読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

せっかく…、

 

f:id:harienikki:20170419233956j:plain

 (2017年4月9日診断から約10年2ヶ月  赤い四角は布のリボンです。)

 

  仕事の区切りがつかず、遅れてお昼の食卓に就いた私。


あらま⁉️


  今日のおママはお汁を作ってくれていました。玉ねぎやキャベツがたくさん入っているので、上出来ですね。
素晴らしい。パチパチ👏👏👏

 

  私は台所でお椀にお汁をすくいました。
こういう場合、私には鉄則があります。

具をなるべく多くいれ、汁は極力少なくする。

よく、ご家族が患者の認知症を疑う要因の1つに、
料理の味付けがおかしくなる、というのがあります。

主に、しょっぱすぎてしまうのです。
おママも初期の段階から塩辛かった❗️
それは仕方ないのです。

味付けしたそばから忘れるのですから、何度も入れてしまう。


  だから、おママがコンスタントに野菜スープを作っていた頃から、私はこっそりと、おママの目を盗んで、汁だけ捨てていたのです。

 

  例によって、私は汁を極端に少なくよそったお椀を御膳にのせました。

すると、ジジが突然電気ケトルから私の椀に湯を注ぐのです。
「…⁉️」
私は凍りつきました…。
ジジ、何するんだ⁉️

しょっぱすぎるから、お湯を足すと丁度良いよ。」

「…⁉️」

  男性は無頓着ですね。驚きました。(笑)

私は常々、ジジの血圧を心配しています。だから、ジジにはおママに内緒で汁を残すように言ってきました。

 

  だからと言って、それをおママの目の前でやってはなりませんよね〜。💦

 

   食事を作る者は皆、それなりに頑張って料理をするのです。
自分が作ったおかずやお汁に、自分の目の前で、家族に醤油やソースで味を足されたらムカッとするでしょう。
私だったら尊厳を踏みにじられたように思います。(大袈裟か(笑))
ジジだって、私が結婚して家を出るまで、そんな事しなかったと思います。

それに今更どうして…?

 

  案の定、おママは
「なんでお湯を入れるの?」
と言っていました。
「だって、何度も入れるから、しょっぱくなったでしょう。」
と、更にだめ押し。
おママはかなりムッとしてましたね。

 

  私も今日は疲れていたので、ジジに物申したりはしませんでした。

ジジにも理由があるはず。今日のお汁は耐え難い辛さだったのでしょう。

確かに、ジジが湯を注いだおかげで、塩加減はバッチリでした。

 

  でも、アルツハイマー認知症になっても、気持ちはしっかり主婦のままなんです。
デリカシーの無い行動はご法度ね。ジジ❣️

おママ、せっかくお汁を作ってくれたのに、少し残念でしたね。