アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

暗くなる前に…。

f:id:harienikki:20181124230543j:plain

(2018年9月 21日 アルツハイマー認知症の診断から約11年8ヶ月)

 

早く帰りたい❗️

「最近、デイサービスでねぇ…。

帰りのバスの順番を待っている時は、大変なんだよ。」

ジジが溜息をつきました。

 

デイサービスはマイクロバスで送迎をしてくれます。どこの施設でも同じだと思いますが、スタッフさん達がきちんとルートを決め、効率よく同じ方向の何軒か廻るのでしょう。その為、幾便かに分けて送迎して下さっています。

ありがとうございます。(^O^)

 

ジジとおママの場合、火曜日は早い便なのですが、木曜日は遅めの便なので4時半くらいまでデイサービスでお世話になっているようです。私からすると、それはそれで良いですよね。だって、ゆっくりできるんですもの。

 

以前、ジジとおママは火曜日だけデイサービスに通っていました。でも、今年の夏から週2日となり、木曜日を追加しました。

 

ジジによると…。

このところ3時過ぎごろから「早く帰りたい」と、ジジに訴えて大変なのだとか…。

今までも、お昼ご飯と、その後のお片付けを手伝うと「そろそろ帰りましょう」なんて言い出す事もありましたが、さほど問題はありませんでした。

 

しかし、今週の木曜日は

「もう帰りましょうよ。」

「バスで送ってくれるから。まだここに居るよ。」

「でも、どんどん暗くなるわよ。早く帰らないと…。」

「順番にバスで家まで送ってくれるから、勝手に帰ったらダメなんだよ。」

「そんなの待っていられないわよ。すぐに帰りましょうよ。真っ暗になってしまうわよ。」

ジジはおママをなだめるのに難儀したそうです。(°_°)

 

バスを待たずに帰るなんて言語道断。歩いたら30分以上かかります。

それこそ真っ暗になるし、危ないわ‼️ (°_°)

 

つまり、ジジが大変になったのは、陽が短くなったせいなのです。

 

*帰趨本能

 この問題をどう解決するか。とても難しいでしょう。

皆さん順番ですから、おママだけが我儘を言うわけにはいきません。

 

「帰る直前まで、おママが何か集中できる物があれば良いんだけどね…。」

これから毎週同じ事の繰り返しになったら、ジジも神経衰弱になりそうです。

「でもさ…、陽が暮れれば。何かやってたって、ソワソワして落ち着かなくなるわよ。」

少し様子を見たがいいと思いますが、午後の遅めの時間になっても、おママがしっかり取り組めそうな作業を、スタッフさんから本人に勧めてもらうのよう相談した方が良いかも知れません。

 

でも、この話をジジから聞いて、私はふと思いました。

 

 時々自分の家という実感はなさそうですが、それでもおママにとって、我が家は一番安心できる場所なのですね。(^O^)

 

それにしても…、

陽が短くなると、おママは帰趨本能に駆り立てられてしまうとは…。

慎重派の怖がりな性格だから、1人で飛び出していくとは思わないけど、

今が一番陽が短い季節だから、しばらくしたら又少しづつ日は長くなるのだから、

なんとかやり過ごせればいいのですが…。(^。^)a

 

 本日アップの貼り絵

友人から頂いた包装紙を使っています。

濃く深い臙脂色はおママの好みの色でもあります。

クルミッ子」というお菓子包装紙だそうです。

中央のパーツには小さいリスのイラストをひとつだけ見えているのも面白いです。

真ん中のブルーのパーツはこの作品のために切ったというより、作業机の上に沢山ある細かい切り落としや残りの紙の中から見つけたのだと思います。(^O^)

 

f:id:harienikki:20181124232624j:plain

(2018年9月に21日撮影)

 

⬇︎こちらの包装紙です。

f:id:harienikki:20181124232831j:plain

 

⬇︎クルミっ子の公式サイトです。どんなお菓子か分かるのですが、最近パッケージがリニューアルされたそうです。おママが使用したのは旧バージョンだったのですね。(^O^)

クルミッ子 | 【公式】 鎌倉紅谷オンラインショップ

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。