アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

敬老の日

f:id:harienikki:20180917222520j:plain

(2018年8月12〜14日頃  アルツハイマー認知症の診断から約11年6ヶ月)

 

お電話ありがとうございます。

  昼前に実家に着くと、ジジが電話で何方かと話をしていました。傍でおママがニコニコしています。

「あ!  今、娘が帰ってきたので変わりますね。」

半ば強引に差し出された受話器から聞こえたのは、おママの小学校時代からの幼馴染Oさんでした。

折に触れておママを気遣ってお電話を下さり、本当にありがとうございます。

 

暫し近況やご家族の事など伺った後に、Oさんは仰いました。

「本当にね、そちらはパパ(ジジの事)がお元気でしっかりしているから、オトモ(おママの少女時代の愛称)も守られていて良かったと思うわ。」

本当にそうです。足腰弱くなったとはいえ、ジジのおかげで成り立つおママの生活です。娘達もどんなに助けられているか…。

Oさんのお話では、丁度私が来る直前にこんなやりとりがあったそうです。

 

「いつもお世話になっているのだから、今日は敬老の日だし、『パパありがとう』と言ってね。

後でじゃ忘れるから、今ここで言ってね。

「そうね❗️」

おママはそう言いながら、ハイ❗️とジジに受話器を渡しちゃったのだそうです。

 

「『パパありがとう』って言って。」を、

「パパに代わって。」と思い違いをしたのか…⁉️

 

それとも、受話器を耳から離した瞬間にOさんの言葉を忘れ果てたのか…⁉️

 

私は後者だと思います。(^O^)a

結局、おママはジジに「ありがとう」は言えませんでした。

 

不届きな娘‼️

  今日は何の祭日か?

私はあまり気にも留めずに、平日と同じ感覚で実家に行きました。

そんな按配ですから、Oさんからのお電話で始めて

敬老の日だったか⁉️)

と気付いたのです。

 

昼食を終えてのんびりしている時に、私はふとジジに言いました。

「どうやって敬老したらいいか分からないわ〜。」

「別にしなくていいよ〜。」

ジジは食後の眠そうな顔で笑いました。

 

いやいや…。内心では、ちゃんと敬っているってば…。(^。^)v

 

今日はそんなこんなの敬老の日で御座いました。

 

今日アップの貼り絵について。

8月のお盆の頃の作品です。

私が実家へ行っていない時に制作され、裏面に日付も記入されていません。

でも、私が実家を休んでいる間となると、12〜14日頃だと思われます。

 

この作品…、いろんな紙を少しづつ使っていて、ダイナミックな動きを感じます。

私には激しく踊るダンサーに見えるのですが…⁉️

 

おママの狩り絵を見て下さり、ありがとうございます。