アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母(おママ)が作った貼り絵と暮らしを紹介しております。

母と手をつないで

f:id:harienikki:20210512180837j:plain

(2021年3月14日 アルツハイマー認知症の診断から約14年1ヶ月)

f:id:harienikki:20210512180848j:plain

(2021年3月14日 アルツハイマー認知症の診断から約14年1ヶ月)

 

ちょっとした会話のミス

これはゴールデンウィーク中の話。

昼食後、私は例によってウトウトしていますと、遠くでおママの声がしました。

ジジにしきりに何か言っています。

「ちょっと、あなた、こんなんじゃだめよ。ほら。」

ジジはいつものように陽の当たる窓辺で本を読んでいるのでしょう。

「こんなだから、外へ行って、わたしは、あ…あ…ほら、外で…。」

 

語彙が少なくなってきたから、おママは自分の気持を伝えるのも大変です。

意訳しますと、

「こんなにいいお天気なのよ。外へ行って、外の空気を吸って、気分を変えたいわ」

だと思います。

 

「そんなら、チャーコさんと散歩がてら、うどんを買ってきてよ。」

ああ、分かりました。

私がウトウトしているか、ら余計におママがイライラしているのでしょう。

 

「はーい。お外にお散歩に行きましょうね。」

私は立ち上がって、二人の話している場所に行き、会話に入りました。

この私の行動がいけなかったのかしらね…。

いけないですね。突然、現れた人物に外出しようと誘われたら、

誰だって警戒しますわ。

 

ジジは嬉しそうに私に言います。

「いつものうどんを六玉(蒸した袋入りのうどん玉)買ってきてよ。」

「はーい。」

「お母さん、チャーコさんが一緒に買い物に行ってくれるから、お散歩してきたら?」

 

「なに?なんなの?え?」

おママが明らかに気分を害していました。

「なんなのよ。私は分からないわ。」

 

おママの急変にジジも困惑気味。

「お使いに行くんでしょ。」

「私はそんなことしません❗️いいの❗️行きません❗️」

「あら、一緒にお散歩しましょうよ。」

「いきません❗️今日は頭がなんだかで、いいわ。」

 

こんな時のおママの「いいわ」は拒絶の「いいわ」です。

もう、混乱してしまったようです。

 

「さっきまで、外に行きたいって言っていたのに。」

「行かないんですか…。」

 

「もう❗️いいでしょ!」

 

ほっといてと言わんばかりにおママは逆上して、自室の戸をぴしゃりと閉めて、ロッキングチェアにぐったりと座って、目を瞑ってしまいました。

 

ま、ガラス越しに様子はよく見えるんですが…。

こんな時はそっとしておくしかありませんね。

 

考えてみると、

おママはジジと散歩に行きたかったのです。

そこへ私が割り込んで、ジジは自分は出掛けず、おママを私に任せようとした。

「うどん6玉、買ってきて」

とか、おママには訳のわからない話になったので、おママが混乱して逆上するのも無理はありませんね。

それに、おママにとって、私は他人ですから、一緒に買い物に行っても不安になるのでしょう。

何年経っても、私は反省ばかりです。

 

結局行くのか…

おママが自室に立て籠もってから10分後。

私はそっと扉をノックしてみました。

「あの、これから買い物に行くので、ご一緒しませんか?すぐ近くだし、お天気もいいから、お散歩しましょう。」

すると、おママは目を開けて、

「あら、いいわね。私も外に行きたいわ。」

 

そうして、二人で買い物に行きました。

帰り道、車の通りの多い場所で、私は手を振りながら、

「車が来ますから、こっちに寄ってくださいね」

と言うと、おママはひしっと、その私の手を掴んで握りました。

 

(ああ、やはり、何にでも不安ばかりなんだな。)

さっぱり理解できないことばかりだと、ちょっとの事でも気が立ってしまうのね。

 

おママの手は若干冷んやりしていました。

それにしても、私は母親と手を繋ぐことなんて、いつ以来なんだろう。

よく手を繋いだのは、小学校に上がる頃までかしら。

 

おママの掌を感じながら、私は先程の失敗を反芻しました。

どう話をしたら、おママは混乱や怒ることなく散歩に出られたのか?

考えながら歩きました。

f:id:harienikki:20210513181048j:plain

          手をつなぐと安心だった。「夕日がキレイ。」

 

本日アップの貼り絵

「お題パック」による貼り絵です。

 「お題パック」はこちらです。(↓)

f:id:harienikki:20210512181222j:plain

 

f:id:harienikki:20210512181243j:plain

 

*「お題方式の貼り絵」と「お題パック 」について

一昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それで、あらかじめ私が「お題」と称して何種類かの紙を用意することが多くなりました。その他に組み合わせする紙片をおママに選んでもらってから、切り貼りを楽しんでもらうようになりました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 私が実家に行かない時でもおママが貼り絵に取り組みやすいように、「お題」と台紙にするハガキをチャック付きのビニール袋に入れておく。これが「お題パック」です。

 

 (↓)こちらの作品は同じ包装紙を使ったお仲間です。

harienikki.hatenablog.com

 元はシュガーバターの木の包装紙です。(↓)

f:id:harienikki:20210330100216j:plain

 

3月14日は日曜日なので、私は実家へ行きませんでした。

そのため、途中の写真はありませんが、おママは「お題パック」作りに参加していたので、その時の写真をご紹介いたします。

 


www.youtube.com

<制作動画>

2021年3月12日 15:35〜

ヘーゼルナッツのイラストを丹念に切り抜いていました。

 

