読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

暗示にかかってしまった‼️

 

f:id:harienikki:20170417000702j:plain

(2017年4月11日 診断から約10年2ヶ月  天秤のような均衡のとれたデザインだと私は思います。本人は中央上部の赤い三角が効いているわ!とお気に入りのようです。)

 

  先週の火曜日。4月11日のお昼に私はおママに言われました。

 「あなたも後20年もすれば、こうして分からなくなってしまうのよ。みんな、同じように分からなくなるものなの。」
「…………。」

 

harienikki.hatenablog.com

   今までもおママを見ていて、いつか私もアルツハイマー認知症になるかも知れないと思っていました。

でも、これを言われてから、自分の中で確信に変わったのです。

奇しくも20年後の私は、おママが認知症を疑われ始めた歳になります。

 

私は絶対になるのよ。アルツハイマーになってしまうの。

 

   そんな思いに取り憑かれてしまいました。

でも、絶対にならない保証はどこにもない。なってしまうと考える方が良いかも知れません。

 

    それにしても我が事になると、これは恐怖です。

直前の記憶を失ったら…。自分が何者か分からなくなったら…。

家族も認識できなくなったら…。

全てが不確かな世界になります。

認知症は必ずしも遺伝するとは言えないようです。しかし…。

 

   私は若い頃からあまり記憶力が良くありません。

学生の頃は短期記憶は良かったので、学校の定期試験の成績は良かったです。

でも、私の頭は長期記憶は苦手らしく、定期試験が終わればすべて忘却の彼方となります。そのため、外部模試は惨憺たるものでした。

長期記憶が弱い。その上、最近は短期記憶もめっきり弱くなりました。

人は弱いところから衰えが目立ってくるとしたら、

私もおママと同じように記憶からやられていくかも知れない。

 

 「予防…。予防しなきゃ。」

私は真剣に、歩きながら一人しりとりを始めました。

NHK認知症予防の番組でやっていたから、ハーブのお店でレモンバーム買いました。

  寝る前に飲んでみると口当たりが良く、脳味噌に沁み渡る様な気がしました。

ほっとするわ〜。

「ふう〜。」

すると、お相伴していた娘のアズキが一言。

「これってさ〜、喉がすっきりして、(カラオケで)良く声が出そうだわ🎵」

うむ…。アズキは若いんだね〜。

確かに喉にもスッキリですが、頭に効いて欲しい私です。

 

harienikki.hatenablog.com