アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

おママ、歯医者に行く

 

f:id:harienikki:20170702225810j:plain

(2017年6月12日 アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

 

ちょっとした事件です‼️

 先週、急にジジが不穏な事を言い出しました。

「お母さんの歯がぽろっと取れて、歯医者に行かせなきゃ!」
ありゃ〜。

  なんでも、食べてる時に取れたらしい。
本人は当然の事、
「知らない、そんな事はないわよ。」
と言うし、オネコがおママの口の中を見てもよくわからない。
土曜日に急遽予約がとれて、オネコが連れて行くことになりました。

 

  歯医者か〜。
誰しもちょっと気が重いですね。
おママ、大丈夫かな…。
外面が良い?タイプなので、頑張ってくれるかしら?

 

  私の心配をよそに、無事に2人は帰って来ました。

   帰ってこなきゃ困るのだが…(笑)

「3回分を1回で済ましてもらえたわ。」

「……⁉️」


  詰め物が取れてしまった歯は少し削って詰め直し、ヒビが入っていた前歯を補強し、さらにお口全体のクリーニング。歯垢がたくさんとれたそうです。

無事に済んでよかった‼️

 

  それにおママは先生や周囲を困らせることなく、治療に耐えたそうです。

唯一、途中で胸が苦しいと先生に訴えたので、

血圧とサチュレーション(酸素飽和度、血液中に溶け込んでいるの酸素の量)を測って異常のない事を確認してくれました。

おママも納得したのか?その後は静かに治療をうけていました。

 

おママ、お疲れ様。

オネコの話では、大分緊張して身体を強張らせていたようです。

「なんだが今日は頭が痛いわ〜。気分も良くない。」
「歯医者に行って頑張ったんだもの。大変だったね〜。」
「え〜〜⁉️私、歯医者なんて行ってないわ。」

 

嫌な事を忘れられるのは幸せなことですが、

苦痛の原因を忘れてしまうのは気の毒なこと…。

 

今回、お薬について今後検討していく問題も見つかりました。

  おママは骨粗鬆症の薬を月に1回注射をいています。

これは副作用として顎骨を壊死させる症例があります。
気になったオネコが歯科医の先生に聞いてみたら、骨粗鬆症の注射をしてたら抜歯はできないとの事でした。

今回は抜歯せずにすんで良かったのですが、近い将来抜歯が必要になることもありそうで、心配になりました。

 

かかりつけ医と相談してみなくちゃ…。

yakuzaic.com

おママの貼り絵を見てくださり有難うございます。