(↓)よほど切るのが楽しかったのか、疲れを知らぬおママは直ぐに2つ目を切り始めました。

f:id:harienikki:20210512181913j:plain

(↓)細い枝も切り抜く気満々。(^O^)v

f:id:harienikki:20210512182118j:plain

 

実は2枚目の貼り絵の裏はこんな感じです。(↓)

f:id:harienikki:20210512182247j:plain

何を思ったか…

おママは日付の他に「アラビック ヤマト」と記入しています。それも「ヤマト」は一度書いて消して書き直しているようです。アラビックヤマト糊のラベルを見ながら一生懸命書いたのでしょう。

しかも紙の切れ端をためた箱からハーブティーの個別包装袋の部分を選んで貼り付けた不思議さ。(^O^)

きっとその時のおママにはちゃんとした理由があったはずです。

今となっては私がおママに「どうして?」と訊ねても、詮ない事。

おママが認知症でなければ色々聞けたのに。残念です。

 

(↓)こちらのティーパックです。

f:id:harienikki:20200819155640j:plain

 

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

 

久しぶりに「+LUMBER」のチラシが登場しています。

「お題パック」の中に入っていなかったので、おママが自分で切れ端を見つけて貼ったのだと思います。色の具合、大きさ、バッチリでした❗️(^。^)

f:id:harienikki:20200702154814j:plain 

harienikki.hatenablog.com

 

 

www.sugarbuttertree.jp

www.plus-lumber.com

おママの貼り絵を見てくださり、ありがとうございます。

「母の日」とは…。

 

f:id:harienikki:20210511095649j:plain

(2021年3月29日 アルツハイマー認知症の診断から約14年1ヶ月)

f:id:harienikki:20210511095705j:plain

(2021年3月29日 アルツハイマー認知症の診断から約14年1ヶ月)

 

心境の変化

今年の5月9日(日曜日)は母の日でした。

私は元来この手の記念日には全く無頓着。

一体この「母の日」とか「父の日」とかって、いつ頃から始まったのでしょうか。

 

ウィキペディアによれば、「母の日」の起源は20世紀初頭のアメリカのようです。

ja.m.wikipedia.org

日本古来からの行事と違うしね。

今ひとつ乗り気になれませんでした。

 

私が子供の頃にも「母の日はカーネーション」とか言われていましたが、実家では気に留めていませんでした。

「1日だけ感謝されてもね…。」

おママがそんな事を言っていた記憶がありますもの。

私は結婚しても、義母クレバーに花も送らない薄情な嫁でした。

私がこんな調子ですから、我が家では「母の日」は何もありません。

 

 

 しかし、親が高齢になってきたからでしょうか。

 

昨年あたりから「母の日」「父の日」「敬老の日」あたりが気になりはじめました。

 

祝うとか感謝というより、

スーパーの袋菓子より良さげなお菓子を囲んで、一緒に和む時間を大事にしたいのです。

やっぱり❗️食い気か⁉️

と突っ込まれそうですね。(^◇^;)

まだ両親がお菓子を美味しく食べられるなら、良いかなと思います…。

 

あんぱん買ったよ

「 ジジはあんぱんが好きだと言っていたし、

おママも昔は銀座の木村屋であんぱんや切りあんを買っていたっけ…。」

 

ちなみにおママの好物だった(↓)「切りあん」というのはこんなお菓子です。

www.kimuraya-sohonten.co.jp

それで、実家へ行く前に新宿のデパートに寄って、木村屋のあんぱんを買いました。

私からすると、こちらのあんぱんは和菓子と同じ感覚です。

 

 昨日の午後のおやつは美味しゅうございました。

 

私はいつもあんぱんをコーヒーで頂きます。

ジジとおママもインスタントコーヒーを薄く淹れてブラックで飲みます。

二人は定番のこし餡が美味しい「桜」で、オネコさんは「クリームパン」。

私の選んだ「宇治ほうじ茶」は季節限定のあんぱんです。白餡にほうじ茶のエキスが練り込まれ、ほんのり香ばしくて美味でした。

f:id:harienikki:20210511105058j:plain

喜んで食べてくれているジジとおママの様子を見て、

1日遅れになりましたが、やはり良かったなと思いました。

 

私にとって、「母の日」は親とちょっと贅沢なお菓子を食べる日のようです。

来月の「父の日」もこのパターンでいこうかな。v(^O^)v

 

www.kimuraya-sohonten.co.jp

 

 本日アップの貼り絵

「お題方式の貼り絵」です。

「お題」はこちらです。(↓)20年くらい前におママが購入した紙。

不思議な染色紙です。

どうもクセが強くて不気味な感じがしていたから、これまで私は敬遠してきました。

おママも使った形跡がなくB3(364×515㎜)くらいの大きさで1枚丸ごと残っておりました。経年劣化でしょうか。紙自体が脆くなっており、丸い模様に沿って裂けやすくなっていました。

折角、おママが認知症になる前に買った紙です。1度くらいは使ってみたほうが良いかなと思いました。

f:id:harienikki:20210511100334j:plain

 

*「お題方式の貼り絵」と「お題パック 」について

一昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それで、あらかじめ私が「お題」と称して何種類かの紙を用意することが多くなりました。その他に組み合わせする紙片をおママに選んでもらってから、切り貼りを楽しんでもらうようになりました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 私が実家に行かない時でもおママが貼り絵に取り組みやすいように、「お題」と台紙にするハガキをチャック付きのビニール袋に入れておく。これが「お題パック」です。

 

f:id:harienikki:20210511101926j:plain

白い方をどう切るか思案中。(↑)

 

