アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

冷凍食品

 

f:id:harienikki:20170505003424j:plain

(2017年4月25日  診断から約10年2ヶ月  昔おママが自分で染めたマーブルペーパーを中心にした構成です。葉っぱのようにも見えますね。)

 

🌺何かと便利な冷凍食品。

   以前はおママも使っていましたが、アルツハイマー認知症と診断される前からあまり使わなくなったようです。
おママの長い主婦歴の中で、冷凍食品が普及して来たのは後半戦。電子レンジもそうですが、この20余年前から使い始めたものは、現在殆ど使えません。
一方ジジはここ7、8年で食事の調達と調理について、随分スキルアップしました。
しかし、冷凍食品についてはまだまだ、誤解があります。

 

🌺先週、事件がありました‼️(笑)

「昨日冷凍の焼きおにぎりを買ったから、昼ご飯に食べよう。六個入りだから丁度3人分だよ。」

ジジにそう言われたので、私は冷凍庫を開けて見ると、確かにありました❣️
続けて冷蔵庫も開けると、

 

「ん…⁉️」


同じ未開封の焼きおにぎりが目立つ所に横たわっているではないか⁉️
「これはどういうこと?」
軽いプチ切れでジジに説明を求めると(怖い娘!)
ジジは笑顔で言いました。
「昨日の夕方に2袋買って、1袋は翌日の昼に食べるつもりだから、冷蔵庫に入れておいたよ。」
つまり、冷凍おにぎりを1晩冷蔵庫で解凍してくれたのね‼️(怒)
その後、ジジは私から冷凍食品について厳しいレクチャーを受ける羽目になりました。

 

🌺他にもこんな誤解や問題点がありました❗️

  どうも前もって冷蔵庫に移した方が食べる時の解凍時間が短くて楽だと思ったようです。

冷凍鮮魚、精肉でそういう場合もありますが…。(笑)

ジジのように高齢になると、そもそも袋の説明書きをあまり読まないようです。(若くても読まない人はいます。)
「『要冷凍』と書いて有るよ❗️」
「あー、ほんとだ〜。」
てな具合です。

それなのに、袋に書いてある加熱時間にはこだわる…。
『500W2個2分』と書いてあったら、それを頑なに守ろうとするのです。

 

「食べたら冷たかったという事もあったよ。でも、こんなものかと思ってねぇ。」
「いえいえ…。冷たいと思ったならば、30秒でも1分づつでも、温まるまで追加加熱して下さいよ…。」💦

 

電子レンジの大きさや性能によって、加熱時間は誤差があります。
説明書きにも『あくまで目安』と書いてあるはず。くどくど解説すると、ようやく納得してくれたようです。
「あー、だからチャーコさんがよく『ある程度加熱してみて、後は
1分づつやれ』とか、言うんだね。ようやく分かった。」

(耳が遠いから、人の話を断片的に聞いて独自解釈する事も多い。)
その辺のさじ加減がなかなか難しいようです。

 

🌺結果として…。(笑)
一晩冷蔵庫解凍した焼きおにぎりは、常と変わらず美味しかったのです。

 おママも
「美味しいわね。柔らかいし。」
と嬉しそうにパクついていました。

 

胃弱の私も問題なく済んだが…。(でも、絶対やってはダメです…。
「冷凍食品は説明書き通りに、そして必要に応じて加減して下さいね。」

私はジジによくよくお願いしました。

しかし、89歳のジジには難しいかな〜。


そろそろ娘達が全面的にみてあげなさい❗️
きちんとご飯を作ってあげたらどうだ⁉️


そんなお声が飛んできても当然ですが…、

オネコや私にも色々事情もあります。(もごもご)
あれこれ留意しながら、もう少し様子をみようかと思います。

 

  読んで下さりありがとうございます。

おママは今日は貼り絵に取り組んでいました…。😊