アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

連れですよね?

 

f:id:harienikki:20171026233926j:plain

(2017年10月5日  アルツハイマー認知症の診断から約10年8ヶ月)

 

デイサービスで

  今週の水曜日にジジが笑顔で言いました。

「昨日、デイサービスで面白いことがあったよ。」

「へぇー?」

 

  それで、面白い話とは…。

 デイサービスの昼食後、ジジは男性の利用者さんに将棋に誘われました。

おママといえば、他の方と一緒に食器拭きのお手伝いを楽しそうにしていました。

ジジが慣れぬ将棋盤の前で唸っていると、お手伝いを終えたおママが近づいてきて来ました。そして言うのです。

「あなたは私の連れですよね?」

「……。そうですよ…。」

おママは安心したようにジジの隣に座って、勝負の行方を見学したそうです。

 

もはや、この手の話が「面白い話」になっている私達ですが、

こうなるまでには、それなりの時間がかかっています。

達観というより、諦観の果てに訪れる境地と申しますか…。

 

「『連れ』ってさ〜。夫婦という意味での連れ合いの『連れ』じゃなくて、ただのお連れさんの『連れ』じゃない?」

「そうそう。(笑笑)」

 

とりあえず、他の方を「連れ」と思わなくて良かったです。

それで、将棋の方はジジの完敗だったそうです。(^。^)b

 

harienikki.hatenablog.com

 

本日アップの貼り絵について。

10月の初旬、おママはあまり貼り絵をしたい紙が見つけられないようでした。

そんな気分が少しでも変わるようにと思って、私はクラフトパンチで型抜きをしました。

私がパンパン型抜きをしていると、

おママは吸い寄せられるように近づいてきました。

 

「あなた、大変ですね。その抜いた形はお家に全部お持ちになってね。」

「はい、ありがとうございます。」

 

口裏は合わせましたが、勿論、全部おママの元に置いて帰ります。ww

そうは言っても、おママは私の作業を見るのが楽しいようでした。

おママは前からそうですが、抜いた形より抜かれた跡の方が好きです。

私が型抜きする度にサッと手に取り、すかさず貼り絵をしました。

それで出来たのが⬆️の貼り絵です。

三角は小津和紙の包装紙から切り出しました。

 

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

f:id:harienikki:20170731003412j:plain

⬆️実家にあるクラフトパンチです。

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。