アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

結婚おめでとう

f:id:harienikki:20171211004749j:plain

(2017年11月22日  アルツハイマー認知症の診断から約10年9ヶ月)

 

慶事

オネコの長男が結婚しました。

私にとっては甥っ子です。

とても遠方での挙式だったので、ジジ、おママも私も出席はできませんでしたが、

オネコがLINEで写真を送ってくれました。

それを見ると、幸せそうな、和やかな雰囲気が伝わってきます。

良かった。良かった。

 

でも、きっとね。

おママにも写真を見せたのですが、あまりピンとこないようです。

普段、オネコや私を娘と認識できないくらいだから、紋付を着たオネコが分かるはずもないですし、誰の結婚式かという事も分からないと思います。

ちょっと寂しいですが、仕方ありません。

 

甥っ子はジジとおママにとって初孫でした。産まれた時はとても喜んでいました。

彼が小さい時、おママは目に入れても痛くないほど可愛がっていましたよ。

その成長をいつも頼もしく思っていました。なんだか懐かしいな〜。

 

もし、おママがアルツハイマー認知症になっていなければ…、

喜び勇んで結婚式に駆けつけていたかも知れません。

 

話してもすぐに忘れちゃうけど、

とても可愛くて素敵なお嫁さんを得た事を、おママはきっと喜んでいると思う。

 

本日の貼り絵

この貼り絵は11月制作の中で、殊に美しい作品です。

私の勝手な思い込みですが、

おママの貼り絵が、甥っ子夫婦を祝福しているように見えます。

2人の結婚を祝し、末長い幸せと活躍を祈りながら、

今日、この貼り絵をアップします。

 

⬇️糊付けする前。これで良いか、まだ考え中のようでした。

糊付けしている間に、少し変化したようですね。

f:id:harienikki:20171211013234j:plain

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。