アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母(おママ)が作った貼り絵と暮らしを紹介しております。

「新型コロナウイルス パーソナルサポート@東京」に登録してみた&アマビエ様まつり

f:id:harienikki:20200408153512j:plain

(2020年1月24日 アルツハイマー認知症の診断から約12年11ヶ月)

 

その日は…。

4月7日(火曜日)の夕方、緊急事態宣言が行われました。

今までの普通がこんな疫病にかき乱されるなんて思いもよらなかったです。そして、54年間生きてきて、国が法律に基づく緊急事態宣言を行うのは初めての事です。 

 

それに先立つ事、7日の昼前。

まだ、緊急事態宣言が行われる前なのに、やはり、消費者の購買行動はちょっとおかしくなっていました。

近所に大好きなパン屋さんがあって、小さな良いお店なんです。10:00開店で、正午前に行ってみたら、全て完売。いつもパンが並んでいるガラスケースの中はスッカラカンでした。

「すみません。今日はなんだか、バタバタとお客様がたくさん買って下さって…。」

「あらら…。みんな、そんな慌てて買い占めなくても…。

食品店は緊急事態宣言後も休業しなくていいんですよね…。」

「この周辺の店舗の状況をみて、休業するか続けるか、決めようと思います…。」

そうか…。足並みも揃えないとならないのね…。店主も私も肩を落としました。

 

気がかりだったデイサービスですが、ジジとおママが揃って通っている施設は、当面今まで通りだそうです。

オネコによると、「状況が変わったらご連絡します」でした。

状況は変わると思った方がいいのかも知れません。スタッフさん達で勤務できない方もいるでしょうから。しばらく続けて下さるだけでも、とても有難い事です。

4月10日に東京都は「施設の使用制限」に関しての具体的な内容を発表するので、それも気になります。

私は今まで週3回実家に行っていましたが、とりあえず週2回にします。

「人との接触を8割減らしましょう」

そう安倍首相や都知事の会見やテレビが言っています。でも、わたしの場合8割減には程遠いですね。

 

情報を求める。

私は前夜4月6日の東京都知事会見をスマホでライブ動画で見ました。正確に言えば、ダンナがNHKのライブ中継を見ていたので、私はスマホイヤホンを付けて動画の音声を聞いていました。テレビとネットのライブ動画…。若干のズレはありますが、ほぼ同時に進行します。

しかし、テレビの方は記者会見の途中でやめてしまって、解説になってしまうのです。

 

「えぇ、記者会見はまだ続いているじゃん。」(°_°)

 

流石に4月7日夜7時からの安倍首相の記者会見はNHKでも全部放送していましたが、都知事会見はネットの動画と比べてみると、やはり、かい摘んでの内容でした。

 

今回の新型コロナウイルス(COVID ー19)に関してだけではないのですが、

テレビは視聴者に本当の情報を放送するのではなく、

テレビ局が流したいと考える情報を流しているのだと思うのです。その思いが今回、私の中で大きくなってきました。

 

今回の新型コロナウイルスの情報は、テレビではなく、やはり公式から得るべきじゃないか?

我が家は東京都にあるので、それなら東京都の公式ホームページだろう…。

www.metro.tokyo.lg.jp

ここを開いてみていたら、新型コロナウイルス パーソナルサポート@東京」というLINEアカウントがあると知り、早速登録してみました。

正直言って、まだ、どこまで使えるか分かりません。

でも、爆然とした不安から悶々としていた私としては、少し気が紛れました。

同時に「東京都 LINEアカウント」も「友だち追加」したので、公式情報には触れやすくなりました。

後は…、東京都が本当に正確な情報を出してくれると信じるしかないですね…。

 

「友だち追加」の手順。

ここからは他の道府県の方にはちょっと話題がづれてしまうのですが、お住まいの自治体でも住民に正しい情報を伝えようとしているのではないかと思います。

 

 ①スマホで東京都の公式ホームページを開きます。

②トップ画面をスクロールします。

スクロールすると下の方にLINEマークがあります。それをクリック。

『東京都のLINE公式アカウント一覧』を開きます。

↓ここからも直接、飛べます。

『新型コロナ対策パーソナルサポート@東京』があるので「友だち追加」します。

www.metro.tokyo.lg.jp

 

③「友だち追加」すると、現在の健康状態、持病、実行している予防策などの質問事項に答えて「送信」ボタンをクリックすると登録完了です。

f:id:harienikki:20200408165754j:plain

2度目に開いた時の画面です。ここからも「東京都 LINEアカウント」に飛べます。

 

本日アップの貼り絵

1月24日の夕方。丁度私が帰る頃に、おママは「お題」もなく貼り絵を始めていました。

おママの好きな構成だと思います。(^O^)

使った材料はこちらです。↓

f:id:harienikki:20200309231935j:plain

f:id:harienikki:20200309231953j:plain

 

f:id:harienikki:20200120224406j:plain

 