<制作動画>

2021年


www.youtube.com

3月29日 15:44〜

おママは黄色い紙を切り始めました。紙が弱くなっている部分にハサミの刃れば、切る気がなくても模様に沿って切れ目が入りました。だから、おママが意図しないような、不思議な形が切れていきます。

 

偶然の産物のように、思わぬ形が出現しておママも面白いようです。(↓)

f:id:harienikki:20210511102611j:plain

(↓)ほぼ、2枚分が切れました。

f:id:harienikki:20210511102809j:plain

 

(↓)1枚目は、ほぼハガキの上に載せただけです。それでも面白い❗️

この紙が持っているエネルギーのようなものを感じます。

f:id:harienikki:20210511103047j:plain

 

(↓)他に合わせる紙を選んでいたら、花柄の薄いナプキンが出てきました。

この手の紙は切りにくいし貼りにくいのですが、あえてやってみるようです。

f:id:harienikki:20210511103307j:plain

f:id:harienikki:20210511103330j:plain

「いいかしらね。」「いいと思いますよ。」

何に見えるかは見る人ごとに異なると思います。

1番上の貼り絵は、私からすると「女の人と花」ですが、おママ自身は全くそういう具象的なイメージはないようです。

皆さま、何に見えるでしょうか?(^O^)

 

おママの貼り絵を見て下さり,ありがとうございます。

誰かが食卓でねむってる

f:id:harienikki:20210508125137j:plain

(2021年3月22日 アルツハイマー認知症の診断から約14年1ヶ月)

 

怒られた (°_°)

最近の私、おママに怒られる事が多いです。

以前からずっとそうなのですが、昼食後に私はどうしても眠くなります。(^◇^;)

食器洗いなどを済ませて、ダイニングテーブルでコーヒーなど飲みながら、自然とうつらうつらとするのは常なる事。

ジジとおママも短時間ですがしっかり船を漕いでいます。 

夜更かしの私ですから、二人より、若干その時間が長いかもしれません。

 

「ちょっとあなた、おきてください。そんなことはよくありません。」

と、おママからご注意を受ける事が続いていたのですが、昨日は少々様子が違っておりました。

 

5月7日金曜日

例の如く、私がダイニングテーブルに頭をうつ伏せて眠っておりますと、だんだんおママの気配を感じるようになりました。

「ちょっと、こまるわ。なんなのかしら。しかたないわね。」

(何か困りごとでもあるのかしらね…。)

おママは階段を降りて、ジジが居る一階へ行ったようです。

(やれやれ…。)

私は又睡魔に襲われました。

ところが、おママは直ぐに2階に舞い戻ってきたのです。そして言いました。

「あなた❗️そんなことをしていたらいけません。下へ来てください。あの方はもう下でお待ちですから、あなたも来てください。」

「ふへぇ…?」

誰か来る予定があったかな?

ケアマネさんが見える時期ではないし…。

寝ぼけ声をあげていると、おママは怒り出しました。

「もう。やめてください。なんで、あなたはそんなことをしているんですか?

下では皆さん揃ってお待ちなんですよ。いいかげんにして下さい!」

 

f:id:harienikki:20200128114316j:plain

階下にいるのはジジ一人。「皆さん」と言っても、ジジ一人です。

(なんてこった、せん妄が起きているのか?)

これでは私も気が動転しました。

「はい。すぐに行きます。」

「そうよ、早くそうして下さい❗️」

強くて鋭い語気を背中に感じ、私はすぐに立ち上がって、点けっぱなしだったテレビを消そうとしたら、目が回りました。そしてしゃがみ込んでしまったのです。

「ちょっと、なんなんですか?早くして下さい。もうそんなことはやめて下さい❗️」

 

情け容赦もなく非難を浴びせられ、私もほとほと困惑しました。

「下へ一緒に行こうと思って、立ち上がったら目が回ったんですよ。」

「なんなんですか。よく分からないわ。」

「だから、具合が悪いので、ちょっと待って下さい。」

「もう、ほんとうに、なんなのかしら。

そんなら、もう、あなたなんか、いいです❗️

知りませんから❗️」

そう捨て台詞を吐いて、おママは階下へ行ってしまいました。

それから間もなく、

「なんだか分からないけど、こまるのよ。あなた、どうにかしてよ。」

と、おママはジジを2階に連れてきました。

ジジ、すまない…。1階で一人で和んでいたのに…。

しかも心配まで掛けてしまった。(°_°)

「大丈夫?どうしたの?」

「下へ来なさいと言われて、急に立とうとしたら、立ちくらみがしただけなのよ。」

ジジが2階に来て、私が起きたら、おママのご機嫌は治りましたわ。(°▽°)

 

おママからはどう見えているのだろう

このおママの行動について考えてみると、いくつか成る程と思う事があります。

 

まずは、ジジを追いかけて、自分も1階へ行きたい。

しかし、よく分からない人物が2階で寝ているから、そのままにして置けない。

でも、ジジの居るところへ行きたい。

この得体の知れないモノも階下に連れて行かねばならぬ。

おママの思いとしては、これに尽きるでしょう。

 

おママはもう何年も前から、私の事を家族とか娘とは思っていません。

親切に来てくれるくれるオバさんかしら。

私が起きている時はフレンドリーに接してくれますが、居眠りをしていると、途端に冷淡かつ攻撃的になります。

これはおママの目には、起きている私と眠っている私、は別人に見えるのかも知れません。

 

おママは1分とたたずに記憶を失くします。

私が居眠りをしている状態を目撃した時には、すでにおママは私と話をしたり、一緒にご飯を食べた記憶はないし、動いている私が家にいる事を忘れているでしょう。

 

そうなると、突然、自分の家に得体の知れない者がいる❗️

しかも、誰かが食卓で眠っている❗️

おママがどんなに意見をしても、その人物はフガフガと訳のわからない事を言っている。

これはおママにとってはホラー級に怖いかも知れません。

 

おママさん…。

眠っている私は怪物ですか? 見知らぬ不審者でしょうか?

