アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

ゆっくり飲んでください。 忘備録として…リコード法

f:id:harienikki:20180505235905j:plain

(2018年3月月24日 アルツハイマー認知症の診断から約11年1ヶ月)

 

水分不足じゃないか⁉️

  最近、ジジとおママの朝は早いです。

5時過ぎに目覚め、6時には朝食の用意ができます。勿論、支度するのはジジ。

おママは目が覚めても、着替えにとても時間がかかり、それどころではありません。

それで、2人とも7時には食べ終わってしまいます。

 

   私が午前10時半から11時に実家へ行くと、最近のおママは「頭がいたい」と言って無気力です。本当に具合が悪いかというと、そうでもありません。結構ニコニコしているのですから。

 

厚着しているのではないか?

夏でも冬でも平気で窓を開けているのに、こういう初夏のいい季節に不思議と窓を閉め切っていたりして…。

脱水気味なのではないか?

 

あれこれ原因を探ってみます。

この日のおママは水分が足りないように思いました。

元々、おママはあまり水分を摂取しない方です。朝食時もジジの印象ではマグカップに注がれた飲み物を残しがちだとか。

「朝ごはんの後は何も飲んでいないよ。」

ですよね〜❗️  (^。^)v   ジジの証言も得られました。(笑)

 

無理しないでよ〜。

私はおママのマグカップに水を汲んで、おママを手招きしました。

「お母さん。きっと水分不足だから、まずはお水を飲んで下さいな。」

「大丈夫よ。要らないわよ。」

一度は拒否しますが、

「ろくに水も飲まない」とジジにも言われ、少し悔しかったのか?

やはり自分でも必要と思ったのか? 比較的に素直に私からマグカップを受け取りました。

「全部飲むの?」

「はい。全部飲んでください。そのくらいは必要です」

おママは一口含んで、ゴクンと飲みました。

ヒトツキかけて飲んだわ。」

「………?ひと月? 何をひと月かけたの?」

私は一瞬理解できませんでした。それでもおママは笑顔でマグカップを覗き、

「あと、5ツキで飲めるわ。」

「あ、ツキ(月)じゃなくてクチ(口)ね。

えっ❗️あと5口で飲んじゃうの⁉️」

「そうよ。」

おママは水をいっぱいに含んで、ゴクンゴクンと5口で飲み干しました。

有言実行❗️

いやいや…。無理に勢いつけて飲んだら駄目よ…。よくないわ。

ひと月や5ヶ月はかけ過ぎですが、もう少し、ゆっくり飲んで下さいな。(^。^)

 

本日アップの貼り絵

シンガポール創業の紅茶メーカーの包装紙を使っています。これは友人からの頂き物です。実はこの包装紙って、リバーシブルなんですよ。

写真の面は黄色地に柄が黒ですが、裏は黒地に柄が黄色。

裏表の使い分けが楽しかったようです。

 

f:id:harienikki:20180506001450j:plain

⬇️ こちらの紅茶です。

twg-tea

 

私が忘れないように書いておきます。(リコード法)

⬇️5月5日の「世界で一番受けたい授業」で「リコード法」と呼ばれる新しい治療法を確立したデール・ブレデセン医師が出演し、この治療法を紹介したそうです。

あいにく私は少し頭痛もあったのでテレビはノーチェック。見損ねました。

それで、今日(5月6日)にネットで始めて知りました。(T_T)

www.ntv.co.jp

⬇️ こちらのサイトのページで紹介されているデール・プレデセン医師の著作『アルツハイマー病  真実と終焉』をすぐさま購入しようとAmazonに入ったら、なんと品切れ状態でした。ガックシ…。💦

toyokeizai.net

   おママのように進んでしまうと、ちょっと回復は無理なのでしょうけれど、予備軍であろう私の将来には有効かもしれません。 

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。