アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母(おママ)が作った貼り絵と暮らしを紹介しております。

おママは88歳です。アルツハイマー型認知症の診断から15年になります。 主な症状は記憶障害。見当識障害も進んでおります。 現在要介護3です。 今では家族の名前はおろか、娘である私や姉の存在も理解しておりません。 母にとって私は近所の親切なオバサン、もしくはお手伝いさんです。 言語を喪失しかけていますので、私たち家族との意思疎通も難しくなってきました。 現在94歳の父と自宅で2人暮らしをしております。 娘は通いで様子を見に行っています。 因みに、リハパンツは履いていますが、まだ排泄は自立しております。 食事も自分で箸を持って食べております。 アルツハイマー型認知症の診断の数年前から、おママは白い葉書を台紙にして、この貼り絵を始めました。 平面構成のような、コラージュのような貼り絵は、千代紙や包装紙、雑誌やチラシなどの切り抜きなど、様々な紙を使っています。その全てが抽象的で具象はほとんどありません。 おママは限られた能力の中で、無心に色と形の組み合わせを楽しんでおります。
プロフィール
id:harienikki
ブログ投稿数
1173 記事
ブログ投稿日数
1122 日
読者