アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

母にもどる

 

f:id:harienikki:20171121003804j:plain

(2017年10月27日  アルツハイマー認知症の診断から約10年8ヶ月)

 

寒波で、冷えたか?

今日は全国的に1月か?という寒い寒い1日でした。(溜息)

先週体調を崩した私ですが、週末にお腹が不調になりました。

歳でしょうか?

一度、調子を乱すと連鎖的に悪くなるとは情けない。(笑)

いえ、歳だなんて言っちゃぁ、いけませんね。

実家の本当にお年を召したお二人さんは、今日も元気です。(脱帽)

ともかく、お腹はイマイチなので…、

今日、私はお粥持参で実家へ行きました。

 

心配されて

そんな調子なので、買い物をして実家についた時には、エネルギーを使い果した感じでした。

なんとか昼御飯の支度と盛り付けをしたらグッタリ…。

自分のお粥を電子レンジで温めてから、ジジとおママに遅れて食卓についた時には疲労困憊でした。

お粥をスプーンで救おうとしたら、言い様のないダルさに襲われて、思わず大きな溜息をついてしまいました。

「ふはぁ〜〜。」

すると、隣のおママが目を丸くして私に声をかけました。

 「だいじょうぶ〜〜⁉️」

その労わるような眼差しは、懐かしい母親そのものでした。

「あ、すみません。大丈夫です。」

「そう?」

84歳のアルツハイマー認知症のおママに心配かけてしまいました。

申し訳ないですね。でも、とても嬉しかったです。

最近は母と娘という実感が私自身も薄れていたのかも知れません。

久しぶりにおママの中に母親を感じて、新鮮でした。

 

 

本日の貼り絵には⬇️の千代紙が使われています。小津和紙で買いました。

f:id:harienikki:20171121005855j:plain

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。