アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母(おママ)が作った貼り絵と暮らしを紹介しております。

ブロがーバトンが回ってきたよ。

f:id:harienikki:20200706224900j:plain

(2020年3月16日 アルツハイマー認知症の診断から約13年1ヶ月)

 

早く、雨止んでほしい…。

記録的な大雨となった九州。

既に大きな水害となっております。

被災されたり、避難所にいらっしゃる方も多いとの事。

それでもまだ、梅雨前線が停滞しているので、更に被害が広がる危険性も高いとの事。

どうか、これ以上、降らないで欲しい。

そう祈るばかりです。

 

思いがけず…。

昨日、読者登録させて頂いているururundo (id:URURUNDO)さんから「ブログバトン」を頂きました。

この「ブログバトン」は時折、訪問先のブログで見かけることはあったのですが、よもや私に回ってくるなんて❗️予想外でした。

それも、毎回拝読しているブロガーさんからのご指名です。

折角。お声をかけて頂いたのですもの。

「はい❗️バトン、しかと受けとりました❗️」(^O^)

ururundo.hatenablog.com

ururundoさんは、ほぼ毎日、素敵な写真と文章でブログを綴られています。

題材は身近な自然や草木、そして食や文芸などなど。

短く削ぎ落とされた文章で、とても詩情豊かに紡がれていらっしゃいます。

雨が降っても沁み込まないコンクリートに囲まれて暮らしている私にとって、オアシスのようなブログです。

 

ブロガーバトン

ブロガーバトンはこういう感じです。(^O^)

f:id:harienikki:20200706235201p:plain

f:id:harienikki:20200707154421j:plain

(↑)これでも、目一杯美化したつもりですが…。

娘のアズキにはソックリと笑われましたわ。

 

名前:チャーコ  年齢;54歳

ブログ歴:3年半  記事総数;2020年7月7日現在 808記事

更新;基本的には火・木・土(最近更新日や時間がまちまちになっております。)

 

ブログのジャンル:

アルツハイマー認知症歴13年になる86歳のおママが、認知症になる前から続けている貼り絵を紹介しています。

おママと92歳のジジ。

この高齢夫婦が織りなす何気ない暮らしの一コマを書き留めております。

そして時々、私のイラストもあります。

そう考えると、介護ブログとも言い切れませんし、ジャンルは「アートです」とも言いにくい…。全体を考えてみると、認知症ブログなのだと思います。

 

ブログを始めたきっかけ:兎に角、膨大なおママの貼り絵(ハガキ大)を家族以外の方にも見て頂きたい一心で始めました。

 

今後のこのブログの野望:時々、制作中のおママを動画でアップしたいです。やり方が悪かったのかしら。スマホで撮影した動画をそのままブログに埋め込もうとしたら、エラーになってしまいました。どうしたものかしら…。(^◇^;)

 

ひとこと:最近、おママの症状は一段と進んでいます。それは貼り絵にも顕れていると思います。私としてはおママの出来る事を減らさないためにも、構成を考える、ハサミで切る、糊で貼る作業は続けてもらいたいです。

どうぞ、おママの貼り絵をあたたかく見守って下さいませ。

 

一番古い記事:

harienikki.hatenablog.com

 

お気に入りの記事:お気に入りというより、書き留められて良かったと思う記事です。

おママが認知症になる前の制作活動についてです。

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

 

そして、次に「ブロガーバトン」を受け取って頂きたい方は、 

かこ (id:kozikokozirou)  かこさんです。

5年前、肺、食道、下咽頭といっぺんに3カ所癌が見つかった かこさん。

ご家族と共に手術や抗がん剤治療乗り越えていらっしゃいます。

私はかこさんの素敵な漫画やイラストとキレの良い文章にいつも刺激を受けています。

闘病について、社会や世間との関わり、などなど、改めて考える機会を頂いてきました。

kozikokozirou.hatenablog.com

f:id:harienikki:20200707154149j:plain

子供の頃から運動は苦手。バトン練習も四苦八苦でした。(^O^)


