アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

猛暑

f:id:harienikki:20190805221116j:plain

(2019年6月10日 アルツハイマー認知症の診断から約12年4ヶ月)

 

溶けそう…。(°_°)

 

暑い❗️あつい❗️アツイ❗️

あついよ〜‼️

まず、そう叫ばないと、ブログを始められない心境です。m(_ _)m

実家での私の体感はこんな感じです。⬇︎

f:id:harienikki:20190808010711j:plain

勿論、エアコンはつけています。

でも、おママさんがさぁ…、何度私たちが 窓を閉めても、性懲りも無く開けてしまうのです。

理由は暑いから。暑いから窓を開けて外の風を通すと言う主張ですが、

窓から吹き込むのは噎せ返るような熱風ですよ。

あまりの暑さに、私チャーコはダラ〜と溶けてしまいそうな感覚に襲われています。

 

暑いと言えないもどかしさ

こんなに暑いのに、おママは「暑い」と言う言葉が出なくなります。

いつぞやは…、オネコに何度も、

「あすいわね

と何度も言っていたそうです。

また、オネコが帰る時は、

「お気をけて!」

と言っているので、これは単純に「つ」が「す」になってしまう現象だと思います。

 

ところが、今週の月曜日にこんな事がありました。

おママは汗もかいているし、見るからに暑そうな風情なのに、

「寒くて…」

と言うのです。これにはジジも私もビックリです。

「えーっ!熱でもあるんじゃないか?」

ジジが困惑気味に訊ねたら、おママも自分が何かを間違えたのだと、自覚したようです。

「私を冷たくして〜❗️」

ですって。(笑)

「暑い」と言う単語が出てこない時は、おママなりに機転をきかせているのでしょう。

それにしても、猛暑に「暑い」と言う言葉が出てこなくなると、

おママはもどかしくて余計に暑くなったのではないかしら?(^O^)

そう考えると、お気の毒に思えてきますわ。

 

「暑いんでしょう?」

「そうね…、もうよく分からなくなっちゃったのよ。」

私はすぐにおママをエアコンの下におママを座らせました。

そして少しの間、身体を「冷たくして」もらいました。

こんな時は水分補給も大事ですね。

 

勿論、おママは「暑い」という言葉が出てくる時もあります。

でも、出てこない時は、せめて暑さも感じなけれな良いのにね〜。(^O^)

 

 本日アップの貼り絵

風車でしょうか?

もしかしたら、水車かもしれません。(^O^)

気分的に涼しげだったので、選んでみました。

 

f:id:harienikki:20190617223618j:plain

 ⬆︎ハワイ土産のマカデミアマッツチョコレートを包んでいた包装紙です。

 

おママの貼り絵を見て下さりありがとうございます。