アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

いつの時代やら⁉️

 

f:id:harienikki:20171107011322j:plain

(2017年10月9日  アルツハイマー認知症の診断から約10年8ヶ月)

 

おつかい

  今日(11月6日)実家へ行く時、私は最寄駅周辺のスーパーで買い物をしました。

「昨夜のおでんが残っているんだけど、具が足りないからシュウマイでも買ってきてよ。」

ジジに頼まれたのです。

ジジ料理ですから、袋入りおでんをお鍋に開けて温めるだけです。寒くなると、そのお手軽おでんも美味しいですね。

ジジは翌日残りおでんにシュウマイを入れるのが好きなんですよ〜。

それで、私はシュウマイを買って実家へ行きました。税込193円也。

 

相変わらずのお帳面

  お帳面とは…。

このブログで何度も話題にしている、おママの「家計簿もどき」です。

前日の残高から本日の支出を引いて、本日の残高を出すだけのもの。

このお帳面、残高とお財布の中身がいつも若干違ったりしますから、やって意味があるのかといえば、家計管理の面では無駄でしょう。

しかし、長年きちんとした家計簿を算盤を駆使して付けていたおママです。

今でもパチパチやろうとすれば使えるので、おママの能力を保つためには有益だと思います。

 

  私は例によって、おママにお帳面をつけてもらってから、シュウマイの立替を払ってもらわなければなりません。

 

冴えてるぞ⁉️

買い物が1つだけだったからか、今日のおママはとてもスムーズに出来ました。

  お帳面に「シュウマイ   193円」と記入してから、おママは財布から小銭を出しました。

 

「あなた、203円上げるから……。」

 

今日は冴えてますね❗️

おママは私からお釣りとして10円もらいたいのでしょう。

今回のように小銭が不足した場合のやりとりは、最近のおママには難しくなっていたのです。

今日のおママは本当に素晴らしい。

 

  私は自分の財布から10円玉を出そうとしたら…、おママったら…。

 

「あら、いいわよ。10銭要らないわ。」

「……、10銭?」

「そうよ、10銭はいいわ。」

「10円でしょ。」

するとおママは小首を傾げました。

「えっ?10円?」

 

203円は大丈夫だったのに、急に10円は10銭になってしまいました。

今日この時のおママの中では、まだ銭単位が日常生活でも通用していたようですね。

まったく、いつの時代やら⁉️  (^O^)

 

調べてみると

  私は気になって、銭単位の通貨がいつまで流通していたか調べてみました。

それは昭和28年(1953年)です。

当時はインフレが進み、日常の買い物では銭硬貨は使われなくなって、使用価値を失ったのも廃止の一因だったそうです。(現在でも利息や外国為替の計算には銭単位も使われています。)

 

  おママは昭和8年生まれですから、20歳ごろまでは銭硬貨を手にしていました。

新しければ新しい事ほど全く記憶のないおママです。

物心ついて20歳くらいまで使っていたのですから、おママの認識では小銭は円より銭なのかも知れません。(^。^)b

 

(11月7日追記)思い出したのですが、おママは20代後半で結婚するまで、銀行員でした。配属されたのは外国為替の取引を扱う「外為(ガイタメ)課でした。この課は銭硬貨が廃止されても「銭」「厘」単位を扱っています。一般より長く、おママは「銭」に馴染んでいた可能性もありそうです。

 

  でも夕方の買い物から帰った時のお帳面付けの時、おママは円以下の単位を言う事はありませんでした。

昼はたまたまの事だったようです。ホッとしました。

ちなみに、1円は100銭ですって。 

1円未満のお金が使えなくなったのはいつからですか? : 日本銀行 Bank of Japan

 

⬇️この韓紙を使いました。

f:id:harienikki:20171104011134j:plain

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。