本日アップの貼り絵

バトンの雰囲気に合うかなぁと思って選びました。

f:id:harienikki:20200706224917j:plain

お馴染みの小津和紙の千代紙を使いました。

f:id:harienikki:20200206000807j:plain

www.ozuwashi.net


 

おママの貼り絵を見てくださり、ありがとうございます。

太陽を背負って

f:id:harienikki:20200703232220j:plain

(2020年3月27日 アルツハイマー認知症の診断から約13年1ヶ月)

 

 ここ数日、東京都は新型コロナウイルスに新たに感染した人数が100人を超えています。

緊急事態宣言が解除され、人の移動が多くなってくると、どうしても増えてしまう。

第1波の再燃でしょうか。このコロナウイルスって、本当に厄介なやつです❗️👊

国や都は、まだ医療機関に余裕はあると言ってますが、本当かしら…。

私も一度緩みかけた気持ちを引き締めて、暮らしていかなければと思います。

 

あづい‼️(°_°)

先週の日差しの強い暑い日。

 

昼前に、私はジジに頼まれ事を済ますために、おママと郵便局に行きました。

「ちょっと郵便局に行って、お金出してきて…。」

「暑いけど、おママも運動がてら、一緒に出掛けるかしら?」

声を掛ければ、おママは二つ返事でした。

 

「お天道様は真上にあるのよ。

帽子を被らないとね。頭が焼けちゃうわよ。熱中症になったら大変ね。

おかあさんのマスクは郵便局やスーパーに入るまで、私が預かっておくから。」

「なに?それ?」

 

呑気に2人で外に出たら、まぁ、昼前の歩道はなんて暑いんでしょう。

直射日光は私達の身体に垂直に当たるから、影は短過ぎて見えません。

 

(帽子がなかったら秒でフラフラになっているわ。)

 

なんて思いながら歩いていると、まだ数分しか経っていないというのに、横のおママは息が上がっていました。

「どうしたの?暑いね〜。」

「あー、あの、ここが暑い、暑くて…。」

おママが「ここ」と手で示したのは背中の上部でした。

丁度、肩甲骨のすぐ下あたりを中心とした位置です。

 

「頭の真上じゃなくて、背中なの?」

最初は疑問に思ったけど、最近のおママの背中はその辺りから、若干曲がっています。

だから、おママの場合、上空から降り注ぐ太陽が肩甲骨の下辺りを直撃するのです。

 

暑いね…。

おママは背中にお日様を背負ってるみたいだものね。

 

f:id:harienikki:20200704183047j:plain

暑いから、おママには郵便局とお店に入る時だけマスクをしてもらいました。

本日アップの貼り絵

あつ〜い❗️あつ〜い❗️

というおママのイメージに合うかなぁと思って、選んでみました。

 

「お題方式の貼り絵」です。「お題」はこちらです。(↓)

f:id:harienikki:20200703232250j:plain

 「お題方式の貼り絵」とは…。

昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それが出来ない時が増えてきました。それで、あらかじめ私が作業机に何種類かの紙や切れ端を出して置き、まるでおママが貼り絵をやり掛けていたと思えるようにお膳立てをする事が増えました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 

おママは構成を考えてから糊付けをしますが、貼っている最中に「これ、どこだったかしら?」と貼る場所が分からなくなります。

そのため。貼りながらデザインが変わることも多々あります。(^O^)

f:id:harienikki:20200703232310j:plain

 

(↓)小津和紙の千代紙です。恐らく赤と紺は使い切ってしまいました。水色は運良く買い足すことができて、まだあります。(^O^)

f:id:harienikki:20200501215246j:plain

 

f:id:harienikki:20200206000807j:plain

(↑)こちらも小津和紙の千代紙です。

www.ozuwashi.net


おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

小さくなっていくの

f:id:harienikki:20200702154131j:plain

f:id:harienikki:20200702154145j:plain

(2020年6月12日 アルツハイマー認知症の診断から約13年4ヶ月)

 

3ヶ月ぶり⁉️

介護保険を利用していると、毎月ケアマネージャーさんがいらっしゃいます。これは翌月のケアプランの確認と打ち合わせのためです。

ところが、緊急事態宣言下では家庭訪問もままならず、電話や郵送で行ったご家庭が多かったと思います。

実家も同じでございました。4月、5月はありませんでした。

 

