読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

マーブル

   在庫の紙の中にマーブル染が何枚かあります。

それを使ったのですね。懐かしい。

おママは皮工芸ををやっていた頃からマーブル染が好きでした。

 

f:id:harienikki:20170325170820j:plain

          (2017年2月10日 診断から約10年)

 

   この貼り絵に使ったマーブル紙は、恐らく15年くらい前に、おママが自分で染めた物だと思います。

 

   ヨーロッパの職人さんが染めたマーブル紙も買っていましたが、

それはもっと精緻で、マーブルには統一のとれたリズムと美しさがあります。

おママのマーブル染はすこし乱れがあるのですが、そこがまた魅力。

 

  マーブル染は自宅で染められるのですよ。

大きいバットに水に溶いた専用の糊を張り、そこに染料をポンポンと落します。

針金で手作りした目の荒いクシで染料をマーブル模様にします。

それから、紙を乗せる。

ある程度、プランを立てて染料を落して、動かすのですが、

紙を被せる時に、思う通りにいかなかったり…。

そこがまた、楽しかったみたい。

 

   認知症の診断を受ける前年の夏に、私の娘のアズキはおママとマーブル染めをして、それを夏休みの自由研究にしました。アズキには楽しかった良い思い出です。

 

   下の写真のマーブル紙もその頃に染めたものです。

和紙に墨汁と桃色の染料で染めました。

あの頃は「失敗したわ」と嘆いていたのも懐かしい…。

マーブルを専門になさっている方から見れば、拙いかもしれません。

でも、なかなか面白い。私はそう思います。

f:id:harienikki:20170325170848j:plain