アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

今日こそ何としても‼️

f:id:harienikki:20170811010330j:plain

 

(2017年7月7日 アルツハイマー認知症の診断から約10年5ヶ月

先月知人から頂いた「松陰饅頭」の箱にかかっていた熨斗紙から、松の木を忠実に切り取ったようです。松陰神社通り ニコラス精養堂 ⬅️こちらの商品だそうです。)

 

今日(8月10日)の関東地方は暑さも小休止。凌ぎやすい日でした。
「こういう日はなんだか気が抜けて、疲れが出るわ〜〜。」
なんて溜息を漏らす私。
暑けりゃ文句言い、少し涼しければグダグタ言う。

自分でも尽々身勝手だと思います。(笑)

 

相変わらず正常運転
入浴ネタばかりで申し訳ありません。

目下、私の最大関心事でございます。m(_ _)m

 

今週水曜日の夕方。
兎に角、おママは前週金曜日から入浴出来ていません。

私は今日こそ何としても入ってもらわねばと、意を決しておりました。


しかし、私の意志が強固になるほど、おママの雲行きは怪しくなるのです。
「頭が痛いのよ。」
いつもの理由を言うおママ。
「頭を洗わないと、頭が痛くなるんだよ。私なんか、3日も洗わないと、てき面に頭が重くなるよ。」
ジジはあまり髪のない自分頭を撫でながら、説得を試みました。
おママの気分はだだ下がりです。


こんな時、2人掛りで言うと、余計におママは意固地になります。

それで、私はサッサとおママの下着やら着替えやらを用意して、風呂場の前で待機していました。

 

仕方なく…。
  ようやく、1階の風呂場に現れたジジとおママはなんと‼️

お買い物に行く格好をしていました。


「外を歩きたい、買い物に行くと言うから、コンビニまで行くよ。風呂に入るのが条件だから、戻ったらお願いね。」

ジジはそう言い残して、おママを連れて出掛けてしまいました。

お願いと言われましても…。ダメな時はダメなんですが…。(笑)

 

戻った勢いで。
  15分後、汗ばんで帰宅したおママを、私は笑顔(作り笑顔)で迎えました。


「暑かったでしょう。さ、さ、暑いからサッパリと汗を流しましょう。」
「あら、そんなのいいわよ。ご飯の支度もあるし。」
「オカズは今、買ってきたから大丈夫だよ。」
「そうなの?」
「はい、どうぞ。」
流れを掴んで、私はおママをまんまと風呂場に誘導しました。


この日は上手くいきましたが、最近の勝率は5割です。

 

なんだ…、ご機嫌で良かった。
  ひと通り洗い終わって、湯船に浸かったおママはサッパリとして充足した顔をしていました。


「10まで数えるわ。
10、20、30…?あれ?間違えた?」


私はそのまま100まで行ってくれても良かったなと思います。


「いーち、にー、さーん………。」


おママは10まで数え直しました。


自分で気が付いて直すなんて、冴えてるわ。

それにひきかえ…、

私の方は浴室の蒸気と暑さ疲れで、脳味噌が溶けてしまいそうでしたよ…。

 

おママの貼り絵を見てくださり、ありがとう御座います。