6月12日金曜日、ようやく3ヶ月ぶりにケアマネさんがいらっしゃいました。

まずは近況報告。

幸いな事ですが、ジジとおママが通っているデイサービスは宣言期間中も開所していて、続いていました。ですから、今のところ、2人は殆ど新型コロナウイルスの影響を受けずに済んでいます。

「良かったです。幸いうちの区で感染者が出て休所になった施設はまだないです。ただ、個々の判断で休所したり、お休みをする利用者さんはいらっしゃいました。」

第2波、第3派は気になるところですが、何とかこのままやり過ごしたいものです。

 

この日、ケアマネさんがいらっしゃている間に、おママはこの(↓)貼り絵に取り組んでいました。

harienikki.hatenablog.com

制作に没頭しているおママの背中を近づいて見たケアマネさんが、小声で私に囁きました。

「フキコさん…、随分お痩せになりましたね…。お会いするのが久しぶりだからかしら。」

「私も今年に入って痩せてきたなと思います。」

やはり、他所様から見てもそうなんですね。

 

私も気にはなっているのですが、一応食欲もあるし、以前よりはオヤツの量は減りましたが、三食しっかりも食べていますから、病気が顕在化しているとも思えません。

 

このことをオネコに伝えたら…。

「年齢考えたら、痩せて枯れていくのが自然なんじゃないかしら?85を過ぎて太るのもどうかと思うし…。」

そうなのよね…。

ジジも食欲はあるけど痩せて以前より小さくなった気がします。

中年期からずっと肉付きの良かったおママ…。

これから小さくなっていくのかと思うと、何だか寂しく感じました。

 

本日アップの貼り絵

上に貼り付けた前回の記事でも書いたのですが…。

この日6月12日、ケアマネさんがいらっしゃる前に、おママは2枚の貼り絵を仕上げています。

それが、本日アップの貼り絵です。

 

「お題方式の貼り絵」です。

「お題方式の貼り絵」とは…。

昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それが出来ない時が増えてきました。それで、あらかじめ私が作業机に何種類かの紙や切れ端を出して置き、まるでおママが貼り絵をやり掛けていたと思えるようにお膳立てをする事が増えました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 

この日、私が用意したお題はこちらです。(↓)

f:id:harienikki:20200630161609j:plain

おママはまず、ブルー系の千代紙を大きく斜めに二等分にしました。

それから木の色見本の様な長方形の紙を手にして、

「これを2つに切ろうかしら。」

おママはこれも斜めに切り離したかったのね。しかし、目見当では自信がなかったので、折り目をつけてからハサミを入れる計画です。

(↓)とは言え…、こんな風に折るのも結構難しかった。でも、頑張りました。(^O^)

f:id:harienikki:20200702154422j:plain

 (↓)折り目通りに切っています。

f:id:harienikki:20200702154653j:plain

 

これを白いハガキにドンと貼り付けておりました。

「こっちはこうする」

もう1枚の葉書には違う感じで貼ってみたいようです。

f:id:harienikki:20200702154713j:plain

 

f:id:harienikki:20200702154735j:plain

(↑)試行錯誤中。完成形のデザインが決まる前は、ああしようか、こうしようかブツブツ言いながらパーツを動かしています。

2枚目は(↓)グリーンのマーブルペーパーを使いました。小さな渦を切り出すのは楽しかったみたい。(^O^)

f:id:harienikki:20200702154753j:plain

比較的悩まずにデザインを決めることができ、構成要素も大きいので、糊付けも楽勝❗️

こんなにすっきりとすんなりと、しかも綺麗に出来上がるのは久しぶりでした。

おママもとても満足そうでした。

この気分の良さが、もう1枚制作する原動力になったのかもしれません。

 

元のチラシはこれです。(↓)

f:id:harienikki:20200702154814j:plain

www.plus-lumber.com

 

