アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

Photoshopに挑戦❗️

f:id:harienikki:20180729225201j:plain

(2018年5月21〜23日頃 アルツハイマー認知症の診断から約11年3ヶ月)

f:id:harienikki:20180730230153j:plain

(2018年5月21日 アルツハイマー認知症の診断から約11年3ヶ月)

 

 連作にしても多作

今日アップの貼り絵…。印象的なブルー系の紙を惜しげもなく使っています。

紋章でしょうか? 割と主張の強い紙だと思います。これも和洋折衷です。

 

実は、5月の18日(金)から20日(日)を中心に23日頃にかけて、このブルーの模様を主軸にした貼り絵を、おママは7枚も連作しました。(上2枚を含めて)

よほど気に入ったのですね。

私は基本的に土日は実家へ行きません。それで21日(月)の昼に実家でおママのファイルを開いて驚きました。そのページはブルーの貼り絵で埋め尽くされていたのです。

「この紙は何⁉️」

おママの作業机にはその断片がいくつか残っていました。それらは貼り絵に生まれ変わる時を待っているようでした。

私は印刷された模様を見て、モヤモヤとした引っ掛かりを感じていました。

どこかで見たことがあるのです。特に正方形で囲まれた「Ps」のマーク。つい最近もどこかで見たはずなのに思い出せません。気になる〜〜‼️

 

元をただせばジジ

それで、私は階下のパソコン部屋にいるジジの所へ向かいました。

「ねぇ、お母さんが貼り絵に使ってる青い模様の紙ってさ〜、どうしたか知ってる?」

するとジジはアッサリと、

「あー、あれねー。この本の外側のカバーだよ」

と、指さしました。

「模様が気に入って、どうしても欲しいと言うから上げたんだよ。外側のカバーが無くても本は問題ないしね。」

⬇️ の本のカバーでした。 

f:id:harienikki:20180729224550j:plain

 「あーーーー!Photoshopだったか❗️」

Adobe社の写真編集アプリケーションです。

 

ジジの長年の趣味は写真。撮影した写真の色合いなどを調整するために、同社のLightroomを使っていますが、これをインストール(月額有料)するとPhotoshopもパックでインストール出来るのです。

 

実は私のパソコンにもインストールされています。それで、正方形に「Ps」のマークをよくクリックしていたんですね…。なのに、思い出せないとは、私も大ボケです。

 

「えー、どうしたの。Lightroomじゃなくて、Photoshopを使うの?」

「うん、今まで自分で撮った写真を加工してより良く出来たらと思うんだけど、難しくて何だか分からなんだ。教えてよ。」

 

そうジジに言われても、私がPhotoshopでやることと言えば、画像顔像度を変更してデータを小さくしたり、保存形式を変えたり、少し目障りな箇所をスタンプツールで消すくらいです。この奥の深いアプリケーションを使いこなしているとは、口が裂けても言えません。

「頑張って…、ね❗️」

私は無責任に笑ってごまかしました。

 

最近は外歩きもシルバーカー(手押し車)が必要で、大きいカメラを持ち歩くのは大変になってしまったジジ。気楽に外に撮影に行くのは難しくなりました。

だからこそ、少し楽しみ方を転換させようとPhotoshopに挑戦ししようと思ったらしい。それで過去に購入したガイド本を引っ張り出して読み始めたのです。

 

結果的にジジの試みが、おママの連作を誕生させたのでした。

 

その後…、ガイド本を見ながらのお勉強は…?

捗っているのかな? 難航しているのかな…?

頑張ってください…。

 

⬇️こちらも同じガイドブックから取りました。

f:id:harienikki:20180729224739j:plain

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。