アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

記憶についてNo.24 落葉の記憶

f:id:harienikki:20171110000907j:plain

(2010年11月25日 アルツハイマー認知症の診断から約3年9ヶ月)

 

f:id:harienikki:20171110005614j:plain

(2010年11月24日 アルツハイマー認知症の診断から約3年9ヶ月

3枚の葉が重なったように見えますが、右端は落葉ではなくテキスタイルを印刷した紙のようです。)

 

f:id:harienikki:20171110010108j:plain

(2010年12月2日 アルツハイマー認知症の診断から約3年10ヶ月)

f:id:harienikki:20171110010254j:plain

 

落葉の季節になりました。

  この記事の内容は今年3月の事です。

文章も書いて用意していたのですが、半年以上寝かせてしまいました。(^。^)

はい。長期にわたり寝かせた理由は…。

秋になり落葉の舞う季節を待っていたのであります。

 

2017年3月、おママと私の会話

珍しい貼り絵を古いファイルの中に見つけました。

2010年11月の作品です。


「葉っぱだわー!」


私が驚嘆していると、おママはしたり顔で言いました。


「これね〜。むずかしいのよ。貼るのが。」
「そうなんですか〜?」
興味深いです。拝聴いたしましょう。
「葉っぱはね〜、綺麗に洗って押しをして、平らにするんだけど、あんまり乾燥させ過ぎてはダメなのよ。
少し湿りかげんで糊をしっかり付けて貼るのよ。
そうでないと、きちんと貼れないの。」

「ほう〜。」


まるで昨日やったかのような口振りですね。
きっと、しっかり糊付けした後は、また重い本で押しをしたのでしょうね。

 

「誰だったかしら?」

そして、おママは遠くの記憶を辿るように、宙を仰いで言いました。

「誰から聞いたんだったかしら?実際にやっていた人から聞いたのよ。誰だったかしらね〜?そんな有名な人ではなかったと思うわ。」

もう7年も前の事ですが、手掛かりになる物に触れると、鮮やかに記憶が蘇ったりするのですね。
誰か…、おそらく以前、押し花をなさるお友達がいたのでしょう。

 

この当時、作業机で生乾きの落葉を手に
(上手く貼れるかしら?)
と、ドキドキしながら糊付けしているおママの姿が眼に浮かびます。

 

手や指の記憶

  この時、おママと私はファイルの中に入れたまま落葉の貼り絵を眺めたり、

写真撮影の時に恐る恐る触ってみました。

制作から7年も経っていますが、葉は思いの外しっかりと葉書に張り付いていたので驚きました。

おママは貼り絵を手にして目を輝かせたのが印象的でした。

 

  今年、何度か思ったのですが、指先や手の記憶ってあるのではないかしら?

この表現では語弊がありますね。

手に触れる感触が脳を刺激して、作業途中である事や作業手順を思い出したりする。

そんな感じでかしら…。

この3月の話の後にも⬇️のような事がありました。

 

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。