アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

シルバーカー その2

f:id:harienikki:20170325162933j:plain

              (2017年2月24日  診断から約10年)

10日ほど前の昼頃、ジジ、おママと3人で近くの家電量販店に行きました。

そのお店は大きな幹線道路沿いにあります。
近くと言っても、片道徒歩20分。おママは足腰丈夫なので御機嫌ですが、シルバーカーを押すジジはなかなか辛そうでした。

 

  途中、狭くて歩道と車道の区切りがない道を歩きます。

それが、幹線道路への抜け道なので、車の交通量がとても多い。

それでも、その時間帯はまだマシでしたよ。
   この近辺は住宅地で、高齢世帯だけでなく子育て世帯も多いのです。

土地勘のあるドライバーさんはかなり慎重に減速して下さいます。
それでも、大きなトラックがドーッと走り抜けたりすると、その空気圧で私達のダウンコートがブルブル震えていましたわ。

  ジジはシルバーカーを押して歩くので、車の運転をしている方に気を遣わせて申し訳なかったです。

 

   商店街や街角ではベビーカーに匹敵するくらい増えたシルバーカー。

その根本的な違いは速度でしょうか?

シルバーカーは圧倒的にゆっくりです。少しよろよろします。

押している人の年齢が高いから仕方ないですね。

 

  高齢化社会のこれから、自動車と手押し車の高齢者が、お互いハラハラしないで通れる道が増えて欲しいですね。

 

  そして…。

ベビーカーと同じように、シルバーカーも温かく見守って下さると嬉しいです。