 過去に同じチラシを使って、おママはこんな作品も制作しています。

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございました。

月末企画❗️今月のイチ押し‼️(2020年6月版)頑張って、おママ❗️

f:id:harienikki:20200630161513j:plain

(2020年6月12日 アルツハイマー認知症の診断から約13年4ヶ月)

『月末企画❗️今月のイチ押し』とは…。

 このシリーズはその月におママが制作した貼り絵の中で、私やオネコが1番気に入った(面白いと思った)作品をご紹介するものです。

「月末企画❗️今月のイチ押し‼️」というカテゴリーがあるので、もし、ご興味があれば、他の月の「イチ押し」もご覧下さいませ。m(_ _)m

 

おママは今月6月29日現在で17枚の貼り絵を制作しました。

ここ数ヶ月、おママは私が居る時だけしか貼り絵の制作をしません。

それでも毎月20枚以上は作品があったのですが、今月は特に少なく感じます。

これは、私が義母クレバァの事もあり、前半あまり実家へ行っていないためでした。

 

その17枚の中から「今月のイチ押し‼️」を選ぶ判断基準は⬇️こんな感じ…。

 

①綺麗もしくは興味深い作品。

②制作エピソードがある。

③制作途中の写真があれば尚良し。

④おママの独自性が強い作品 

 

今回も①②③④に該当します。(^O^)v

 

 最近では私が作業机に「お題」を出しておいても、おママは見向きもしてくれません。

「お題方式の貼り絵」も機能しなくなっているのですが…。

 この貼り絵は珍しくおママ自ら積極的に、数ある紙片の中から自ら選んで取り組み、悩みながら仕上げた作品です。

特に①④かなぁ。

 

綺麗か?美しいか?と言えば、微妙なのですが…、

認知症歴13年のおママが手掛けた不思議な世界のようにも思えます。

そして、今現在のおママの貼り絵の中で、粘り強く試行錯誤した作品は尊く感じられます。

 

そんな思いから「イチ押しミーティング」の時に私が迷いなくこの作品を押したら、オネコは異議を唱えておりました。どうも上下を逆に見ていたからですが、おママが最終的に決めた向きにして見直したら、

「カマキリみたい❗️面白いわ❗️」

と大ウケでした。

私にはサラダに見えるんですけどーーー‼️(°▽°)

同じ親から生まれた姉妹でも、斯くも感性が違うとは…。(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

因みに娘のアズキは、

「カマキリかなぁ。えっ❗️サラダ?

あぁ、私には野菜たっぷりの懐石料理の一品みたいな?」
だそうです。

 

ああ見える、こう見える。

そんな風に想像力を掻き立ててくれる貼り絵は面白いです。

皆様は何に見えるでしょうか?

 

制作経緯、この日おママは冴えていた。

 この日は16時にケアマネージャーさんが見える予定でした。

だから、あまり時間もないし、過去におママが気に入っていた紙を使って、単純な切り貼りをする事を目的にしましょう。

そこで、私が出してみた「お題」はこちらです。(↓)

f:id:harienikki:20200630161609j:plain

 (注)「お題方式の貼り絵」とは…。

昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それが出来ない時が増えてきました。それで、あらかじめ私が作業机に何種類かの紙や切れ端を出して置き、まるでおママが貼り絵をやり掛けていたと思えるようにお膳立てをする事が増えました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 

特に上の写真の右半分には、過去のお気に入りが4種類もありますから、流石におママの食いつきは速かった❗️

1時間弱でキレイな2作品を仕上げたのであります。(それはまたの機会にご紹介します。)

 

「お題」の第2ラウンド

2枚の貼り絵が出来上がって、ジジに見せたり、おママが裏に日付を書いているうちに、そろそろ、ケアマネさんがいらっしゃる時間が迫ってきました。

私はダイニングテーブルを片付け、残った「お題」と台紙のハガキをおママの部屋の作業机に移動させました。

残った「お題」とは…、上の「お題」写真の左下にある、細かな切れ端の集合でした。

よく目を凝らして頂きますと、今回の「今月のイチ押し」に使われた紙片が見えております。

 

その頃、おママはロッキングチェアでゆったりと休憩タイムです。

恐らく、直前まで貼り絵をしていた事など、すっかりお忘れでしょう。

 

しかし、ケアマネさんがいらっしゃってから、一人で作業机に移動して、ゴソゴソ何かをしているようでした。

(残った「お題」を引出しに片付けているのかな?)

