アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

プチトマト (^。^)

f:id:harienikki:20180716224149j:plain

(2018年5月11日  アルツハイマー認知症の診断から約11年3ヶ月)

 

熱中症に御用心

「あづい‼️」

  口を開けばこんな言葉しか出てこない。頭が沸いてしまいそうです。(°_°)

(ムスメのアズキには『いつも沸いてる』と言われた…。クッソ〜。💢)

 

  このところ全国的に酷暑です。関東も例外ではありません。お子さん、高齢者、体力のない人には厳しい暑さです。ジジもおママも外に出られません。文字通り蒸発してしまいそうですから…。

こうなると、熱中症は他人事ではありません。(T_T)

朝からバテ気味の私ですが、テレビの声はしっかり耳に入りました。

熱中症対策にはキュウリやトマトなど夏野菜が良いでしょう❗️」

あ、実家にトマトを買って行こう。

 

お手軽?

  実は私…。トマトはあまり食べません。子供の頃からちょっと苦手なんです。

苦手意識が強いせいか、剥いたり切ったりも下手っぴです。買うとしたらお弁当のお供に最適なプチトマトくらいですわ。

 

  暑いせいか、苦手なはずなの私もトマトが食べたくなりました。

 

  得々として袋入りのプチトマトを買って行くと、おママは直ぐに興味を示しました。元々おママはトマト大好きです。赤く艶やかなプチトマトを見たら我慢できなくなったのでしょう。

「今、食べないの❗️」

「ご飯の時に食べるんだから。あー、洗ってからにしないと‼️」

私が台所に居ると、ジジのお小言が聞こえてきました。おママは摘み食いをしようとしているのね…。(^。^)

それで私はプチトマトを1つ洗い、ヘタを取っておママに上げました。

「あら、ありがとう。」

しかし、おママは小さいプチトマトの皮を硬く感じたのか、そこだけ飲み込まずに小皿に出してしまいました。それをジジが呆れていました。

「これは丸ごと皮も食べるものなのに…。」

「でも、硬いんだもの。」

プチトマトの皮だけ見事に選り分けて出してしまった小皿を見て、私は少し驚きました。プチトマトって、皮ごと食べるものだと思い込んでいましたから。

 

  でも考えてみれば、プチトマトは実こそ小さいけれど、皮の厚みは普通サイズのトマトとあまり変わらないのではないか…?

だから余計におママは気になって硬く感じたのかも…?

(高齢の人にはプチトマトは向かないのかなぁ…。まさか…、プチトマトの皮は剥けないしな〜。)※ 追記(ウッカリ飲み込んだりするといけないから、半分に切るとかは必要かも。)

 

しかし、やってみた。

  午後、ジジとおママの夕食を作りながら、私はまだプチトマトの皮が気になっていました。剥けない物なのだろうか…と。

それで私、柄にもなく思い立って湯むきをしてみました。プチトマトの皮に切り込みを入れて、沸騰した鍋に投げ入れ、直ぐに取り出してみると、思いのほか簡単に剥けたのです。

「やれば出来るんだ。」

しかも、キレイ❗️(^。^)v  果物みたいです。⬇️

f:id:harienikki:20180717023159j:plain

おママもこれを見て喜んでいました。

「すぐに食べたいわ〜。」

「オヤツじゃないのよ。夕ご飯だからね。」

何でしょう。この満足感と達成感。

不器用な私がプチトマトの皮を剥いたのです❣️

 

こりゃ、いかん❗️

しかし、悦に入っていたのも束の間。直ぐに反省しました。

私は余計な事をしたと思います。過保護でしたね。

だって、おママは口の中でプチトマトの皮だけ選り分けて出し、実の部分はしっかり食べられるのですから。何も私がそこまでする必要はなかったのです。

皮が気になるようなら、本人に任せれば良いのに。

完全に私の自己満足ですね。(-.-;)

 

暑すぎて身体が欲していたのか、私は我が家用にプチトマトを買って帰りました。

もちろん湯むきなんてしないで、そのままサラダに盛り付けましたわ。

 

本日アップの貼り絵

赤くて丸いプチトマトにちなんで選んでみました。(^。^)

赤いバラはこちら⬇️  前にも登場しているティッシュボックスでした。

 

f:id:harienikki:20180717023405j:plain

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。