アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

介護靴「あゆみシューズ」を履いてみました。

f:id:harienikki:20190408221435j:plain

(2018年11月17日 アルツハイマー認知症の診断から約11年9ヶ月)

 

しもやけ

4月に入って、だいぶ暖かい日が多くなりました。

ジジの深刻な「お悩み」も、ようやく峠を越えて終わりが見えてきて、ホッとしております。

11月末の寒さが厳しくなってくる頃から、5月ごろまで本当に長く辛かったと思います。(ToT)

 

その深刻な「お悩み」とはしもやけです。

 

ここ数年、昨年の晩秋から冬にかけて、しもやけでジジの足の指は痛痒く、赤く腫れて変色していました。

勿論、皮膚科にはかかり、塗り薬と血行を良くするためのビタミンE錠剤を処方されました。しかし、すぐ治るわけではなく、暖かい季節にならないと完治しません。

 

ジジはこのしもやけの腫れのせいで、痛痒い他に困った事になっていました。

普段履いているワーキングシューズでは足先が圧迫されて余計に痛んでいたのです。

 

これをジジから相談されたオネコは

「足先にゆとりが有って、しかもブカブカしなくて、なるべく暖かい毛糸の厚い靴下を履いても、足が入れば良いわね」

とネットであれこれ調べてくれました。

すると、高齢者向けの介護靴は直ぐに見つかり、公式HPから通販で買える事が分かったとか。(๑˃̵ᴗ˂̵)v

(しかし、試し履きをしないで買うのはちょっとね…。)

それに、取り扱っている靴屋を探して、買いに行って試し履きするのも、現状のジジではちょっと大変です。

それでケアマネさんに相談してみました。

 

購入の流れ

過去にも手摺などでお世話になっている介護用品の会社の営業担当さんが、カタログと見本の靴を何足か持って、足の採寸にきてくれました。

その時に商品と色を選び、採寸を元に試し履きをしてみる2サイズを決めました。

「メーカーさんから2足預かりますので、それはこちらの御自宅で試し履きをなさっても大丈夫です。」

「そのうちの1足を選べば良いのですね。」

 

後日、営業担当さんが 実家にその2足持ってきてくれて、ジジは室内で試し履きをしました。

そして選んだのが、分厚い毛糸の靴下を履いた上で丁度良い、大きめのサイズでした。

 

因みにそれは、徳武産業(株)のあゆみシューズ

ケアフルⅢ 7E. 3L(25.0〜25.5) です。

 

www.tokutake.co.jp

www.tokutake.co.jp

 履き心地など

試し履きの時は「ちょっと重く感じる」と言っていたジジですが、丸3ヶ月以上履いてみて、それはほとんど気にならなかったようです。安定感が良いようです。

私も試しにジジに借りて近所へ買い物に出掛けました。

私の靴のサイズは24センチです。分厚い毛糸の靴下を履いても、この3Lというサイズはかなり大きいと思います。

ところが足に合わせて3段階にマジックテープで止めていくので、ゆるゆる感は全くなく、かなりフィットした安定感がありました。

「歩きやすさ、履きやすさ、転倒しにくさ」

というのも納得でした。

 

 ⬇︎実物写真です。ジジがマジックテープでベルトを止めています。

f:id:harienikki:20190408231354j:plain

⬇︎履き方や構造など。実物は黒なのですが、便宜的にグレーに塗っています。
 

f:id:harienikki:20190408232400j:plain


公式HPのオンラインショップを見ていただくと、価格も載っています。

安価な靴とは言えませんが、一冬ジジに使ってもらったし、購入して良かったと思います。

しもやけが治って、毛糸の靴下も履かなくなったら、また普通の靴に戻しましょう。

「あゆみシューズ」はまた来シーズンに活躍してもらいましょうね。v(^O^)v

 

*本日アップの貼り絵

昨年11月の作品です。この頃からジジの足のしもやけが始まったのだと思いながら選びました。

中央の鶴のマークは何かの包装紙から撮ったのだと思います。あれこれ調べたのですが、何処の包装紙か全く分かりませんでした。どなたかご存知の方がいらしたら、お教えくださいませ。m(_ _)m


 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。