とにかく、

私は実家で居眠りをしないように、頑張りたいと思います。ZZZZZZZZZZZ

 

 

全然、記事とは何ら関係性はありませんが、大好きだったRCサクセションのこの歌が、最近、私の頭の中でリピート再生されて困っています。

www.uta-net.com

 

f:id:harienikki:20210508174512j:plain

          「なんか、へんなものが、ねむってる…。」

 

本日アップの貼り絵

 3月22日の昼ごろ、昼食の用意の合間におママの様子を見に行きました。

すると、手持ちの紙を出して、おママは貼り絵を始めていました。

「お題パック」の残りを寄せ集めて、組み合わせているようです。

f:id:harienikki:20210508125319j:plain

「これでいいわね」

おママに迷いはありません。

f:id:harienikki:20210508125338j:plain

綺麗になりそうですね。

f:id:harienikki:20210508125400j:plain

その後、私は又、昼食準備に戻りました。

糊つけの最中におママは構成を見直したようです。

以前おママお気に入りのティーパックがほんの少しだけ顔を見せています。(^O^)

f:id:harienikki:20200120224406j:plain

 

おまけ オネコさんのバラ

 今年もオネコさんが実家で育てているバラが綺麗に咲きました❣️

是非、ご覧くださいませ。(^。^)

f:id:harienikki:20210508125416j:plain

 

f:id:harienikki:20210508125430j:plain

 

f:id:harienikki:20210508125506j:plain

 

f:id:harienikki:20210508125521j:plain

 

おママの貼り絵を見てくださり、有難うございます。

終わっちまったゴールデンウィーク❗️

f:id:harienikki:20210506103300j:plain

(2021年3月5日 アルツハイマー認知症の診断から約14年1ヶ月)

 

粛々と過ごしました

皆様、ゴールデンウィークは如何お過ごしでしたか?

私は祝祭日に関係なく月曜日と金曜日に実家へ行きますから、大型連休の実感もなく終わってしまいました。

緊急事態宣言下の東京。天気も落ち着かなかったし、

あれよあれよと過ぎ去ったゴールデンウィーク❗️

それでも、幸いジジとおママは元気です。ありがたいことです。

 

ふと、忘備録的に私のゴールデンウィークあれこれ」を書いておこうと、思い立ちました。

 

その① 花の色はうつりにけり

実家には猫の額ほどの庭があります。

ゴールデンウィーク前に躑躅が満開になり、おママは縁側から

「きれいよ、ほら,ほら,見てぇ〜」

と歓声を上げていました。私もちょっと嬉しくなって、パチリ。シャッターを切りました。

暫く庭を彩っていたのですが、ゴールデンウィークの後半5月3日には落ち始めたのです。

躑躅の花が落ちて、はかないね…。」

ジジはがっかりしていました。花の命は短いの…。季節はどんどん移ろうものです。

f:id:harienikki:20210506104606j:plain

 

その② 楽しみだ❗️

4月30日に新型iPad Pro12.9インチを予約しました!

 

現在使っている2015年モデルは、私の酷使によく耐えていますが、充電がすぐ切れるようになりました。これも12.9インチです。

私は散々「デカイ❗️重い❗️」と不平不満を言っていましたが、なんのことはない。新しくなっても又「デカイ❗️重い❗️」のです。

いざ買うとなると、大きいのが欲しくなるこの習性。なんとかしたいです。

 

今年あたり買い替え時だと思い、残しておいた昨年の定額給付金と、溜まりに溜まったヨドバシポイントを全投入。それでも大きな買い物ですから、ネット予約の時はポチする指が若干震えましたわ。

 

iPad Proの性能が良くなったって、文章や絵が上達するものではないのですが…。(^◇^;)

 

今月末に届く予定らしい。早く手にしたいです。

現在のiPad Proはパソコンに繋いで液タブ化しようと計画中です。\(^O^)/

 

その③ 肉体労働

自宅自室の障子の張り替えをしました。

2月の引越しで義母クレバァが残してくれた家に移り住んだ私。

齢55歳で初めて完全なる個室を手に入れることができました。

ダンナのお祖母さんが最晩年を過ごした和室です。20年前から障子の張り替えは行われてなかったと見え、全体的に黄ばんで5箇所ほど破れておりました。

 

障子の張り替えと言えば、子供の頃におママがやったのを手伝ったきりかもしれません。

なにせ経験不足で悪戦苦闘しました。しかも私はひ弱(⁉️)で腰痛持ちですから、2日に分けて行いました。

 

まずは古い紙を障子から剥がすのが一仕事です。棧に貼り付いた障子紙は刷毛で水をつけて湿らせれば浮いてくるのですが、それを綺麗に拭き取って乾かすだけで腰が悲鳴を上げました。これだけで第1日目が終了。

2日目は障子の棧の大きさに合わせて障子紙をカットするところからです。

28センチ幅のロールの障子紙を買ったのですが、我が家の棧のひとマスの高さは26センチと約24センチ。

その上、私は更に3色を入れようと小津和紙で大きな色和紙を買っていたので、紙の裁断が多くなりました。

その後,寝かした障子に一気に貼りました。ちなみに、糊はホームセンターで買った障子紙用です。

私は根が不器用なので、ぶわぶわ状態です。(^◇^;)