 ↓お仲間です。

harienikki.hatenablog.com

 

アマビエ様まつり

4月7日は家でちんまり大人しく絵ばかり描いていました。

夜、仕事から帰宅した娘のアズキ(近日中にリモートワークになるので喜んでいます)が私のiPadの画面を見て一言。

「お母さん…、もしかして緊急事態宣言で(心を)病んでる⁉️」

この日、私が描いていたのはアマビエばかり…。そう言われても仕方がないか…。(^O^)

 

以前私が描いたアマビエ様はこれです。↓

f:id:harienikki:20200321133112j:plain

 

↓ ここから4月7日に新しく描いたアマビエ様

なるべく元の画像に近づけてみたけど…。(^◇^;)

f:id:harienikki:20200408232143j:plain

↓ かなり元の画像に似てきたかしら?

f:id:harienikki:20200408232653j:plain

↓ 色を塗ってみた…。(^O^)

f:id:harienikki:20200408234706j:plain



↓ 『鬼滅の刃』のヒロイン禰豆子のイメージで塗ってみたら…。*1

f:id:harienikki:20200408234734j:plain

おママの貼り絵と私のアマビエ様を見て下さり、ありがとうございます。m(_ _)m

*1:o(^∇^)o

緊急事態宣言前夜に、あれこれ思う。

f:id:harienikki:20200406233133j:plain

(2020年2月24日 アルツハイマー認知症の診断から約13年)

f:id:harienikki:20200406233154j:plain

(2020年2月24日 アルツハイマー認知症の診断から約13年)

 

4月6日月曜日

昨日は朝から気ばかり急いておりました。

翌日には緊急事態宣言が出ると分かっていたからです。

私は週3回、月、水、金と実家へ行っていますが、緊急事態宣言が出たら行く回数を減らそうと思っています。

だから、実家へ向かう道中も「今日やるべき事」をあれこれ反芻していました。

 

ジジがレトルトのカレーやパスタソースを買い足したいと言っていたっけ…。

台所用洗剤も少なくなったから、買っておかなきゃ…。

肉を加熱して冷凍備蓄するのを又やらなきゃね…。

 

そして1番の懸案事項は、ジジとおママのお薬が木曜日の分までしかない事。

医療機関は引き続き診療を続けるそうですが、私が実家へ行く回数を減らすとすると、何時かかりつけ医行くか…?オネコは在宅で仕事をしているし…。(^◇^;)

 

普通の大人の足で徒歩7分のかかりつけ医に行くにも、現在のジジとおママは大仕事です。お薬も一包化を頼むので、薬局では時間がかかります。

それで、私が代理で診療所へ行き医師から処方箋を出してもらって、薬局に持参し受け付けてもらう。それをオネコが後で取りに行くという、2段階戦術⁉️を取りました。

 

それと、3月にやったジジとおママの健康診断の結果を聞いてきました❗️

おママは中性脂肪が高いのだけど、他は2人とも問題なし。貧血もなければ肝機能もレントゲンの結果も良好。

「この状態を保って、今を乗り切りたいですね。」

そう先生とお話ししました。 

harienikki.hatenablog.com

 

緊急事態宣言前に、やろうと思った事は大体こなせたと思います。

 

 

電車は乗れるが如何なものか?

緊急事態宣言前夜、小池知事の会見を見ていて、ふと思いました。

「人との距離を2メートル以上とる…。」

公共交通機関は通常通りに運行と言われますが、

これって、よほど空いている電車でないと難しいのではないか…⁉️

私は実家へ行く時はラッシュ時は避けております。ガラガラ電車で座れて快適なのですが、座席シートはほぼ埋まっている状態です。

「座ったら、2メートルなんてムリ…。」

確かに、若くて意識の高い方が座らずに立っている姿を見かけます。でも、50代でヘタレな私は座席が空いていたら絶対座ってしまいます。荷物もありますから…。

今後も実家へ行く時や、定期的な通院のためには電車に乗りますが、やはり、電車ってリスク高い…。(^◇^;)

f:id:harienikki:20200208092020j:plain
デイサービスは?

昨夜の小池都知事会見では、緊急事態宣言が出たら介護分野はどうなるのか、話がありませんでした。私の聞き漏らしでしょうか?記者さん達も学校の休校や学童は質問にあげていましたが、介護には興味がないのかな?

結論が出ていないのか…?各事業所の判断任せなのか…?