そう思って、様子を見てみると…。なんとおママは残った「お題」から新たな貼り絵に取り組んでいたのです。

 

f:id:harienikki:20200630161641j:plain

(緑のクリネックスですね…。

やはり、おママはこの箱が好きなんだわ…。)

おママはブツブツ言いながら、一つ一つのパーツの形を整えていました。

f:id:harienikki:20200630161700j:plain

熱心に取り組んでいます。

f:id:harienikki:20200630161722j:plain

そして糊付けをしながら、微妙にデザインは変化していきました。

だって、パーツを持ち上げたら、どこに貼るんだか忘れちゃうんですもの。(^◇^;)

中央斜めのパーツは何度か貼り直していました。その痕跡が白いハガキの表面に残っています。

ケアマネさんが帰ってから、また様子を見ますと、

なんと❗️天地が(上下)が逆になっていました。

しかもクリネックスのロゴの上に、穴の開いた赤い小さな布を貼りたいと言うのです。

f:id:harienikki:20200128114316j:plain

とは思いましたが、私は言葉を飲み込んで、呼吸を整えてから言いました。

「どうぞ、大丈夫ですよ。貼ってみたら良いと思います。」

その後、夕飯の支度に 取り掛かった私は、暫くおママを放置しました。

 

所要時間は1時間15分くらいです。

完成を見ますと、天地が逆になって、良かったと思います。クリネックスのロゴは逆さになりましたが、それはご愛嬌でしょう。

2箇所の赤いパーツが無かったら物足りなかったかも。

 

私は漠然とサラダを思い浮かべました。

この日、私がジジとおママの夕飯で用意したサラダは、キャベツの千切りとカニカマの盛り合わせですが

これはレタスとキュウリとセロリ、そしてプチトマトが少し添えてあって、

ドレッシングがかかっている様な…⁉️

 

あら、そうは見えませんか⁉️

カマキリでもいいのです。

おママが粘ったこの作品を、「今月のイチ押し」に決定‼️

👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏

 

f:id:harienikki:20200630162122j:plain

 

私がサラダに見えたのは、この作品が印象に残っていたからでしょう。(๑˃̵ᴗ˂̵)

harienikki.hatenablog.com

 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

 

 

コープデリの夕食宅食(デイリーコープ)始めたよ。

f:id:harienikki:20200626230719j:plain

(2020年2月7日 アルツハイマー認知症の診断から約13年)

 

事の顛末

前々回の記事の後日談です。

私はおママが冷蔵庫に収納(?(^O^))したお皿を、そのままにして帰宅しました。 

harienikki.hatenablog.com

 まだ、お皿がキンキンに冷え切っていたら、それはそれで楽しみです。

私は駅前のスーパーでカット野菜とカットフルーツのセットを買い込みました。(^O^)

(それを冷たいお皿に盛り付けよう❗️)

ところが…。

f:id:harienikki:20200208092020j:plain

既に冷蔵庫の野菜室にお皿はありませんでした。

「良い加減にしようと思って、出して片付けた!」

ジジは至極当たり前に言いました。

そうですよね。私は何もジジに頼まなかったんだし…。

ジジは真っ当な考え方をしたまでです。

しかし、何気落胆している自分が可笑しい。(^◇^;)

 

それで、昨日(6月26日)の昼食はこんな感じでした。 (↓)

f:id:harienikki:20200626230829j:plain

 なかなか、悪くない献立だと悦にいって写真を撮りました。

フルーツの盛り合わせは、ピンクグレープフルーツ、メロン、パイナップルに、おママが剥いてカットしたキウイです。美味しゅうございました。

大きいチキンカツを3人で分けたから、タンパク質がちょいと足りなかったかも。

ジジとおママのおにぎりは「日高昆布」でした。

 