乾いても完全にピンとはなりませんでした。(T_T)

 

今回よーくわかりました。

障子の張り替えというのは、貼る前の剥がしたり紙を大きさに合わせて切ったりと、準備がとても大変だという事が…。

小津和紙の店員さんによると、色紙は陽に当たるとすぐに退色して黄ばむそうです。

恐らく数年後には張り替えることになると思います。

その時はもう少し上手に出来ると信じたいです。

 

それで、仕上がりはこんな感じ。(↓)

絶対に拡大して見ないで下さいませ。

ぶわぶわが露見しますから。(^O^)

因みに1マスの中で2色になっている箇所がありますが、これはデザインとかではありません。

単純に私が大きな色和紙から切り出す枚数を間違えて、端切れを繋いで応急処置をしただけです。(°_°)

この点でも私はリベンジを誓っております。

f:id:harienikki:20210506104644j:plain

 

その④ アズキに驚愕❗️

娘のアズキの髪を見て、流石に私も開いた口が塞がりませんでしたわ。

(あなた…3月末に、ダブルブリーチして深いピンク色にしてましたけど)

f:id:harienikki:20210506154505j:plain

丸1ヶ月経過して、あのピンク髪も色が抜けて、何とも締まりのない薄いオレンジ系の色になってしまいました。

どうするかと思えば…、今は便利なシャンプーがあります。

洗いながら色を補えるんですって❗️(^O^)

 

それで、風呂上がりのアズキを見たら、

紫です❗️赤紫ではなく青の方に寄った紫なのです。

アニメのキャラにいそうな雰囲気で、今彼女がハマっているゲームの「ウマ娘」にも紫髪の娘がいるそうな…。

おいおい…いくらリモートと言ってもね。

紫ですか…。(°_°)

アズキの彼氏も別に引いたりしなかったみたいだし、

「これが若さというものか…。」

まぁいいか…。(^◇^;) こんな感じです(↓)

f:id:harienikki:20210506104629j:plain

こうして書き出して見ますと、

淡々と粛々と過ごしたはずのゴールデンウィークですが、

結構、色々ありましたわ…。(^◇^;)

 

本日アップの貼り絵

3月5日の昼ごろ、私が実家へ行ってみると、おママが貼り絵をしていました。

「あら、素敵じゃないですか❗️」(↓)

f:id:harienikki:20210506103319j:plain

中央の三角形は写真です。

(↓)こちらの旅行会社のパンフレットから切り抜きました。

f:id:harienikki:20210412005340j:plain

恐らく、おママはこの「お題パック」をバラしたのでしょう。(^O^)

f:id:harienikki:20210506155742j:plain

(↓)下の写真はテーブルの上にあります。ワインを醸造している蔵の写真かしら…。

f:id:harienikki:20210504163932j:plain

1番上の完成写真を見ていただきますと、中央の三角形に破れた傷がある事に、お気づきかも知れません。これはおママが悩んで貼って剥がしてを繰り返した結果でございます。

似たようなことをすぐ下の細いピースでもやらかしておりました。

私は動画でしっかり、その証拠を残しておきました。(^O^)v

 

<おママの貼り絵制作動画>2021年3月5日 12:23〜


www.youtube.com

(↓)こちらは小津和紙で購入した千代紙です。

f:id:harienikki:20210506104139j:plain

 

f:id:harienikki:20210506104532j:plain

www.ozuwashi.net

 

おママの貼り絵を見て下さり,ありがとうございます。

長い旅路

f:id:harienikki:20210412005022j:plain

(2021年2月21日 アルツハイマー認知症の診断から約14年)

harienikki.hatenablog.com

 5月4日16時半ごろに新記事を投稿しましたが、投稿日時が2021年4月12日になってしまいました。改めて投稿しなおします。星をくださった方、申し訳ございませんでした。

気の毒なジジ

この季節、天候が落ち着きません。

今年のゴールデンウィーク、東京の天気は晴れが今日まで。明日から崩れやすいとか。

ちょっとの外出でも油断ができませんね。

 

昨日(2021,5月3日)に実家へ行くと、私の顔を見てジジが何やら言いたいようです。

 

「昨日、糊がなくなったので、コンビニに2人で行ったんだよ。」

貼り絵に使う糊です。

幸いなこと、実家から真っ直ぐに100mほど歩くと、大きなコンビニがあります。

最近、2人だけで駅前に行くのが大変になってきたので、そこで買い物を済ます事が多いとか。

「日曜日は急に雨が降ったでしょ。

買い物を済ませて、店を出たら、ポツポツ雨が降ってきてさ。」

往きは良い良い、帰りは怖いですね。(°▽°)

ジジは足弱でシルバーカーがないと外歩きは辛いのです。もちろん走れんません。

それで二人とも近場の外出なので傘を持っていません。

持っていても、シルバーカーを押すジジには傘を差すのは不可能。

「あら気の毒。それでどうしたの?」

 

なんと、おママったら❗️

 

「あなた❗️そんなに遅くちゃダメじゃないの❗️」

とジジを急かし、急ぐことができないジジに業を煮やして言い放ったらしい。

「そんなら、私は先に行くから❗️」

ジジが「えっ」と思った瞬間に、

おママは買ったお菓子や糊の入ったシルバカーをジジから奪って、

ガーーーーーっと押しながら一目散で家まで走ったのです。

おそらく、急に雨が降り出してパニックになったのでしょう。(°_°)

 