 

通所型の介護施設であるデイサービスが続けられるのかどうかは、私達にとって大問題。

勿論、スタッフさんにとっても、利用者にとってもリスキーである事は確かです。

これはエゴかもしれないが、ジジとおママの入浴問題もあるし、親元に通っている私としては、デイサービスは通常通りにあって欲しい。

考えていたら、眠れなくなりましたわ。(°_°)

今日になって、NHKを見ていたのですが、ニュースでは「消毒や感染防止の対策を十分取りながら継続…」とか言っっていました。

デイサービスに確認してみなくては…。

 

覚悟は必要かも

今後も、うがい手洗いマスクなど、出来る予防はします。しかし、感染を完全に必ず防ぐ事なんて出来ません。

「罹ってしまったら、それまでよ…。」

昨日、私がそう言ったら、オネコとジジは「そうだね」と大きく頷いていました。

 

これは投げやりな気持ちで言っているのではありません。

覚悟みたいなものです。不安がっても仕方がありませんから。

 

Twitterでも呟きましたが、20世紀に生まれて、21世紀を生きる私達が疫病で死ぬのは納得できません。でもね、ジジとおママは高齢。オネコは虚弱。私も若くない。感染してしまったら重症化のリスクは高いです。

 まずは、感染しませんように。(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 本日アップの貼り絵

今回は同じ日に同じ「お題」から制作された2枚の貼り絵をアップしてみました。

「お題」はこちらです。↓

f:id:harienikki:20200406233302j:plain

 

これに先立つ事3日前の2月21日。

おママは化粧品の広告冊子に興味を持ってハサミを入れていました。↓

f:id:harienikki:20200406233338j:plain

 

 広告冊子の表紙はこちら。↓ おしゃれな化粧品の広告がいっぱいです❣️綺麗なページばかりで、おママが喜ぶのも当然かも…。(^O^)

f:id:harienikki:20200406233409j:plain

↓このページも使われています。このページでないものもあります。 

f:id:harienikki:20200406233438j:plain

 

 大胆な構成です。

f:id:harienikki:20200406233518j:plain

 

 迷わず海苔をつけています。↓

f:id:harienikki:20200406233543j:plain

 

 もう1枚できそうです。↓

f:id:harienikki:20200406233614j:plain

 

「お題方式の貼り絵」 とは…。

昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それが出来ない時が増えてきました。

それで、あらかじめ私が作業机に何種類かの紙や切れ端を出して置き、まるでおママが貼り絵をやり掛けていたと思えるようにお膳立てをする事が増えました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 

www.episteme-net.jp

materiaprima.jp

 

おママの貼り絵を見てくださり,ありがとうございます。

レザークラフトのクッション(ファイルの中からこんにちは❗️No.6)

f:id:harienikki:20200403232611j:plain

(2008年6月20日 アルツハイマー認知症の診断から1年4ヶ月頃) 

 

ファイルの中からこんにちは❗️

1年を通して滅多に登場しないシリーズもの。

当ブログでは「ファイルの中からこんにちは❗️」がそれに当たります。

これはおママが制作した貼り絵の中で、かなり以前の作品をご紹介するシリーズです。

今回は2008年の作品。

おママはこの1年前にアルツハイマー認知症の診断を受けました。

でも、今と比べたら認知力も記憶力も随分しっかりしていました…。(^。^)

 

なぜ、私は急に思い立ってこのシリーズの続きをやろうと思ったのか…?

それは、おママがまだ40代の頃に制作した革工芸の作品をご紹介しようと思ったからです。

ならば、貼り絵もかなり以前のものにしようかと、安直に考えてみました…。(^◇^;)

 

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

 

探し物が見つかった❗️

このブログでは時々(これも極たまにですが…)おママが貼り絵を始める以前の作品をご紹介してきました。 

カテゴリー「貼り絵をする前の活動」にまとめてはおりますので、ご興味がありましたら、

是非ご覧くださいませ。

 

これまでは主に、おママが50代から60代の頃に取り組んでいた革によるルリユール(ヨーロッパの伝統的な製本技術)の作品を何冊かご紹介してきました。しかし、それ以前のレザークラフトの作品は家の中の何処にしまってあるのか分からない物が多く、写真も撮れませんでした。

特に気になっていたのが…。

(おママ…あのクッションは、どうしたのでしょうね…。)

蝶の図案と芍薬のような花をモチーフにした2つのクッションがあったのです。

それは、モデラーというヘラで皮の表面を押し付けて、図柄を浮き彫りのように表現するモデリング法の作品です。部分的に刻印も使っています。

そして、実に綺麗に染色されていました。

 

それが、2月にお雛様を出した時、押し入れの天袋で見つかったのです。(^O^)v

4月1日にようやくお雛様を片付けたタイミングで写真を撮ることができました。

 

dictionary.jlia.or.jp

dictionary.jlia.or.jp

 

2つのクッション

皮工芸の教室に通って、課題に取り組んでいた頃の作品。

絵柄は図案集か課題で決められていたのか、おママのオリジナルデザインではありません。

f:id:harienikki:20200404010742j:plain

表面

f:id:harienikki:20200404011029j:plain裏面

f:id:harienikki:20200404011325j:plain側面

f:id:harienikki:20200404011439j:plain

 

f:id:harienikki:20200404010813j:plain

 

f:id:harienikki:20200404011536j:plain

 

