アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

気掛かりでリピート…。

f:id:harienikki:20180120003847j:plain

(2017年12月2日  アルツハイマー認知症の診断から約10年10ヶ月)

 

お薬が無くなりそうです。

ジジの血圧の薬、おママのアリセプトとメマリーなど、いつものお薬が週末に切れてしまいます。

それで、今日(1月19日)2人は掛かりつけのお医者さんへ行きました。

「雨は降らないにしても、午後はどんより曇ってくるし、

寒くなると身にこたえるから、早めに行ったほうがいいね。

それで、午後3時半過ぎに実家を出ました。

まだジジの頭と気持ちがしっかりしているから、私はよっぽどの事がない限り、付き添いません。(付き添えよーと言うご意見ごもっともですが…(^。^))

「出るときにチャーコさんも一緒に出て帰っていいから。」

ジジに言われて私もそうすることにしました。

 

忘れ物はない?

忘れ魔の私の事です。

いつまでたっても親に心配を掛けさせているのは情けないことですが、

「忘れ物ない?携帯とか?」

実家を出る時に、私は必ずジジに言われます。

今日も同じ事を聞かれ、

「はーい。ありまーす!」

私は調子よく答えました。

 

戸締りを万全にやって、玄関の鍵を閉めて、さぁ、参りましょう!

 

実家の門を出て角を曲がった所で、私はハッ❗️と気がつきました。

Wi-Fiを忘れた❗️先に歩いていてよ。追いつくかお医者さんまで鍵を持って行くから。」

ポケットWi-Fiが無ければネット環境が大打撃です!

私はジジに鍵を借り1人家に入りました。(私も鍵を預かっているのですが、また、今日も持っていなかった。自分の家に置きっ放しです。)

幸いWi-Fiを置いた場所は分かっているので、直ぐに回収。

「きっとお医者さんの手前で追いつけるな。」

そう思いました。

 

リピート中なら忘れない

戸締りをもう一度確認して、玄関の鍵を閉めて、門扉を閉めると、

バタバタ戻ってくるジジとおママの姿が見えました。

「どうしたの?」

「チャーコさんが1人で戻ったから、おママがずっと気になって仕方ないんだよ。

戻ろうとうるさく言い続けるから、面倒くさくなって戻ってきたよ。」

 

どうやらおママは「戻る」と言い張って、50メートルほど先の電柱から一歩も動かなくなったそうな。

申し訳ない事です。

 

しかし…。下手をすれば5歩歩いたら忘かねないおママです。

あそこまで(50メートル先まで)、私の事を覚えていたのか…。それは素晴らしい。

一瞬、私はそう思いました。

でも、違いますね。

ずっと繰り返し「あの人が戻ったんだから戻りましょう」と言い続けたり、思い続ければ、その間の記憶は保てるのですものね。

繰り返している間は、おママにとって過去の事にはなりませんから。

 

気掛かりの根っこを考えてみる。

おママは何故そんなに心配になったのだろう。

 

私が一人で戻るのが気の毒と思ったからかしら?

その要素も絶対にあると思います。

 

でも、やはりおママの中では親子関係が希薄になっているからではないかしら?

信頼関係のある娘が自分の家に一人で入って行く事は、対して問題ないはずです。

 

でも、自分達が居ない間に、他人が家に入って行くとしたら、誰だってかなり心配ですよね。

 

おママなりの考えを持って、50メートル言い続けたのは、よほど気掛かりだったのでしょう。

アルツハイマー認知症と診断されて、もうすぐ11年ですが、

いまだにおママの言動の意味を模索しております。

 

*今日アップの貼り絵について

何回か登場しているボルガノスパゲッティの古い古い包装紙から、そのロゴを切り取っています。⬇️

それが全く関係のない3色の長方形と菱形に上手く組み合わされていると思います。

おママもかなりお気に入りの貼り絵です。

f:id:harienikki:20180120015127j:plain

 

ボルカノ 食品事業 展開事業紹介 日本製麻株式会社 THE NIHON SEIMA CO., LTD.

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。