アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

神棚の上に

f:id:harienikki:20171228004718j:plain

(2017年12月1日 アルツハイマー認知症の診断から約10年10ヶ月)

 

 高い所の掃除(照明器具の傘)

   昨日(26日)は頭痛を訴えていたおママですが、今日(27日)は比較的元気で気分も良いようでした。

このまま順調にお正月を迎えられますように。

 

  遂に重い腰を上げ、実家では大掃除を始めました。

特に高い所はジジが脚立に乗ると危ないので私が担当します。

 

でも、私が掃除機を持ち出していると、おママは気になって仕方がありません。

照明器具の傘の埃を取っている時などは、

「あなたにこんな事をしていただいたら悪いわ…」

と言いながら、わざわざ埃を被るような位置にやって来ては、心配そうに私を見上げます。

「お母さん、埃を吸っちゃうわ。お願いだから。少し離れてよ。他の部屋に行って下さいよ。」

「はいはい」

一旦は離れてくれるのですが、またぞろすぐに同じことの繰り返しとなりました。

結果として、かなりおママに埃を吸わせてしまい、咳に取りつかれなければ良いなと思います。

 

高い所の掃除(神棚)

  以前から気になっていた神棚。

仕事をしていた頃は年末もバタバタして出来ませんでしたが、今年はやってみますか…。

「神棚の埃はすごいよ。」

なんてジジが言うので二の足を踏んだのですが、この際なので脚立に上がり掃除機をかけてみました。

 

案の定、ひどい埃です。お札とお榊は年始に新しくお祭りするのですが、掃除は何年やっていなかったのだろうと思うくらいでした。

見ると神棚の上に怪しげな30センチ✖️20センチくらいの木の箱がありました。その上にも埃が絨毯のように敷き詰められています。

(一体これはいつから有ったのかしら?)

「中を見たことある?」

ジジに聞いたら「ない」でした。

もしかして系図でも入っているか?それとも大昔の古文書?

期待に胸を膨らませて、私は蓋を開けてみました。

 

すると、それは古いお札、お札、お守り、お札、お守り、お札…。

殆どが祖母の安産祈願のものです。

と言うことは、ジジやジジの兄弟が産まれる時のですね。

 

そして、その中に埋もれるようにして二つ折りの半紙がありました。

白くて、黄ばんだ感じは全くありません。

それを開けば…、

『命名   太郎』

ついこのあいだ書かれたと思うくらい鮮やかな墨跡でした。

「お父さん!これお父さんが生まれた時のよ❗️」

ジジは取り立てて感動するでもなく、「そんなの有ったんだ」と笑っておりました。

 

考えてみれば、約90年前に書かれたのですよ。歴史を感じます。

『命名 太郎』の紙と掃除をするジジを交互に見て、

私は90年の歳月を一気に飛び越えたような感じがしました。

祖父が亡くなってから40年余。祖母は30くらい経ちます。

彼らが急に帰ってきた様な懐かしさを感じました。

 

祖父母が大事に取って置いたのですもの。

掃除を終えてから、私は又もとの様に箱に納めて神棚にあげました。

 

本日アップの貼り絵

こちらの姉妹作品です。⬇️  

harienikki.hatenablog.com

真ん中の月は『銀座百点』の表紙から取りました。(2017年9月号)

銀座百点◆銀座百店会 ~表紙ギャラリー

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。