大まかな工程はこんな感じだだったと思います。

私が小学校高学年か中学生の頃だから、記憶も曖昧ですが、おママは2作品同時に取り組んでいたと思います。

① なめしただけの牛革の表面を、水を含ませたスポンジを十分に染み込ませる。

②図案を写したトレース紙を湿った革の上に乗せて、トレース用のモデラーでなぞるように、皮の表面に写していく。

モデラー(金属のヘラ)の滑らかな金属部分で皮の表面を押し付けて、凹ませながら図案を浮き彫りのように表現していく。モデラーは大きさや丸みの違いによって何種類もあり、使い分けることによって繊細な表現ができる。この作業は常に革を適度に湿らせながら進める。

④図案をモデリングしたら、レザークラフト用の染料で染色をする。部分的にアクリル絵具も使われています。この2作品でおママが染色したのは、芍薬の花と蝶の図案の面(合計3面)です。

⑤材料店で買った茶色の革を型紙通りに切り、染色部分と接ぎ合わせてから、クッションに仕立て上げる。

 

f:id:harienikki:20200404011733j:plain

 

f:id:harienikki:20200404011917j:plain

モデラーです。↑ ついこの間まで、他にもトレース用のモデラーがあったと思うのですが、今は所在不明です。(^◇^;)

 

40年ほど年月が経っているので、おママが染色した部分はすっかり色褪せているのではないかと心配していたのですが、かなりよく残っていました。

おママはとても器用な人なので、モデリングカービングの作業は楽しそうにサッサとやってしまい、いつも染色に時間をかけていました。

若い時に芹沢工房で染色を習っていたくらいですから、革を染色するのがおママの主眼だったのかも知れません。薄く何度も何度も染めながら仕上げていくのは、おママにとって苦しくも楽しい作業だったと思います。

 

このクッション、出来上がって暫く飾ってあったのですが、おママはすぐに仕舞い込んでしまいました。なぜなら、当時の実家にはソファというものがなく、可哀想にクッションは置き場がなかったのです。

それに、主婦の習い事と言えばそうなのですが、40代のおママは講師資格がもらえそうな勢いで取り組んでいましたから、このクッションはその通過点の1つだったのだと思います。

 

子供の頃の私の目には、おママが絵のように革を染色しているのが驚きでした。

私には思い入れのある作品です。

お教室で先生やお仲間に講評してもらい、家族に見せただけだった作品。

こうしてブログにアップ出来て、私は嬉しいです。

f:id:harienikki:20200404011650j:plain

 

でも、今となっては、自分の作品だというのも曖昧です。(^◇^;)

f:id:harienikki:20200404112856j:plain

おママが炬燵で作業中。私は寝転ぶしかない。そしてうたた寝

 

 おママの古い作品を見てくださり、本当にありがとうございます。

エイプリル・フールの日に…。

f:id:harienikki:20200401231734j:plain

(2020年1月22日  アルツハイマー認知症の診断から約12年11ヶ月)

 

 新年度始まる

遂に4月、新年度❗️

新たに社会人になられた方々にお祝いを申し上げます。

今は社会全体があまりに困難な状況なのですが、

近い将来には、皆様にとって幸多く、実り多い時代になって欲しいと思います。

 

エイプリル・フールの日

東京では感染拡大への懸念が高くなっています。

 いつ緊急事態宣言が出るのか? 出ないのか? それも不安です。

医療崩壊だけは避けてもらいたいです。

もう、医療崩壊目前だという情報も眼にしました。

 

しかし、日本では緊急事態宣言は発令されても欧米のように「禁止」や「罰則」は伴わず、あくまで強い「要請」なのだそうです。ですからニュースで伝えられる諸外国の「ロックダウン」は日本では不可能らしい。どこまで効果があるのだろうか…。

 それでも、緊急事態宣言という言葉のもつインパクトは大きいですね。

www.tokyo-np.co.jp

 

4月1日も、実家へ向かう電車の中は、一様にマスク姿で重い表情をしている人達ばかり。勿論、私もその一人です。

街には新年度という活気がありません。

テレワークが可能な職種は、その対策が進んできたのでしょう。

 

この新型コロナウイルスの現状全てが嘘なら良いのに。

これがエイプリル・フールの嘘で、一夜開けたら全世界がこの感染症から解放されていて、「コロナ?なにそれ?」ってなれば良いのに。

 

そういかないのが現実ですね。(°_°)

 

 不安と準備

「もし、私からお父さんにうつしちゃったら許してね。」

「もう、ずいぶん生きたから良いさ。」

 

「緊急事態宣言が出たら、私はこっちには来なくなると思うよ。」

「うん、分かった。」

 

