アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

シルバーカー

f:id:harienikki:20170325163058j:plain

            (2017年 2月23日  診断から約10年)

 

    今年に入って、ジジは遂に買いました! 

シルバーカーです。いわゆる高齢者用手押し車で、腰掛けられるタイプ!

 

   ジジは杖も付かずに頑張ってきましたが、さすがに昨年から足腰が痛んで近所への買い物も辛かった。
勿論、重いものはオネコや私が手伝いますが、かと言って外に出ないわけにはいきません。
日に一度はおママを買い物兼散歩につれだす目的もあるのです。

シルバーカーの使い心地はまずまず。ジジには頼れる存在となりました。

 

   さぁ、今日も昼過ぎに、お買い物に出発!


   まず、コンパクトにたたんであるシルバーカーを玄関から外に出しまして、使えるように開きます。軽くて操作は簡単。

そこで必ず、おママの決まり文句が入ります。

「やだわ。そんなの持ってかないで良いわよ。なんで?要らないわよ。」
さも年寄りくさくて、嫌そうな顔をします。

「使うのは私。あなたじゃないの。毎日の事なんだから、いいかげんに分かってくれなきゃ…。」

 

    残念ですが、ジジ…。諦めて下さい。

同じ事を言われてウンザリでしょうが、おママには今しかないから…。


  私は門のところで2人を見送りますが、帰宅するとジジはたいていヘトヘトです。

 

「帰りは『私が押してあげる』ってうるさいんだ。いつも、いつも。
重くて上り坂で、押すのが気の毒だから、『私が代わりに押すから貸しなさい!』となるんだ。まったく、こっちは必要があって押してるのに、追い剥ぎされるみたいに取られるんだよ。」

 

 上り坂の途中で、
「貸しなさい」
「いいんだっては!」
の押し問答をしている2人の様子を想像すると、ちょっと可笑しいわ。

 

「悪気もなく、むしろ思いやりだから、始末に悪い…。」

今日もジジのぼやきが聞こえます。