アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

同じ構図 (^。^)

f:id:harienikki:20180620092004j:plain

(2018年3月30日  アルツハイマー認知症の診断から約111ヶ月)

 

慈しむ存在

   オネコには孫がいます。

3歳のモモちゃんと1歳になったばかりの弟ちゃん。可愛い盛りです。

オネコは時々、この孫ちゃん達に会いに行きます。楽しみですね〜。

 

  現代はスマホで写真や動画も撮影できるから、家に戻っても可愛い孫ちゃん達の姿が見られる便利です。

それを、実家でジジやおママや私に見せてくれるんですよ。ジジもおママ目を細めて喜んでいます。(おママは今ひとつどこのお子さんだか分かっていないようですが)スマホを操作するオネコも嬉しそう。

  小さい子らの成長はとてもエネルギーに満ちて良いものですね。

 

オネコは見た‼️

  以下はオネコの目撃談。

  ダイニングの定位置に座っていたジジに、おママが貼り絵を見せにやってきました。

ジジは笑顔で褒めたのです。

「良くできたね。」

そして、おママの頭を「よしよし」と撫でて上げました。

すると、おママは大喜びしてジジに抱きついたんですって❗️

 

オネコの目には、それは孫のモモちゃんがパパに抱き付く構図とそっくりに見えて、とても微笑ましかったそうです。

 

この話を聞き、私は思いました。

おママはこの時、ジジを自分のお父さんと思っていたのではないか…。

父親に褒めてもらって、娘として素直に喜びを表現したのではないかしら…。

モモちゃんがパパに褒めてもらって嬉しいように。だから、同じ構図になったのかも知れませんね。(^。^)  

 

実家に咲いた伊予獅子手まり(おまけ)

 

f:id:harienikki:20180621085129j:plain

 

  伊予獅子手まりは山アジサイの仲間です。

とても可愛らしく咲いたので思わずシャッターを切りました。

本当に小振りの鞠のようです。特に小さいお花はピンポン球くらいでした。

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。