気の毒なジジは頼りのシルバーカーもなく、雨の中一人でとぼとぼ歩いて帰ったそうです。

でも、おママは鍵を持っていません。流石にジジが心配になったのか、家の手前の角でジジをじっと待っていたようです。

だから、おママさんは走っても、ジジと同じ時間、雨に濡れてしまいましたとさ。

 

f:id:harienikki:20210504164003j:plain

 

この話を聞いて、私は思いました。

まず、ジジが雨の中で転ばなくて良かった。

途中に1箇所だけ信号のない交差点があるのですが、走るおママが車に跳ねられなくてよかったです。

急にシルバーカーを押して暴走する老婆に飛び出されようものなら、大概のドライバーは絶対に避けられません。そんな事になったらお互い悲しいですもの。(T_T)

 

今回はおママも慌てたのだと思うけど、いつもは(↓)こんな感じで労りあっています。

 長い旅路の終盤を二人で健やかに過ごしてもらいたいものです。(^_^)

f:id:harienikki:20210412005106j:plain

 

 本日アップの貼り絵

「お題パック」による貼り絵です。

2月の後半、私が半月実家へ行かれなかった頃の作品です。

 

harienikki.hatenablog.com

 

作り溜めた「お題パック」の中で、(↓)これらを混ぜこぜに使ったようです。

 

f:id:harienikki:20210412005052j:plain

*「お題方式の貼り絵」と「お題パック 」について

一昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それで、あらかじめ私が「お題」と称して何種類かの紙を用意することが多くなりました。その他に組み合わせする紙片をおママに選んでもらってから、切り貼りを楽しんでもらうようになりました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 私が実家に行かない時でもおママが貼り絵に取り組みやすいように、「お題」と台紙にするハガキをチャック付きのビニール袋に入れておく。これが「お題パック」です。

 

 「お題パック」作りにはおママも参加しました。(↓)

f:id:harienikki:20210504163932j:plain

 船の写真は旅行会社のパンフレットから切り抜きました。

f:id:harienikki:20210412005340j:plain

 

f:id:harienikki:20210412005428j:plain

 

 この貼り絵をみると、とても楽しそうな船旅になったようです。

  

おママの貼り絵を見て下さり ありがとうございます。

月末企画❗️今月のイチ押し‼️(2021年4月版)仕上げは上々

f:id:harienikki:20210430235503j:plain

(2021年4月26日 アルツハイマー認知症の診断から約14年2ヶ月)

 

 東京に3度目の緊急事態宣言が発令されて1週間が経とうとしています。

昨夜は所用があり、実家の帰りに銀座に寄りました。

金曜の夜としては人手が少なかったと思います。

皆んな、そそくさと家路を急いでいるような感じ。

これ以上の感染拡大がありませんように。

 

今月のイチ押し‼️とは

5月に入ってしまいましたが、当ブログはまだ4月です。( ^ω^ )

このシリーズはその月におママが制作した貼り絵の中で、私やオネコが1番気に入った(面白いと思った)作品をご紹介するものです。

「月末企画❗️今月のイチ押し‼️」というカテゴリーがあるので、もし、ご興味があれば、他の月の「イチ押し」もご覧下さいませ。m(_ _)m

 

毎月、オネコと私が「今月のイチ押し‼️」を選ぶ判断基準は⬇️こんな感じです。

 

①綺麗もしくは興味深い作品。

②制作エピソードがある。

③制作途中の写真があれば尚良し。

④おママの独自性が強い作品 

 

2021年4月版の「今月のイチ押し」はどうでしょうか?

①〜③に当てはまるような気がします。

 

 4月30日の段階で、おママは今月30枚の貼り絵を制作しました。

しかし、平均すると1日1枚のペースです。

おママ、よく頑張りました。

  

最近のおママの貼り絵は比較的大きなピースを組み合わせた大胆な作品が多くなりました。これは今年に入って顕著になったと思います。

 

4月もその傾向にあります。

 切ってから貼る。

この工程がおママには難しくなってきたように感じます。

それでも、切ってある紙片を配置するのは楽しいようです。

 

私がいる時に、一緒に広告や千代紙を切る作業をし、それを元に「お題パック」を作る。私が実家に居ない時に、おママの気分が乗れば「お題パック」を使ってもらう。

 

そんな方向で続けていけたら良いなぁと思います。

 

これいいわね

今週の月曜日、昼過ぎに私は祖父に頼まれて銀行に行きました。

実家に戻ってみると、おママが楽しそうに笑っていました。

私が千代紙や包装紙を入れているクリアファイルから1枚出して

「これいいわね、これ好きよ」

とひらひら振っていたのです。

おおっ!

おママがそんなに興味を持ったのなら、それを「お題」にしちゃえ❗️

v(^○^)v

だから一応「お題方式の貼り絵」です。

 

おママがひらひら振って喜んでいたのは(↓)こちらの写真で、ハガキの上にドカンと乗っている菱形です。端1列は切っていますが、それでも大きいですね。(^○^)

 

黒地にカラフルな円形が規則的に並んでいます。

これは昨年11月に国立劇場でもらってきた『日本博』のチラシです。

綺麗で何枚か貼り絵に使っていましたが、ご紹介するのは初めてだと思います。

「あら、まだ大きくない?」

「いいのよ。これでいいじゃない。」

とは言いつつ、おママはもう1列切り離していました。

 

f:id:harienikki:20210501004754j:plain

 

 

japanculturalexpo.bunka.go.jp

 (↓)チラシの裏

f:id:harienikki:20210501002827j:plain

 

 そして、最近、私はおママが20年以上前に購入した包装紙を見つけました。

(↓)これです。

f:id:harienikki:20210501011517j:plain

ちょっと、オシャレでしょう。

元々、おママが気に入って買った紙。今も見ればお気に入りのようです。 

 

