アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

傘をさすなんて

 

f:id:harienikki:20170727001622j:plain

(2017年6月23日 アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

 

  今日(7月26日)の関東は朝のうちは土砂降りで、午前中もじめじめ雨が続きました。蒸していましたが、日差しがない分、暑さは控えめ。
お陰様で、今日もジジとおママは元気です。

 

午後のお出掛け。

  先日、おママは骨密度の検査をしました。
昼前から、
「検査結果を聞きに整形外科に行きますよ〜、3時に予約しているからね」
と、声掛けするものの、例によっておママの頭には入ってはくれません。(笑)
雨が降っていると出掛けるのを渋るのです。
とりあえず、予約の時間までに雨が止んでくれて良かったです。

 

  それでも空模様はどんより。
大丈夫とは思いますが、私は念のため折り畳み傘を持って出ました。
それは午前中の雨でじっとり湿っています。私は少しでも乾かそうと、日傘気分で差して行きました。曇っているからあまり期待は出来ませんが…。

 

おママに指摘された〜。

   2人で歩いていると、おママは小声で私に言うのです。

「あなた…、雨降っていないわよ、傘なんかさして、大丈夫?」

その「大丈夫?」の語感に
(あなた…、そんな非常識なことして、正気なの?)という気持ちが滲んでいました。
なんだろう。
思いもかけない問いだったので、とっさに私はどう反応したものか分かりませんでした。

「降っていないのは分かっています。」
「そうなの?」(おママは笑)
「私はそこまでボケていません❗️」
「そうなの〜?」(おママは笑)

それで、私は自分の意図を説明したのですが、理解してくれたかは疑問です。

 

 ごもっとも

  そもそも、傘は何のために差すのか。

雨や雪の時、身体が濡れないようにするため。
強い日差しを避けるため。

 

  しかし、日傘が一般的には普及したのは、紫外線予防が広く提唱されてからだったと思います。私が子供の頃はあまり見ませんでした。実際、おママが差しているところを見た事もありません。

 

ましてや、傘を乾かすために差すなんて❗️
おママの常識の中ではあり得ないことです。
う〜む。御尤もです。おママは正しい。

 

  雨が降る➡️傘を差す。
この図式から外れた私に、そっと、間違いを指摘してくれたのですね。
最近のおママは単語と現物がすんなり結びつかない時もあるます。


だから、「傘」「雨」の関連性がしっかりしているのは、私としても嬉しい。

 

  アルツハイマー認知症歴の長いおママですが、やはり若い時に身につけた常識や習慣は抜けにくいように思いました。