アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

成り行き任せ

 

f:id:harienikki:20170609230120j:plain

(2017年5月17日  アルツハイマー認知症の診断から約10年3ヶ月)

 

  ⬆️この貼り絵のことをおママは「あんまり好きじゃない…」と言っていました。  

どこが気に入らないのでしょう。私にはよく分かりません。

「私は好きだわ。」

そう言うと、おママは少しはにかんだように笑いました。

「そうかしら…。」

それでもどことなく腑に落ちないようです。

 

6月に入って、おママは又あまり貼り絵をしません。

1ヶ月ごとの停滞期がきたようです。

やりたくないものをやらせることは出来ないし…。(笑)

 

おママは貼り絵をやらない時は、机の上をすっきりと片付けます。

お気に入りの千代紙や包装紙もまとめてクリアファイルに入れたり、

巻いて仕舞ったり。

私がこっそりハガキを1枚机の上に出しておいたり、仕舞った包装紙類を広げておいても、眺めるだけですぐに綺麗に片付けてしまいます。

その様子は徹底的で揺るぎない。

何を思ってたそうしているのか?

よく分かりませんが、きっとその時々は、確たる思いがあるのでしょう。

ジジは「そっとしておいた方が良いよ」と言います。

 

その確たる思いも、するりと忘れるところが、切なくもあり可笑しくもあり。

また始めるでしょうか?

また始めるでしょう…。

 

アルツハイマー認知症歴10年ですから、それも未知数。

これについて、私達は成り行き任せでいこうと思います。

 

⬇️4月の末から5月もありましたね〜。 

harienikki.hatenablog.com