アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

玉手箱

 

f:id:harienikki:20181019232610j:plain

(2018年9月1日 アルツハイマー認知症の診断から約11年7ヶ月)

 

またかのネタですみません。

   当ブログはアルツハイマー歴11年のおママが作った貼り絵と、私達家族のエピソードを中心に更新しております。

そんなこんなですから…、おママが見当識障害のために自分の年齢が曖昧になっている件は、このブログでは頻出のあるあるネタです。

でも、毎回ちょっとずつおママの表現が違っているので、何度も書きたくなってしまいます。

m(_ _)m

  しおれるおママ

 昨日(10月19日)、

お出掛け前にトイレに行ったジジを、おママと私は玄関の内で待っておりました。

いつもなら、お出掛け前のおママは、

「どこへいくの?」「お父さんはどうしたの?」

をひっきりなしに繰り返しているのに、この時は不思議と静かにジジを待っていました。その沈黙が気になります。それで私はおママに話しかけてみました。

「寒くない?」

するとおママは少し俯き加減で呟きました。

 

「私は歳をとったみたいなの。」

 

ふむふむ。そりゃ、そうですよ…。

 

「なんか。すごく歳をとったみたいなのよ。」

 

その呟きには、おママなりの深刻な思いが秘められているようでした。

 

「どうして、そう思ったの?」

 

「ウチに、ほら、すごいお爺さんがいるでしょう。それを見て、やっぱり私はおばあさんになったんだと思ったのよ。」

 

おママはそう言って肩を落としました。すっかり萎れて頭を垂れているではありませんか…。

「そうですか…。」

(この時点で、一緒に暮らしているジジを配偶者だと認識しているのかしら…。)

それも微妙です。大体、そんな風に言ったらジジが気の毒ですわ。

 

「お母さんは歳をとったのよ。」

「そうなのね…。」

すっかり肩を落として落胆しているから、なんとか慰めなきゃ。

「よく頑張って生きてきましたよ。偉いと思います。」

「そうよね…。でも、私は一体、幾つになったの?」

「84歳です。」

「えーーっ。じゃあ、あのお爺さんは幾つなの?」

「90です。」

おママは眉間に皺を寄せてうなりました。

「そんな歳なの?  えーっ。なんだか、もう、よく分からないわよ…。」

「だって、お母さんは84歳で、お父さんは90歳なのよ。」

おママは諦観を滲ませて微笑みました。そして一言。

「もう、どうでもいいわ。」

 

浦島太郎のように感じたか⁉️

  認知症で記憶障害も見当識障害も進んできたおママには、時間や月日の流れを認識するのは難しい事です。

だから、高齢なジジの姿を見た時、おママは玉手箱を開けた浦島太郎みたいに、

(突然、歳を取ってしまったじゃないの〜)

そんな印象を持ったのかもしれません。

 

  例えば、

52歳の私が、一瞬で時間が飛んで84歳になってしまったら⁉️

それはかなりキツイ事だと思います。

でも、考えてみれば、ジジの姿を見ることによって、おママが:浦島太郎の玉手箱を開けてしまったとすると…。

ジジが少々気の毒であります。(^O^)

 

本日アップの貼り絵

確かオネコがおママに上げた展覧会のチラシ⬇︎を使っています。

平紐を大胆に貼り付けていますね。(^。^)v 

www.suntory.co.jp

f:id:harienikki:20181020023257j:plain

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。