アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

ハサミで切るのが好きなのは分かるけど…。

 

f:id:harienikki:20170907191727j:plain

(2017年8月20日  アルツハイマー認知症の診断から約10年6ヶ月)

 

得意技

「こんなによくも切ったものだ…。」

写真撮影の時、おママは上の貼り絵を見ながら溜息交じりに言いました。

そうですよね〜。

私よりハサミ遣いが上手いと思います。

模様と模様の間で切り抜けなかった所は3箇所、厳密に言えば4ヶ所です。クリーム色の地色が残っている部分だけです。

時として、黙々と切り進めている姿はパラノイア的とも、拘りにも思えるのですが、基本的にはハサミ遣いが好きなのでしょうね。

 

やめて〜!

  先日、私は実家に花柄のチュニックを着て行きました。華やかな小花が散りばめられていて、私のお気に入りです。

おママはその綺麗な花柄に気が付いて、私の後をついて歩きます。

そして、裾や袖に触れて言いました。

「あなたのこれ、本当にきれいね〜。これ良いわね〜。」

そのおママの語感に、貼り絵の材料を見つけた時の喜びに似た響きがありまし

た。

「切って貼ったりしないでよ。」

まさかとは思うのですが、釘は刺しておきたいものです。

絶対に覚えていないだろうけど…。(笑)

すると、おママはウッシッシと笑いました。

「ハサミを持ってきて切ってやろうかしら。ここをチョキンと。」

やめて〜。

 

まぁ、これだけでしたら他愛のない話ですが…。

 

「あなたのこれ、本当にきれいね〜。これ良いわね〜。」

「切って貼ったりしないでよ。」

「ハサミを持ってきて切ってやろうかしら。ここをチョキンと。」

 

実家にいる5時間のうち、おママは私を見る度に、同じ会話を全く同じ言い回しで

6回繰り返しました。

おママにとっては毎回新しい発見ですが、私はそうではありません。

流石に5回目以降になりますと、本当にやられそうな気がして、ゾワっと身震いをしてしまいました。(笑)

ハサミは得意技ですからね。

 

絶対にもう実家には着て行かないわ‼️

 

 

⬇️ 元の紙はこちらです。

f:id:harienikki:20170902002913j:plain

⬇️過去記事でも、おママのハサミ遣いは冴えていました。 

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

おママの貼り絵を見て下さり、有難うございます。