悦に入るのはイイけど、よく見ると、私の手が入っているのは、

ほうれん草のスープと、トウモロコシだけですわね。(°_°)手抜きです。

まぁ、これをジジもおママもペロッと完食しますから、お腹は元気ですね。

 

夕飯にお弁当の宅配を利用しています。

 4月7日の緊急事態宣言以降、私はクレバァの事もあったし、実家に行くのは月曜日と金曜日の週2回にしています。

火、木、土は2人ともデイサービスに行くので、昼食の心配はありません。

 

問題は夕食です。

月、金は私が用意しますが、後の5日分をオネコが届けるのは大変です。

近くとはいえ在宅ワークがあるので、実家で調理というのもキツい…。

 

最近、ジジは足腰も弱くなったので、頑張って朝食は用意しますが、夕食は難しくなりました。

皆んなの身体的、精神的負担を軽減するために、4月下旬から火、水、木の3日間は夕食宅配を始めました。

オネコが色々ネットで調べてくれて、決めたのがコープデリです。

 

タンパク質はしっかり摂って欲しいので、

おかずだけのお弁当を2人前、

白いご飯を1人前(二人で半分こ)にしました。

 

こんな感じです。(↓)

「舞菜おかず」1人前とご飯

f:id:harienikki:20200626231207j:plain

 

メニューによっては、たまに「舞菜しっかりおかず」にする事もあります。(↓)

f:id:harienikki:20200626231224j:plain

 

「わりと魚のメニューの時が多い。」

美味しいと、ジジは満足ですし、おママも完食しているようです。

ご飯を半分づつにしたのは正解でした。

 

2人とも年齢の割にはよく食べられる方だと思います。

やはり、長寿の人はお腹が丈夫ですね。(^O^)v

 

価格などはこちらのサイトを(↓)参考になさって下さいませ。

コープデリの夕食宅配(デイリーコープ)は平日のみ、土日はお休みです。

「舞菜おかず」はしっかりしているプラスチックのお弁当箱に入っているので、残ったら各家庭で処分し、容器は軽く洗って返却します。

daily.coopdeli.jp

f:id:harienikki:20200627174147j:plain

我が家も夕食宅配を頼みたいなぁ…。と思うこの頃…。(^◇^;)

本日アップの貼り絵

お弁当のイメージで選んでみました。(^O^)

主な材料はお馴染みのティーパック。

f:id:harienikki:20191108222433j:plain

 

おママ秘蔵のマーブルペーパーの1枚も使われています。

f:id:harienikki:20200319001227j:plain



おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

マーブルペーパーの醍醐味❗️その形を決めるのは、あなた。

f:id:harienikki:20200625160109j:plain

f:id:harienikki:20200625160127j:plain

(2020年3月11日 アルツハイマー認知症の診断から約13年1ヶ月)

 

マーブルペーパーの興味深さ

今まで、私は漠然とマーブルペーパーは面白いな…と思ってきました。

特殊な糊の上で揺らぎ踊る絵具や染料を移し取った模様。

それは偶然が生む必然でもあります。

手染めのマーブルペーパーは色調や技法は同じでも、一枚として同じ物はありません。

その瞬間を瞬間を映しとった奇跡でもあります。

 

そんなマーブルペーパーは、綺麗なもの好きのおママの感性にバッチリ嵌ったのだと思います。

おママは舶来のマーブルペーパーを幾枚も買っていました。

50代から60代にかけて、自分でマーブル染めを実践していた事もあり、ヨーロッパの染色職人の技術に敬意を持っていました。

そのため、自分で染めたマーブルペーパーは惜しげもなく使いましたが、購入した殆どのマーブルペーパーは未使用でした。

使っていても、遠慮がちに端っこが切られている程度でした。

 

1枚のマーブルペーパーを広げてみると、職人の技術力と人智を超えた偶然性という、相反する世界が凝縮されていて圧倒されます。

だから、おママは大好きでも、なかなか使う決心がつかなかったのかもしれません。

 

(でもさ…、折角、買ったのだから、少しでも使ってみようよ…。)

 

そうは思ったものの、私だってハサミを手にしたまま、大きなマーブルペーパーの前に立ちすくんでしまいましたわ。(^◇^;)

