アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

これも清き一票

 

f:id:harienikki:20171024011151j:plain

(2017年 9月21日  アルツハイマー認知症の診断から約10年7ヶ月)

 

  「雨だろうから、選挙にはいかないよ。」

先週、ジジはそんな事を言っていました。

仕方ないですね。高齢、足弱、シルバーカー。雨だと買い物にも出ないのですから。

「おママも投票は無理そうだしね…。」

大きく頷くジジでありました。

 

ところが、今日、私はおママのジャンバーのポケットからメモを見つけました。

確かにおママの筆跡で、政党名と候補者名が書かれています。

「あれっ⁉️  何これ?」

選挙に行かれたの〜〜⁉️ 雨が降っていたじゃないの…。

 

「朝の7時ごろ、この辺はほとんど降っていなかったから、行ってきたよ。」

早起きは三文の得と言わんばかりです。確かにそうなのですが…。(^O^)v

「お母さんはこのメモをお手本にしたの?」

「それでも、どうしたら良いいの?とか言っていたよ。」

そうでしょうね…。分からないですよね…。

もしかしたら、

小選挙区にも比例にも政党名と候補者名の両方を書き込んだのではないかしら?

それとも何も書けなかったか?

なにせ投票用紙に記入する時は、ジジも見てあげられませんから。

無効票になっているのではないか。私はそう思います。

 

それでも、ジジが1票を投じられたのは良かったです。

ただでさえ、高齢者が選挙に行くのはハードルが高いもの。

本人はちょっと自慢げに言っていました。

「国民の義務を果たせたよ。」

そう、これも清き一票。

そして、ジジ、国民の権利を行使できましたね。

おママの投票用紙が無効になっていませんように…。(^_^;)

 

貼り絵に使った包装紙です。⬇️

f:id:harienikki:20171018223706j:plain

 

f:id:harienikki:20171015004701j:plain

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

 

 

##3