アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

経口補水液?

f:id:harienikki:20180724223642j:plain

(2018年6月13日 アルツハイマー認知症の診断から約11年4ヶ月) 

 

  少し動くだけで汗が吹き出る…。(°▽°)

   エアコンの付いている部屋を一歩出ると、家にいても汗が吹き出ます。

洗濯物を干したり取り込んだりしただけで、立ちくらみがします。 

 

「暑い‼️今年の暑さは尋常じゃない。」

⬆︎他に言うことはないのか❗️と家族にツッコミを入れられてます。

 

今年は誰もが熱中症と隣り合わせの夏になりました。

 

たとえ喉が渇いたという認識がなくても、こまめに水分は撮りたいものです。

でも、水ばっかり飲んでいたら身体に良くないし…。

私にはスポーツドリンクは少々甘く感じます。OS–1はよほど具合が悪くないと飲めそうにないし…。(^。^)

テレビを見ていたら、家庭でも作れる経口補水液を紹介していました。

こちら⬇️

www.nhk.or.jp

水1リットル

砂糖40g(大さじ4と1/2)

塩3g(小さじ1/2)

を混ぜるだけです。脱水の時は有効だそうです。

 

でも、普段私がちょこっと飲むにはどうなんでしょう…。

少量の塩と砂糖が入るだけでも水分の吸収が良くなるように思います。実際にマグカップに塩1つまみ、砂糖2つまみを入れて、水を注いだだけででも、汗をかいた後などは気がはっきりしました。

お味は…、お世辞にも美味しいとは言えませんが…。

 

黒砂糖バージョン

  おママは普段からあまり水分を摂ってくれません。水やお湯、お茶を「飲みましょう」と差し出しても、なかなか全部は飲みません。

 

 どの道、ちょっとしか飲まないなら、少しでも吸収が良いものを飲んで欲しいです。

「塩と砂糖を少し加えて飲ましちゃおう。」  ウッシッシ(笑)

でも、血圧の事もあるので、塩分はさほど多くはできないなぁ〜。

 

  実家はジジの意向で、普段から砂糖の代わりに黒砂糖を使っています。

黒砂糖小さじ1

塩2つまみ

これをマグカップに入れて、少量の湯でよく溶かし、適量の水(カップやコップの大きさによる、好みの濃さになるように、本当に適当に…)で溶いてみました。

 

「お母さん、飲んでくださいな。黒砂糖のドリンクよ。」

「あら、ありがとう。」

素直に受け取って、割と順調に飲んでくれました。

先週から私が実家に行った時は必ず作っていますが、おママは迷いなく飲んでくれています。今年はこの手でいこうかな〜www。

 

   お味も黒砂糖の風味でまあまあです。氷を浮かべたりすると見た目も良さげになりました。(^。^)v

考えてみれば、黒砂糖はカリウム、鉄、カルシウム、亜鉛などが含まれているので、砂糖より良いかも⁉️

 

   午後のオヤツ時にでも、ジジとおママと一緒に飲みながら、私もこの夏をしのいでいこうと思います。

 

f:id:harienikki:20180724225720j:plain

 

本日アップの貼り絵

 ⬇️こちらの貼り絵と同様に千葉銀行のキャラクター「ひまりん」ちゃんをメインパーツにしております。本日アップの貼り絵と⬇️の貼り絵は、おそらく千葉銀の同じチラシかパンフレットから、同時に「ひまりん」を切り抜いたのだと思います。しかし、制作日は約1ヶ月ほど隔たりがあります。

  きっとおママは切り抜いて残しておいた「ひまりん」を作業机の上で再発見したのでしょう。(^。^)前作より神々しい「ひまりん」ちゃんになりました。

harienikki.hatenablog.com

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。m(_ _)m