でも、ある程度、小分けにしてあげないと、今のおママには手に負えません。

 

「お題」

今回ご紹介したおママの貼り絵は、「お題方式の貼り絵」です。

「お題」の写真は撮り忘れたのですが、(↓)で使われた残りがそれに当たります。

harienikki.hatenablog.com

 細かく規則的な模様のようなマーブルで構成されたマーブルペーパーは直線的に切り分けてもいいと思います。しかし、今回のような大きな流れがあると、悩んでしまいます。

f:id:harienikki:20200330232155j:plain

f:id:harienikki:20200330232233j:plain

それでこのようにカットして(↑)分割してみました。

ここまでは2020年3月月版の「月末企画❗️今月のイチ押し‼️」と同じです。

 

今回アップした2枚の作品の主要部分に使われたのは、左半分です。

どのパーツがどこだったのか?

見比べると目が疲れます面白いです。(^◇^;)

拡大図(↓)

f:id:harienikki:20200625173227j:plain

(おママ、ここをこう切ったのか…。)

そう思いました。

他にも小津和紙の千代紙が使われています。

f:id:harienikki:20200229081227j:plain

f:id:harienikki:20200205235701j:plain

赤系の四角はチェック柄の折り紙でした。

 

無心で…。

「(マーブルペーパーの)どこを切って使ったらいいのか分からないわ。」

最初はおママもハサミを持ったまま固まっていました。

でもじっと見つめているうちに、マーブルがうねるようにして生まれた曲線がいくつも見えてくるようです。

「ここからこうしても良いのかしら?」

「良いと思います。」

「やっちゃおうか。」

「やっちゃって下さい。」

おママは次第に見えてきた曲線のカーブに、ハサミの刃を添わせていきました。

f:id:harienikki:20200625162000j:plain

マーブルの中に、おママだけが見えてくる形や線を、無心で切り進めています。

 

この見えてくる形や線は人によってまったく異なるのだと思います。

 

こう切ろうかな?

こっちの流れから見えてくる形が面白いかな?

 

それがマーブルペーパーの醍醐味なのでしょう。

 

f:id:harienikki:20200625162036j:plain

「えっ、そんなに細かく切っているんですか?」

「………。」

ほぼチャーコを無視。

f:id:harienikki:20200625162101j:plain

 

f:id:harienikki:20200625162136j:plain

(↑)ある程度、切るのに満足したら、構成に入りました。

f:id:harienikki:20200625162158j:plain

(↓)また、他の紙を切り始めました。(^O^)

f:id:harienikki:20200625162252j:plain

f:id:harienikki:20200625162223j:plain

 

f:id:harienikki:20200625162345j:plain

(↑)おママはU字型の複雑な形を切り取りました。

 

おママが取り組み始めて2枚が完成するまでは、約1時間半。

この日は体調も気分も良かったのだと思いますが、

おママは十分にマーブルペーパーを堪能したようです。(^O^)

 

www.ozuwashi.net

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

食器収納は難しいよ。

f:id:harienikki:20200623181326j:plain

(2020年4月10日 アルツハイマー認知症の診断から約13年2ヶ月)

 

冷蔵庫に…。

昨日6月22日の事です。

いつものように買い物をして実家へ行きました。

そして、冷蔵庫に牛乳やお肉などを納めていると、どことなく庫内の雰囲気が違います。

実家の冷蔵庫は古くて小型。冷凍庫と冷蔵庫が分かれた2ドアタイプです。

ですから、野菜室は冷蔵庫内の一番下に引き出し型になっているのです。

私が視線を落として、野菜室はを見ると…、なんか得体の知れないものが入っていました。

いえ、得体は知れているんです。

それは日常的にジジとおママが使っている平皿です。しかし、ここで私の脳裏に不安がよぎりました。

f:id:harienikki:20200128114316j:plain

(まさかね…。汚れたままじゃぁないでしょうね…。)

 

私は勢いよく野菜室を引き開けました。

 

f:id:harienikki:20200623181347j:plain

(あ、キレイだわ。)

良かった、良かった。2枚重なっていました。その2枚とも、裏表両方とも、キレイに洗ってありました。

 

食器収納の難しさ

これが誰の仕業かは一目瞭然です。

おママ以外やる人なんていませんわ。(^O^)

 

ふと、おママがお皿を2枚持ったまま、台所で立ちすくしている姿が目に浮かびました。

(これはどこに入れるのかしらね?)

