アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

ひょっこり

 

f:id:harienikki:20170911235120j:plain

(2017年6月1日 アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

 

  そろそろ又、シリーズ物を始めようかと思います。

今度は、5月にアップした「家族を忘れて」ほど長くはありませんし、深刻でもありません。(カテゴリー「記憶について」の中にあります)

おママの介護認定について、書いてみようと思ったのです。

 

  それで、2014年から2015年のファイルから抜粋して、貼り絵の写真を撮影していました。

そうしたら、2015年のファイルからひょっこり⬆️上の貼り絵が出てきたのです。

確かに今年小津和紙で買った千代紙が使われているから、裏面の日付は正しいのでしょう。

「なんで、今年の貼り絵が一昨年のファイルに入っているんだろう?」

 

そう言えば思い出したぞ〜。

丁度この6月初旬に、貼り絵を収納していたファイルが1冊終わりました。

私達はそれより1ヶ月くらい前から新しいファイルを用意していたのですが、

おママは新しい空のファイルに、なかなか最初の1枚を入れられませんでした。

「もう、入れ場所がなくなったみたい。もう、作らないわ。」

「ほら、お母さん。 ちゃんとお父さんが買っておいてくれたのよ。これからはこの赤いファイルに入れてね。」

「あらほんと!」

この会話を何日も繰り返したものです。

そんな頃に、おママはこの貼り絵を2015年の作品に紛れ込ませたのでしょう。

 

 アルツハイマーの人はやはり新しい事や物は苦手なんだなと、改めて実感しました。

 

因みに…この貼り絵ですが…。

作業机の上に貯めてある、切れ端を集めてきた作品だと思います。

いろんな要素が盛り込まれていて楽しい作品だと思います。

ひょっこり、出てきてくれてありがとね〜。(^_^)v

 

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

 

harienikki.hatenablog.com

 

harienikki.hatenablog.com

 おママの貼り絵を見て下さり、有難うございます。