最近、ジジとこんな事を話しています。

私は週3回、自宅から電車を乗り継いで約1時間ほどかけて実家に通っています。

ウイルスに感染するという点ではリスクが全くない訳ではありません。

 

 新型コロナウイルスの感染がジワジワ広がっているようで、このところ私はとても落ち着きません。ジタバタしても仕方ないのですが、もし自分が症状の出ていない保菌者だとしたら、高齢のジジとおママ、そして胃癌を患う義母のクレバァにうつしてしまうかも…。

考えるだけでも、恐ろしい。ウイルスは目に見えないので、疑心暗鬼になるばかりです。

 実は、私の自宅から一番近くの病院でクラスターが発生してしまいました。我が家はあまり接点がないのですが、その事が私の精神を更に萎縮させました。

 

今のところ、ジジもおママも元気です。

クレバァも週3回、掛かり付け医のクリニックに丸山ワクチンを打ちに通っています。

このまま、乗り越えられますように。そう祈るばかりです。

 

ただ、少しずつですが準備もしています。

ジジとおママのどちらかが発症したら、それぞれ入院と自宅待機になるでしょう。

おママが一人で自宅待機になったら、オネコか私のどちらかが一緒にいないとダメですね。

 

 もし、オネコと私が感染したら、恐らくジジとおママはデイサービスにも行かれなくなり、二人で家に籠城しなくてはなりません。

 

 老親二人で、もしくはジジ一人で自宅待機になったことを想定しての準備です。

主に食品。缶詰や冷凍野菜。賞味期限の比較的長いレトルト物。

お肉はジジにも扱いやすいように火を通してから小分けにして冷凍しました。

私がいつまで実家に通えるかも不確かなので、昨日は再チェックしました。

ダンナの親戚が送ってくれたお米をお裾分け。

買えなかったマスクを我が家から15枚ほど融通しました。

(トイレットペーパーとティッシュペーパーは差し迫らない程度に準備しました。

紙パンツやパットは1ヶ月分は確保できているし…。)

 

おママの貼り絵を収納するファイルがいっぱいになりそうなので、新しいのを買いました。

でも、ただでさえ「お題」が無いと取り組めなくなっているのです。

(もし私が長期に亘って実家へ行けなかったら、おママはもう貼り絵が出来なくなるね…。)

 

 やはりこの現実が現実ではなく、嘘だったら良いのに…。(TT)

 

本日アップの貼り絵

私のいない時に制作されました。

このマーブルペーパーはこちらの貼り絵にも使われていました。(^O^)↓

harienikki.hatenablog.com

 おママの貼り絵を見てくださり、ありがとうございます。

月末企画❗️今月のイチ押し‼️(2020年3月版)過去と現在のおママ共作❗️

f:id:harienikki:20200330225412j:plain

(2020年3月6日 アルツハイマー認知症の診断から約13年1ヶ月)

 

コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)の感染は終息するどころか、これからピークがやって来て、日本でも感染爆発をするか否かの瀬戸際だと言われております。

昨夜は東京都知事による2度目の緊急記者会見もありました。

今感染を広げないためにも、一人一人が予防を念頭に置いた行動をとるしかないように思います。

本当だったら30日月曜日に親戚達と行くはずだったお墓参りは、中止にして良かったと思いました。

 

そして、コメディアンの志村けんさんがCOVID-19のために亡くなりました。

私は小学生の頃からテレビで志村さんを見てきました。そして、その訃報を聞いた時、言葉が出ませんでした。

ご冥福を申し上げます。

 

これまでにCOVID-19によって亡くなった方々のご冥福をお祈り致します。

そしてご遺族の方々にお悔やみを申し上げます。

 

本当に対岸の火事ではなく、足元に迫ってきたと言う感じがします。

 

『月末企画❗️今月のイチ押し』とは…。

 このシリーズはその月におママが制作した貼り絵の中で、私やオネコが1番気に入った(面白いと思った)作品をご紹介するものです。

「月末企画❗️今月のイチ押し‼️」というカテゴリーがあるので、もし、ご興味があれば、他の月の「イチ押し」もご覧下さいませ。m(_ _)m

 

おママは今月3月30日現在で25枚の貼り絵を制作しました。

その中から「今月のイチ押し‼️」を選ぶ判断基準は⬇️こんな感じ…。

 

①綺麗もしくは興味深い作品。

②制作エピソードがある。

③制作途中の写真があれば尚良し。

④おママの独自性が強い作品 

 

今回は①②③④に該当します。久しぶりの全部…。(^O^)v

 

一応、この作品も「お題方式の貼り絵」(注)に該当します。

制作日の3月6日に、私はおママ秘蔵のマーブルペーパーをカルトンから出してきて、一緒に切り分けました。

この時に分割したマーブルペーパーはその後の「お題」にもなっています。

言わば「お題」をおママと制作したことになりました。

  

