アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

カエルの包装紙

f:id:harienikki:20170803231223j:plain

(2017年7月21日  アルツハイマー認知症の診断から約10年5ヶ月)

 

  ⬆️上の貼り絵。可愛いカエルの笑顔が印象的です。(^ ^)

頭に葉っぱが付いている(生えている?)のも可笑しい…。

これは親子ガエルなのかしら?

 

   7月に私の娘のアズキが名古屋に行きました。

その時、お土産に「カエルまんじゅう」を買ってきてくれたのです。

これは、その包装紙を使っています。

 

この「カエルまんじゅう」は、ういろうで有名な青柳総本家のお菓子です。

カエルの顔を形どった可愛いおまんじゅう。

数が少なかったのと、とても美味しかったので、思わず我が家で完食してしまいました。(笑)

それで、実家に持っていったのは、包装紙だけ…。

ごめんね、おママ。

おママなら大喜びしそうなお饅頭だったのに…。(反省)

 

「お母さん、可愛い包装紙があったのよ。良かったら、使ってね。」

私はちょっと後ろめたかったけど、おママは一目見るなり気に入ったようです。

「本当だわ❗️この緑も実に良い色よ。」

おママは包装紙を眺め、カエルの顔を優しく撫でていました。

(良かった。)

 

  気を良くしていた私ですが、手渡す前に包装紙の写真を残しておくべきでした‼️

それで、慌てておママの作業机に行ってみると…。

 

すでに分割済み。(笑)よほど気に入ったのか…。

f:id:harienikki:20170803233706j:plain

 

後日、ファイルを開けて見ると、 もう1枚カエルの貼り絵がありました。

f:id:harienikki:20170803234039j:plain

(2017年7月21日 アルツハイマー認知症の診断から約10年5ヶ月)

   ⬆️この貼り絵を見て、ふと思ったのですが、おママはもしかしたら、このイラストをカエルと認識していないのかも知れません。

 

  とにかく…💦

今度機会があったら、包装紙だけではなく、ちゃんと中身の「カエルまんじゅう」も実家に持っていこうと思いました。

青柳ういろう | 青柳総本家 公式サイト