 

日本画の写真ですね。素敵ですよ。

縁をピンキングばさみでギザギザにしてお洒落ですね。」

私は褒めながら、すかさず切り落としの残りを探しました。

おママが楽しそうに作業を続けている横で、私はゴソゴソ物色です。

(何から取ったのかしら?)

 

f:id:harienikki:20170205214938j:plain

  意外とすぐに見つかりました。(2017年2月2日撮影)

他の紙と一緒にクリアファイルに挟まっていました‼️

2008年の山種美術館の展覧会チラシですね。

9年も前に手に入れたチラシが登場したのかと、私は驚きとともに微笑ましく思いました。さすがに物持ち良いわね〜。

 

  この絵は田能村直入の「百花」の部分だそうです。

なぜ分かったかというと、偶然なんですよ。

   今日お友達から山種美術館の展覧会の話を聞いたからです。

「開館50周年記念特別展   山種コレクション名品選Ⅲ     日本画の教科書  京都編」

とても充実した展覧会だったとのこと!

残念ながら今日まででしたが、そのポスターの中にこの絵の写真がありました。

 

京都編は終わってしまいましたが、東京編は2月16日から4月16日まで山種美術館で開催されます。名品揃いのようですね。

できたらおママと一緒に行きたいなぁ〜。