アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

食いしん坊

f:id:harienikki:20190613230244j:plain

(2019年5月5日  アルツハイマー認知症の診断から約12年3ヶ月)

 

つまみ食い?

毎週ジジとおママのデイサービスは火曜日と木曜日。

その為、私は火木には実家へ行かず、お休みにしています。(月水金が私の当番)

 

それなら、デイサービスの日のジジとおママの夕ご飯はどうするのかというと、

オネコが自分の家から料理を持ってきてくれます。

耐熱容器に入れて、食べる直前に電子レンジで温めるだけの状態ですかた、ジジも助かっています。

 

 先日、オネコはソーセージとベーコンと野菜のトマト煮を作って持ってきてくれたそうです。

オネコはそれが入った耐熱容器をダイニングテーブルの上に置き、ベランダの鉢に水を遣っていました。それを終えてダイニングに戻ってみますと、おママは蓋を開けてつまみ食いをしていたとさ…。

「あら、食べたの?それは夕ご飯なのに。」

オネコが笑いながら言うと、おママったら❗️

口をもぐもぐさせながら

「食べてないわよ〜」言ったそうです。

 

「まだ口に入っているというのに、食べた事を忘れちゃったのかしらね。

なんだか可愛かったわ。」

 オネコは微笑ましいおママの様子を伝えてくれました。

 

チャーコはイマイチ笑えない。

しかし、私はこの話を聞いて、ちょっと考え込んでしまいました。

 

現在のおママは、1つの動作を終えると、自分が何をしていたのか直ぐに忘れます。

言い換えれば、その動作をしている間は自分が何をしているかという認識も記憶もがあるという事でしょう。

 

でも、この話を聞くと、それが揺らいでしまいます。 

口に食べ物が入っていて咀嚼中という事は、普通は「食べている」動作の範囲内だと思います。それなのに、おママは食べた事を忘れているのか…。

 

(また、一段とおママの症状が進んでしまったのか。)

暗澹たる気分になりました。

 

 どれかしら?

それで、この時のおママの状態をいくつか考えてみました。

 

①おママは食べ物が口に入っていて咀嚼中なのに食べている認識がない。スプーンを手から離したら、口に入れた事も完全に忘れてしまった。

➡︎これは、違っていて欲しいパターン。

 

②おママは食べ物が口に入っていて咀嚼中なのに、食べている事を認識できないが、オネコに声を掛けられて、(なんか失敗したかもしれない)と思った。それで、取り繕って「食べてないわよ」と言ってみた。

➡︎おママは取り繕うのは現在もお得意です。

 

③食べているという認識も記憶もあり、自分でも行儀が悪いと思う「つまみ食い」を見咎められてバツが悪かった。それで、おママは「食べていないわよ」と言い逃れをはかった。

 ➡︎これであって欲しいが…。

 

あれこれ私が考えても、その場に居合わせたわけではありません。おママのリアクションや口調で伝わるニュアンスが分かりません。

 

それで、オネコに確認してみました。

「本当には分からないけど、印象としては かしらね…。私もおママも軽く笑いながら言っていたのよ〜。」

 

そうなのね。(^O^)それならホッとしました。

私の取り越し苦労だったようです。

 

本日アップの貼り絵

ワッフル風クッキー(輸入菓子)の箱から切り取ったようです。

紺地に白い雪が舞っているような三角形の元の紙は不明です。m(_ _)m

食いしん坊のおママらしい貼り絵かも知れません。

 

 ⬇︎こちらも同じクッキーが登場しています。

harienikki.hatenablog.com

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。