アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

月末企画❗️今月のイチ押し‼️(2018年3月版)

f:id:harienikki:20180331211007j:plain

(2018年3月2日  アルツハイマー認知症の診断から約11年1ヶ月)

 

遂に月末企画の日になりました。

しかし‼️  (@_@)  日付が変わったではないか…。既に4月になっているではないか❗️

鈍臭い私。

 

昨日アップした「迫力の1枚」を凌駕して、「今月のイチ押し‼️」になったのは  ⬆️ こちらです。この貼り絵にはストーリーがありますから。

 

懐かしいね

  この3月2日の午後、おママは退屈していました。最近目新しい紙を見出せないようです。

何かいいものないかな?

私はおママと一緒に部屋の隅の壁に立てかけてあるカルトンを物色してみました。

カルトン→デッサンする時に下敷きの画板として使う物。2枚の厚い紙で出来ているので実家では紙挟みとして使っています。)

すると、出てくる出てくる…。

昔、買い求めた外国のマーブル紙、お気に入りの千代紙、そして四半世紀以上前におママが自分で染めた紙の束。

  

⬇️はマーブリングや墨流し染の失敗作です。

どうしてこれが失敗作と分かるのかと言えば、当時まだ結婚前の私が帰宅すると、

「失敗したのよ〜」

と見せてくれましたから。失敗作にはおママなりの理由があったようです。

でも、おママは失敗作も全部取っておいたのですね。捨てる気にはなれなかったのでしょう。

 

その中に異色の染色紙がありました。何という染色方法だったのでしょうか?その時おママに聞いた気がしますが忘れてしまいました。グリーンとブラウンが混在している不思議なグラデーションです。

f:id:harienikki:20180331211534j:plain

懐かしい。時を超えてまた巡り会えたような気がしました。

「おママ、これって何で染めたんだっけ?アクリル絵の具?油絵の具?」

油滲みを利用したものでしょうか?当時、テレピン油の匂いがしていた記憶があります。でも、おママは小首を傾げるばかりで、自分で染めた認識もないようです。

(懐かしいのは私だけ?)

ちょっと寂しいです。でも、私があまりに懐かしがるから、おママも気になったようです。2つに切って、半分は私に呉れるんですって。

ありがとう!

f:id:harienikki:20180331211732j:plain

 

なんかやってみましょうか?

せっかく紙挟みから再発見したのです。

「模様を切り抜いてみたらいかがでしょう。」

おママは紙遊びは好きですもの。

f:id:harienikki:20180331211925j:plain

「あら、最近は切ったりしないから出来ないのよ…」

なんて言いながら、ハサミを持つと切りたくなるおママでありました。

植物模様をチョキチョキチョキ。

そして次にグリーン系の染色紙を手に取り、

「これ使ってみようかしら?」

そう言うなり、早速貼り絵に取りかかりました。

 

   端っこを細長く帯状に切り離してみると、おママは葉っぱのイメージが湧いて来たようです。

 

私が最初に見た時、末広がりに放射状となった配置とパーツの色合いが絶妙で驚きました。あまりに綺麗なので、

「お母さん!そのまま、そのまま貼ったら❗️」

と言い含めて、他の部屋に置き忘れたスマホを取りに行きました。しかし、戻ってくると、かなり配置がずれて変化していました。

(あー、さっきの方が良かったのに…。残念。)

f:id:harienikki:20180331213052j:plain

 

f:id:harienikki:20180331213941j:plain

 

おママはどんどん構成を変えてしまいます。

写真に撮れなかった最初の構成には及ばなくても、これはこれで結構綺麗ですね。

しかし、放っておくと歯止めが効きません。何でもかんでも盛り込もうとしてします。

「この染色紙だけでも良いではありませんか?ゴチャゴチャしないほうがいいですよ。」

ブラウンからグリーンへ湖の水面を思わすような幻想的な雰囲気があるのですもの。

この日は私も口の歯止めが効きませんでした。

そして、私がうるさいので、おママは同じ染色紙のパーツを4つ作りました。

「四隅にこれを付けるのはどうかしら?」

「あ、そうですね。もう、それでスッキリと仕上げたら素敵ですよ。」

ところが、この会話の記憶は直ぐに消え去り、さっき切り出した植物模様もハガキの上に侵入させ始めるのです。

「おかあさん。もうそれでいいじゃない。糊つけたら❗️」

「えー、そうねぇ。」

でも、おママは手を休めません。

「あー。」

 

すると、実家に来ていたオネコが一言。

「お母さんの好きにやらせてあげれば良いじゃないの〜。(笑)」

オネコさん、ごもっともです。

 

いつもは、おママがその感覚の赴くまま構成出来るように、私は極力口出しはしないように心掛けていました。「こうしようかしら?」と聞かれたら、「良いですね、ステキですよ」と背中を押すようにしていました。

 

なのに、なんだろう。

私はこの素敵な染色紙への思い入れから、平常心を失っていたのかしら。

自制心が効かない時もあるのです。

 

もう、この後は何も言いませんでした。私は自戒を込めて、仕上がりを見ずに帰宅しました。

 

それで、完成形はトップの貼り絵です。

おママの感性は正解でした。

私は反省…。(^。^)

 

そんなこんなで…、私にとって懐かしくてほろ苦い、

この1枚を「今月にイチ押し‼️」に決定‼️

👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。