 (注)「お題方式の貼り絵」とは…。

昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それが出来ない時が増えてきました。それで、あらかじめ私が作業机に何種類かの紙や切れ端を出して置き、まるでおママが貼り絵をやり掛けていたと思えるようにお膳立てをする事が増えました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 

今月はとても綺麗な作品が多かったので、オネコとの「イチ押しミーティング」の時も少し悩みました。そして、このマーブルペーパーから何枚もの綺麗な作品が出来上がったと考えれば、「イチ押し」に相応しい気がします。

 

それだけでなく、この作品は過去のおママと現在のおママの共作でした。

これが「イチ押し」の決め手であります。

 

3月6日金曜日

 昼下がりに無気力なままロッキングチェアーに座って謝罪なくしていたおママ。

 久しぶりに秘蔵のマーブルペーパーを漁ってみましょうか…。

それで、私が取り出したのはこれ。たまたま手に触れて、適当な大きさだったからです。

f:id:harienikki:20200330232155j:plain

 ↑このマーブルペーパーを広げてみますと、既に一部分使われた形跡があります。

四隅の一つが削れている。所々、クラフトパンチで抜かれている。

そして、不思議な雲型の穴…。(^◇^;)

「これどうしたのかしら?

あなたが持ってきてくださったの?きれいね〜。

なんか、穴が空いてるわね。」

 

どうしたも、こうしたも、おママさんよ。全部あなたの仕業でしょう。

 

「きれいね。勿体ないから、あなたもっておかえりなさいよ。」

「いえ、切ります❗️」

 

おママは大きいままでは勿体ながって絶対に使いません。だから、私が心を鬼のして、マーブルペーパーにハサミを入れました。

しかし、手染めのマーブルペーパーは個性があり、そのうねるような波に気持ちが持っていかれそうになります。

このマーブルペーパーは写真より実物は迫力があり、ハサミを入れる時には、とても勇気が要りました。

 

そして、私はこうして分割しました。↓

おママに今回使ってもらうのは左側。右側の纏まった部分は、またカルトンにしまいました。

f:id:harienikki:20200330232233j:plain

 

今回の貼り絵には、もう一種類、きれいな紙が使われています。

これは2017年の春頃、オネコがどこかで見つけて買ってきてくれた唐草模様です。

おママは大層気に入って、2017年には何作か貼り絵に使いましたが、それ以後、長らく行方不明になっていました。(^◇^;)

最近になって見つけたので、おママも喜んで切り分けていました。

f:id:harienikki:20200330232301j:plain

 

おママもハサミを入刀❗️

おママが最初に興味を示したのは、穴の開いた部分でした。

「どうして、ここが、ないのかしらね。」

「それはね、昔、お母さんが切り抜いたのよ。」

「私はそんな事はしません。」

まぁ、怒らしても仕方ないので、私はもう言いませんでした。

それでも、おママは葉書の大きさに収まるように、何処からどう切ったものか、かなり思案しておりました。

f:id:harienikki:20200330232329j:plain

 それでもまだ、右上が飛び出します。

「どうしようかしらね…。」

「バチッて直線に切り落としちゃえば。」

私が迂闊に返事をしたら、おママは仏頂面をしました。それで、私は台所に退避…。

 

そして、おママはこだわり抜いてこう形を整えました。↓

穴を含めて美しい造形です。

この先、おママは穴をどうするのでしょう。

 

私が興味津々で見ていたら、おママは手近に有った赤い唐草模様を穴の上におきました。

「えーー、穴が塞がっちゃうよ。せっかくの穴なのに。」

「いいんです❗️これで❗️」

いつもより、おママの拘りが強かったので、私はハラハラしながら見ていました。

流石におママ自身も、少し唐草模様の形を整えようと思ったらしい。

f:id:harienikki:20200330232428j:plain

 

結局、過去のおママが何かの為に、

カッターで切り抜いた穴です。

おママが好きなように埋めたらいいのです。

 

(切り抜いた部分はどうしたのかな?もしかしたら、過去の貼り絵に使われていたのかも?)

私はふと思いました。

余程、切り抜いた部分は魅力的だったのでしょう。

どんなだったか、見てみたいです。

 

おママは認知症と診断される数年前から貼り絵制作をしていました。

既に収納ファイルは二十数冊。1冊200枚収納としても4000枚…。

今の私には、ファイルを1ページづつめくって、それを探す事は出来そうにありません。

 

30分ほどのオヤツ休憩の後に制作再開です。

案外、いい具合に穴が塞がっていますね…。

f:id:harienikki:20200330232450j:plain

最後に小津和紙の千代紙を加えていました。

赤系に緑系を合わせると、反対の色味だから画面に緊張感が生まれる。

緑の色味を手にしたおママを見て、ちょっと感心しました。

認知症になっていても、この色彩感覚が残っているのは不思議です。

 

