アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

背は?

    昼食後、私がトイレからダイニングに戻ると、

おママは新鮮な眼で迎えてくれました。
さっきまで一緒にお昼を頂いてましたが…。(笑)

 

f:id:harienikki:20170325174512j:plain

                          (2017年1月27日   診断から約10年)

 

  そして、嘆息を漏らしながら言うのです。
「あら〜。あなたは背が長いのねぇ。」
「長い?」
「そう、とてもスラッとして、背が長いわ。素敵よ〜。」
「背が長い…。」
私が固まっている前で、おママは繰り返します。
「背が長いわ〜。」
おそらくおママにとっては最大の賛辞でしょう。

 

「あ、ありがとう。」
一応、訂正しますか…。
「背は長いではなく、高いと言うのよ〜。」
すると、おママは
「あら!いやだわ。そうよね〜。」
きゃはは〜!と明るく笑いました。
それから私達は、

 

「手は長い♪

   脚は長い♪

   背は高い♪

  その逆は〜?」

歌うように言葉遊びをしました。

 

   おママは若い頃から読書家でした。国語力、とりわけ語彙力は優れていたと思う。
しかし、今、進行形でどんどん単語や語法が失われつつあるのです。

それをジジもオネコも私も気付いていました。

 

   でも、この間違いは突然でした。最近、おママはオネコに、
「あなたは背が高いわね〜。」
と、正しく表現していたのですから。
「ついに組み合わせがおかしくなってきたか…。」
深刻に話していると、オネコが急に言い出しました。

「でも、不思議だよね。手が長い。脚が長い。何で背だけ高いんだろうね〜?」

え〜っ!オネコまでそうくるか〜。

   姉妹で爆笑の巻きでした。