アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

シャワー

 

f:id:harienikki:20170720235402j:plain

(2017年6月21日 アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

 

暑いのに入浴拒否

これは今週月曜日の夕方の事。(7月17日)


このところの暑さです。

一日中、おママが暑い寒いとエアコンを点けたり消したりするので、ジジはかなりバテていました。
聞けば金曜からお風呂をやっていないそうです。Σ('◉⌓◉’)

土日の間、さすがのジジも上手くおママを入浴に導けませんでした。


「まぁ、暑いからシャワーでも。」


オネコと私はそう主張しましたが、

おママはカランとシャワーの切り替えも覚束ない人です。湯船のお湯があれば、それで身体を洗うのでしょう。でもシャワーでは、誰かのサポート無しでは難しいかも知れません。

(私がお風呂の掃除のついでに、おママの介助をするかな?)


しかしながら、私は介助は初めてです。御当人に拒否されればダメですね…。

 

シャワーはいかがですか?

 

「お母さん、暑いから汗かいたでしょ。シャワーを浴びたらいかがですか?」
「大丈夫よ。まだ時間が早いし。」
「夜になると疲れて面倒になるから、今いかがですか?」
「だって、お父さんが…。」
「お父さんはお父さんで浴びるそうですよ。」
「ご飯の支度をしなくちゃ。」
「今日は冷凍のハンバーグにするとお父さんが言ってますから、お任せしたら?」
「えーっ。お父さんに出来るのかしら?」
「大丈夫ですよ。汗流しましょう。お手伝いしますよ。」
「良いのよ。あなたにそんな事して頂いたら悪いわ。」
「気にしないで、シャワー浴びてスッキリしましょう。このままでは汗臭くなりますよ。」
「冷たい水は浴びたくないの!」
「お湯ですよ。気持ちいいですよ。」
「今、頭が痛いのよ。無理して浴びたら、具合が悪くなるわよ!」

こんな押し問答の末に、おママは強い拒絶を示しました。私、撃沈。

(仕方ない引き下がるか。)
そう思いましたが、私も何時ぞやのジジの真似をしようかと…。


それで、おママの着替えを用意して、出直しました。


「お母さん、これからお風呂場の掃除をするので、脱いで手伝って下さいな。」
「……⁉️」

私がそそくさとズボンを脱いで浴槽を洗い始めれば、
「申し訳ないわ…。」
おママもその気?になってくれました。


結局、ご機嫌でシャワーを浴びて、スッキリ。

ほとんど自分で身体を洗えました。👏👏👏

しかし、一度、自分で出したカランのお湯を止めることが出来ずに、叫んで待機していた私が出動する1コマもありました。

 

掃除するはずが、何故自分がシャワーを浴びているのか?
そこをおママに追求されなかったので助かりました。
おママも、掃除の事は覚えていませんでしたしね。

 

曽孫ちゃんも同じ。

 

初めてシャワーの介助をしたので、オネコにLINEで報告したら、
「桃ちゃんも同じ」ですって‼️それで、こんな話をしてくれました。


先月、オネコは2歳になる孫娘の桃ちゃんを数日預かりました。
実は桃ちゃんもお風呂やシャワーが苦手なのです。
それで、オネコは
「お風呂ゴシゴシしようか〜と誘って、ブラシでお風呂を擦りながらいれちゃったのよ。」

掃除で吊られるのはおママと同じですね。(笑)


ところが、桃ちゃんは賢く、翌日にはその手に乗らなかったとか。
2歳の桃ちゃんには彼女なりの記憶力があるから、

大人のやる事を見抜いちゃうのですね〜。


さて、おママはどうでしょうか?

次は嘘なしでシャワー浴びてもらうのが、1番なのですが…。(笑) 

 

いつぞやのジジの……とは⬇️これです。

harienikki.hatenablog.com