いつか、十数年前のおママの貼り絵から、この穴の主が見つかったら良いなぁと思います。

そんなこんなで、この過去と現在のおママが共作した貼り絵を、

今月のイチ押しに決定‼️

👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏

 

唐草模様を使った過去作品です。↓

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

 

おママの貼り絵を見てくださり、ありがとうございます 

うがい

f:id:harienikki:20200327223006j:plain

(2020年1月15日 アルツハイマー認知症の診断から約12年11ヶ月) 

 

外出から帰ったら

コロナウイルスによる新型肺炎「COVID-19」の感染がジワジワ広がってきたように思います。

25日夜の都知事の会見後、一種の危機感からでしょう。スーパーには食品を買う客が押し寄せて、一部の商品棚が空っぽになっております。

日本はこれからなのでしょうか。

感染爆発を避けるために、各自が出来る事をやっていくしかありません。

 

まず、集団感染が起こる3条件と言われる3つの「密」を避けるしかないと思います。

①密閉  寒気の悪い空間

②密集  手の届く距離に多くの人がいる

③密接  近距離での会話や発声

 

そして、外から帰ったら、うがい手洗い。


認知症歴13年のおママは、外出から戻っても、自分からはうがい手洗いをすることはありません。長年根付いたその習慣が、今ではおママの頭から消えています。

しかし、側で促して上げれば、まだ出来るのです。

 

おママと一緒の買い物から帰宅した時は、私がおママにうがい手洗いを促します。

手洗い「お母さん、手を洗ってください」と伝えれば、おママはまだ出来ます。

しかし、「うがいをして下さい」と言われただけだったら、ママは理解出来ないでしょう。

私はそう思って、お手本を示しました。

 

「お母さん、うがいをして下さい。ほら、こんなふうにやるんです。」

ガラガラ……ぺぇ〜。(喉を洗浄)※「ぺぇ〜」は水を吐き出す擬音語です。

 

すると、おママは、

「あ、うがいね。はい…❗️」

クチュクチュ……ぺぇ〜。(口内を洗浄)

 

「あら、お母さん、ガラガラとやって下さいよ。」

「はーい。」

再度説明すれば、おママは喉を洗浄出来ました。

 

 私からすると、 「うがい」

水を口に含んで上を向き、喉でその水をガラガラと震わせる「ガラガラ……ぺぇ〜」です。

そして、「クチュクチュ……ぺぇ〜」口の中をゆすぐ事です。

 

辞書的には「うがい」は「ガラガラ……ぺぇ〜」「クチュクチュ……ぺぇ〜」も良いようですが、どちらかと言うとニュアンス的には「ガラガラ……ぺぇ〜」ではないかしら?

 

www.weblio.jp

www.weblio.jp

 

(昔からだけど、認知症になっても、おママにとって「うがい」とは…。

「ガラガラ……ぺぇ〜」ではなく、

「クチュクチュ……ぺぇ〜」なのね。)

 

私は感慨深かったです。

おママと私の「うがい」についての解釈違いには、ちょっとした思い出があります。

 

あれは、46年前?

私が小学校3年生の頃だったと思います。

休日の昼間、おママに突然声を掛けられました。

「ねぇ、チャーコは水でうがいができる?」

 

私は母親の言わんとする事が飲み込めませんでした。

いくら姉より頭の悪い妹と思われていても、8歳になる私に「うがいが出来るか?」とは、馬鹿にするにも程があります。

「出来るよ❗️」

私は洗面所でコップに水を汲み、勢い良く「ガラガラ……ぺぇ〜をしました。

 

するとおママは呆れ顔になりました。

「そうじゃなくて、うがいは口の中をゆすぐ事でしょう。」

 

私はこの時、母親とは文化が違うのだと感じて、ショックを受けました。

 

「ガラガラっていう方だと思っていたよ。」

いやぁねぇ。違うわよ。それで、チャーコは水でうがいが出来るの?」

「………。」

 

水で「クチュクチュ……ぺぇ〜」と口をゆすげとな…⁉️

 

f:id:harienikki:20200208092020j:plain

「水で、やるの…?」

「そうよ、出来る?」

この当時、私は密かに虫歯を数本隠し持っておりました。当然、水ではしみるので、歯磨きはぬるま湯でやっていたのです❗️

 

(おママの目的はこれだったか…。)

私は自分の浅はかさを思い知らされました。

おママの前で、キーンとしみるのを必死に堪えながら、私は口をゆすいだのです。

でも、隠し事は直ぐに露見してしまい、私は歯医者通いをする羽目になりましたとさ…。

 

この頃から、おママと私では「うがい」の概念が違っていたのです。

おママに「ガラガラ……ぺぇ〜」をしてもらいながら、何だか懐かしくなってしまいました。

 

f:id:harienikki:20200328111508j:plain

きえぇーー! 歯にしみる!(涙)