記憶がなくなると創作活動は困難になる

<制作動画>


www.youtube.com

2021年4月26日 15:20〜

スッキリとして、しかも綺麗なこの作品。

しかし、制作途中といえば、見守る私はハラハラの連続でした。

 

決して細かいデザインではありません。

それでも、端の三角形を貼る時、便宜上中央の菱形が ハガキの外に出てしまったら、

もう、自力では戻すことはできません。

確信を持って自分で考えたデザインでも、すぐに忘れてしまうのです。

私が軌道修正のための声かけをして、ようやくおママは帰還できました。

そして、菱形の上に残っていた三角は偶然的に載っていたのをそのまま採用しています。

 

今まで手漉き和紙の風情が素敵な「耳付き」を使用してきました。でも、ハガキの四辺が直線でないので、おママが悩むシーンもありました。次回からは規格にカットされたカットされた和紙ハガキにしようかなと思っております。

 

やはり、中央の三角が効いていますね。(↓)

f:id:harienikki:20210501004824j:plain

実に清々しい作品になりました。

記憶保持時間とのせめぎ合いでハラハラしましたが 、

結果として、仕上げは上々のこの貼り絵を

今月(4月)のイチ押しに決定‼️

👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏

 

おまけというのもなんですが、おママが一緒に仕上げたもう一枚はこんな感じになりました。(^○^)v

f:id:harienikki:20210501162442j:plain

(2021年4月26日 アルツハイマー認知症の診断から約14年2ヶ月)

 

関連作品

実は、おママは昨年12月も似たような構成の貼り絵を制作していました。 

f:id:harienikki:20210430235824j:plain

(2020年12月4日アルツハイマー認知症の診断から約13年10ヶ月)

 

f:id:harienikki:20210501003516j:plain

 

<制作動画>


www.youtube.com

2020年12月4日 15:11〜

同じ形をもう1枚切り抜きたいおママ。迷いながらも一生懸命でした。

f:id:harienikki:20210501003541j:plain


 *「お題方式の貼り絵」と「お題パック 」について

一昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それで、あらかじめ私が「お題」と称して何種類かの紙を用意することが多くなりました。その他に組み合わせする紙片をおママに選んでもらってから、切り貼りを楽しんでもらうようになりました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 私が実家に行かない時でもおママが貼り絵に取り組みやすいように、「お題」と台紙にするハガキをチャック付きのビニール袋に入れておく。これが「お題パック」です。

 

harienikki.hatenablog.com

 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

ワクチン接種予約

f:id:harienikki:20210429113050j:plain

(2021年3月13日 アルツハイマー認知症の診断から約14年1ヶ月)

 

 今回は全部愚痴です。自治体によって全く状況は異なると思います。

でも、いずれ高齢者以外の国民の多くがワクチン接種を申し込むことになるはず。

こんな状態で,皆んなワクチンを打てるのだろうか?

接種率がアップするんだろうか?

 

あえて初日に予約する理由

 ジジとおママの住む自治体では、昨日から75歳以上の高齢者のワクチン接種予約が開始されました。

都内のどこの自治体かは申しませんが、今回の対象者(約10万人)が2度接種できるワクチンが確保されているという…。これはとても恵まれた状況だと思います。

 

だから、慌てなくても良いのかも知れない。

 でも、やはり予約開始日に取る事にしました。

その理由はいくつかあります。

 

実家の自治体では接種会場は15箇所以上あります。

しかし、ジジとおママは足弱と認知症。だから、接種会場が幾つもあっても、行かれる可能性のある所は最寄りの1箇所しかありません。

 

そして出来れば二人とも同じ日、同じ時間帯に予約を取りたい。

なのに、予約は一人ずつ個々に取らなければならない。

 

しかも、実家の自治体はワクチン接種の1回目と2回目(3週間以上後)を一緒にセットで予約しなくてはなりません。2回目も同じ希望の会場にしたいし、日時も決めておく必要があります。この予約がうまく取れるだろうか?

 

高齢者は一人では行かれない方も多いでしょう。誰かに付き添ってもらうとしたら、その人の都合も考えると、接種できる日にちは限られてきます。私とオネコは付き添う予定です。

 

出来れば早めに接種したいし、させたい。

 

そんな事情もあり、混乱が予想されましたが、

予約開始日に挑戦する事にしました。

 

郵送されたワクチン接種券にはネット予約の説明書が添付されていましたが、オネコと私が読んでも「なんか難しそう」「意外と面倒くさそう」な感じでした。

 

案の定です

開始は午前8時30分。

オネコさんが自宅で2人分のネット予約に取り掛かりました。

パソコンを開いてスタート。

8時38分

「やはりダメだわ、ログイン、施設選択まではすすんだが、そのあと進まない。サイトが混み合っているからあとで再度やれと…。」

とのLINEが来ました。

それからずっと、オネコさんは最初のログインからやり直したり、ブラウザの更新(リロード)を繰り返したりの連続でした。

 

私はちょいと体調が悪く寝坊をしていたの。オネコさんごめんなさい。

それで、私も自宅から参戦し始めたのが10時過ぎになりました。

担当はおママの分です。

 

やってみると、受付サイトからログインまでたどり着くのに何度もクリックして画面を開かなければならず、その度に「ただいまWEBサイトへのアクセスが大変混み合っています。お手数ですが、しばらく経ってからブラウザの更新(リロード)をお試しください」の画面になってしまいます。

 

とにかくログインまで行かれませんでした。(°_°)