キッチンのシンクのすぐ後ろに食器棚があるので、拭いた食器はすぐに収納できます。

でも、おママは冷蔵庫の野菜室に入れたんですね…。

食器棚にはお皿や小鉢など様々な食器が入っています。なにせジジとおママは結婚して61年になるので、この手の物は既に溢れかえるほどあるんです。(°▽°)

その中で該当するお皿と同じものがどこにあるかなんて、ちょっと見たくらいでは分かりません。

例えば、私がオネコの家に行ったとしましょう。

お手伝いをしようと、洗った食器を棚に片付けようと思っても、これは難しい。

普段使っている食器棚じゃないから、自分で収納している食器棚ではないから、

何をどこにしまったらいいか分からなくて、呆然と立ち止まると思います。

 

つまり、おママは自分が何十年も使ってきた台所や食器収納が、既に他所様の台所と同じレベルに分からなくなっているのですね。

いえ、厳密にいうと、いつもいつもではなく、そのくらい分からないと感じる時が多くなったのでしょう。

これは難しい…。

「分からないから、ここに入れちゃおうか…。」

冷蔵庫と食器収納の違いが認識できなくなっているのも確かだと思います。

以前は食器棚の中で種類がチグハグに収納されている事はありましたが、食器を冷蔵庫にしまう事はなかったなぁ。(^◇^;)

 

 (↓)この時とか。

harienikki.hatenablog.com

 

 今年に入って、おママは認知症の症状が進んでいます。

これは、それを突きつけられる状況には変わりないのですが、私は冷蔵庫で冷えた白い皿を手に、思わず笑ってしまいました。

キレイに洗った白いお皿が冷蔵庫の中で冷やされている…。

 

おママにそんな意図はないでしょう。

でも、フランス料理のコースに出てくるような、冷たいオードブルあたりを載せるために冷したようにも見えます。(^O^)

 

私、昨日はこのお皿を野菜室に入れたままで帰宅しました。

もし、次に実家に行く金曜日まで、このままだったら、

折角の冷たいお皿に、サラダやフルーツを盛り合わせてみましょうかね。v(^O^)v

 

本日アップの貼り絵

この作品は「お題方式の貼り絵」です。

 

(注)「お題方式の貼り絵」とは…。

昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それが出来ない時が増えてきました。それで、あらかじめ私が作業机に何種類かの紙や切れ端を出して置き、まるでおママが貼り絵をやり掛けていたと思えるようにお膳立てをする事が増えました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 

それで、「お題」はこちらです。

f:id:harienikki:20200623181410j:plain

harienikki.hatenablog.com

 (↑)こちらの作品の残りだったアイシャドウの写真は、既に葉書に貼り付けてありました。

ところが…、おママはアイシャドウが気に入らなかったのでしょう。(^O^)

それを剥がして(むしり取って⁉️)この貼り絵を制作しました。

一番上の写真を拡大してご覧いただきますと、中央から左側に剥がした跡が見えます。白い和紙の表面が荒れているんです。

 

既に貼られたパーツを剥がしているので、葉書は無駄にはなりませんでした。

それに、なんだか素敵な作品になりましたし、「終わり良ければ全て良し」って感じです。(^O^)

 

 (↓)この作品の残りが使われています。

harienikki.hatenablog.com

 

制作過程写真。細かいパーツに拘っています。

f:id:harienikki:20200623181429j:plain

 

制作過程写真。糊付は慎重に行っていました。

f:id:harienikki:20200623181450j:plain

 

中央のメインパーツはこちら❗️ハワイの包装紙です。丁度1年前に大活躍した包装紙です。

f:id:harienikki:20200623193153j:plain

おママの貼り絵を見てくださり、ありがとうございます。