本日アップの貼り絵

 1月15日の午後。

ジジはダイニングテーブルでソフトバンクからの封書を開けていました。恐らく請求書と明細書でしょう。

ジジに必要なのは封書の中身だけです。それでジジはその封筒を、目の前でテレビを見ていたおママに渡しました。

「内側が使えるでしょ。」

おママは直ぐに封筒を切り開き、グレー地に白文字で「SoftBank Corp.」と細かく書かれた内側を嬉しそうに眺めました。

そして、色々な形に切り分けました。

長方形、三角形、台形…それらを机の上で構成し始めたので、私は白い葉書を差し出しました。

f:id:harienikki:20200327223028j:plain

 

20分ほど経って、おママ納得のデザインが決まりました。

でも、最初の完成形には、赤がなかったのです。

ソフトバンクの封筒だけで、グレー系のみのデザインだったんですよ。

「完成ですね。」

「そうよ、これで良いの。」

おママは自信を持って言い切り、新聞紙を見ながら裏面に日付を記入しました。

 

しかし、私が収納ファイルを持ってきてみると、おママは赤い紙から小さな三角形を切り、

「ここ、ここ、ここ…」

完成したはずの貼り絵の上に、おママは迷う事なく置いているではありませんか❗️

気が変わったのですね。

 

モノトーンの世界に突然、赤い花弁が降ってきた❗️

 

やはり、この小さな赤が有るのと無いのでは大違いでした。(^O^)

 

 おママの貼り絵を見てくださり、ありがとうございます。

東京五輪を目指します❗️

f:id:harienikki:20200325234715j:plain

(2020年1月24日 アルツハイマー認知症の診断から約12年11ヶ月)

 

オリンピックが延期になった…。

世界的にコロナウイルスの感染が拡大し、新型肺炎(COVID-19)が猛威を奮っています。

WHOはパンデミックと言っていますし、まだ終息しそうになくて不安ばかりが募ります。

この時節柄、東京五輪を予定通りに開催するのは不可能だったと思います。

各国、代表選手の選考会すら開けないのですから。

 

でも、中止でなく延期で良かった…。

税金を使って膨大な経費をかけて、それが全て無駄になることを考えたら、

TOKYO 2020を目指してきた選手達の事をを思ったら、中止なんて納得いきませんもの。

 

かれこれ6年前の東京五輪が決定した時、私はまだ保険の仕事をしていました。

御高齢のお客様からこんな言葉をよく聞きました。

 

「もう一度、東京オリンピックを見るまで頑張るわ。」

「できれば、また東京オリンピックを見たいねぇ。」

 

ジジも同じような事を言っていました。

もし、中止だなんて事になったら、東京五輪を楽しみに、それを励みに生きている方々がどれだけガッカリなさるでしょう。

さぁ!

もう一度、一年先の東京五輪を目指して参りましょう。

ねぇ、ジジ❗️

 

本日アップの貼り絵

 2020年1月24日金曜日の昼下がり。

私は食後に眠くなって、うつらうつらしていましたが、おママは妙に冴えていました。

 

ふと、おママの部屋を見ると、自発的に作業机に向かっているではありませんか⁉️

そして、道で拾った枯葉を強引に貼り付けておりました。カラカラに乾いているので、少し力を加えただけでも割れそうな按配です。

しかも、おママったら…。

(そのすぐに粉々になりそうな枯葉をピンキングバサミで切ったのね。)

f:id:harienikki:20200325234836j:plain

 しかし、私の眼は奥のもう一枚に釘付けになっていました。

 

それは茶色系のマーブルペーパーの上に細かいパーツを載せている貼り絵です。

枯葉の貼り絵が完成したら、おママはすかさずそれに取り組み始めました。

「あれがこうだから、こっちがこうなのよね。でも、こうだから……。」

しかし、ブツブツ言いながら、細かいパーツの配置に悩んでしまったのです。

 

それで、私は30分あまり他の用事を済ませていました。

戻ってみると…。

f:id:harienikki:20200128114316j:plain

なんだか画面が様変わりしていたのです。 ↓ (^O^)

f:id:harienikki:20200325234907j:plain

 

チョコクリーム入りミニケーキを半分にした絵が登場しました。

これは以前そのようなお菓子の箱から切り抜いていたようです。 

実は、このケーキの切り抜きは、随分前からおママの作業机の上で、消えては現れるていたもの。

この日は、上から2番目の写真で、赤い丸で印を付けたところに隠れていたんですよ。

おママ…、よく見つけましたね。

 

私の目には、とても美味しそうな貼り絵になったように思います。(^O^)

 

因みに、こちらは(↓)もう一枚の完成バージョンです。

f:id:harienikki:20200325234743j:plain

 

おママの貼り絵を見てくださり、ありがとうございます。