 

そんな状態なのに、初期PWを新たに更新させられ、それをしないと予約に進めないのです。

新パスワードを入力して進もうとすると(↓)この画面になってしまいます。(°_°)

f:id:harienikki:20210429113700j:plain

これはパソコンでやってもスマホでやっても同じでした。

「ただでも繋がりにくくなると分かっているだろうに❗️

パスワードなんて更新させるな❗️」

私はお上品ですから、こんな言葉は滅多に口にしませんが、

「くそ!くそ!糞❗️クソッタレーーーー❗️」

と叫んでしまいましたわ。(^◇^;)

 

二人がかりで相談しながらネットに向き合いましたが、ログインもままならない状態になったので、午前中は諦めました。(°_°)

 

オネコさんは昼過ぎに電話予約も試みてくれましたが、何度掛けても繋がらなかったそうです。

 

私は昼ごはんを食べながら、他の人達がどうなのか気になって、Twitterで調べてみました。

案の定、

同じ自治体の予約を試みている大勢の方々が「繋がらない」と呟いておられました。

その中に、

「しばらく経ってからリロードを試みるのではなく、リロード(リロードアイコン)を20回から30回くらい連打していると繋がる」

という呟きを見つけ、早速私もリロード連打を試みました。

 

確かにしつこくリロードをしたら、画面を進めることができるようになりました。

そして、おママのPWを更新するまではできました。

その時、13時55分。

オネコさんが始めてから既に5時間以上経過しているではないか。

まだ、一人分の1回目の予約すらできていませんでした。

 

リロード地獄の後

 リロード!リロード!リロード!リロード!リロードぉっ❗️」

私はログインできても先に進みません。

 

オネコの方は幾分アクセスが良くて、これまでも会場選択画面を開けたのですが、それは新たに開いた小さな windowです。

リロードしたくともリロードアイコンがないので、そこからなかなか進めませんでした。

 

ふと、オネコさんは「コントロールキー」と「R」でリロードできる事に気がつきました。(F5キーを連打した人もいるようです)

 

そして漸く、ジジ1回目の予約終了まで漕ぎ着けました。

しかし、その瞬間に「エラー」表示が出て、絶望の淵に突き落とされたのです。

Twitter情報では、

こんな時には連絡先に登録したメールアドレスに「予約確認メール」が着信してたケースもあるようです。

はたして、オネコのメルアドにも「予約確認メール」がきていました。やったぁ❗️

14:10にようやく最初のミッションが完了したのです。

(^O^)

それから先、オネコのパソコンはリロードしながらも進み始め、

14:45までには2人2回分の予約が完了しました。

1回目は5月下旬、2回目は6月中旬です。

オネコさんが奮闘してくれたおかげです。ありがとう。m(_ _)m

 

日本国中で

こんなに大変なのは実家の自治体だけなのでしょうか。

人口が多くて高齢者が多いから、特別に大混乱だったのでしょうか。

これでも役所は必死で対応しているのだと思います。

それに何より、対象者の分のワクチンを確保してくれたのは、本当にありがたい事だし,感謝しています。

 

でもさ…。 

高齢の方が自分でこのネット予約をするのはまず無理でしょう。(°_°)

それなのに、電話だって繋がらなかったら…。(°_°)

代行してくれる人がいなかったら、心が折れますよね。(涙)

 

今回のワクチン接種から取り残されてしまう高齢者がでてくるのではないかと、私は心底心配になりました。

ご家族、ご親族、友人、知人で、予約に困っている方がいたら、ぜひ、手伝ってあげて下さいませ。m(_ _)m

 

予約開始日はアクセスが集中しやすいです。

だから、ゆっくりやったほうがいいのでしょう。

 

しかし、誰だっていろいろな事情を抱えながら、なるべく早く接種したい、すぐにでも親にワクチンを打ってもらいたいと思うもの。

 

「ネットも電話も繋がらない❗️」

「耳が悪いから電話は無理。でも、ネット予約は自分ではできない❗️」

「親の代わりに仕事休んでネット予約しているのに、繋がらないじゃないの❗️」

 

日本国中で、そんな呟きで溢れかえっているのではないかしら…。(T_T)

 

f:id:harienikki:20210429172546j:plain

 

本日アップの貼り絵

制作日は3月13日 火曜日です。私が居ない日におママが「お題パック」を使って制作しました。(↓)こちらです。

f:id:harienikki:20210429120051j:plain

*「お題方式の貼り絵」と「お題パック 」について

一昨年の夏ぐらいから、おママは貼り絵に使う紙を自分で1から探して選ぶ事が難しくなってきました。それで、あらかじめ私が「お題」と称して何種類かの紙を用意することが多くなりました。その他に組み合わせする紙片をおママに選んでもらってから、切り貼りを楽しんでもらうようになりました。私はこれを「お題方式の貼り絵」と呼んでいます。

 私が実家に行かない時でもおママが貼り絵に取り組みやすいように、「お題」と台紙にするハガキをチャック付きのビニール袋に入れておく。これが「お題パック」です。

 

実はこの前日におママは(↓)こちらの作品を制作していました。

harienikki.hatenablog.com 

f:id:harienikki:20210330100216j:plain

 シュガーバターの木の包装紙です。

おママはお題のメインになるピースを一生懸命切ってくれました。

f:id:harienikki:20210429121401j:plain

<制作動画>

2021年3月12日 15:52〜。

一生懸命、ハサミでヘーゼルナッツを切り抜いています。

本当にこのような作業はれからも取り組んでほしいと思いました。


www.youtube.com

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

 

www.sugarbuttertree.jp