アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

えびせん

f:id:harienikki:20170725232336j:plain

(2017年6月21日  アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

 

  最初にこの貼り絵を見たのは制作中でした。

(あら、美味しそう❗️)

私は思わずそう言いそうになりました。でも、じっと飲み込んで…、

「あら、キレイだこと❗️夏らしい柄ね〜」

と言えば、おママは嬉しそうに笑いました。

 

おそらく、えびせん。

デパートでこの間試食した…。

美味しかったけど、お店の名前が思い出せない。

 

私が目撃した時、大3枚、小5枚のお煎餅はすでに貼り付けられていたのです。

「なんとなく物足りないかしら…。」

「それなら、空いているところに何かお貼りになったら?」

「これ、どうかしら?」

おママはお煎餅の写真に千代紙の手毬を合わせるのはどうかと、悩んでいるようでした。

「色が合えば良いと思いますよ〜。」

生返事をした私、このお煎餅のメーカーが気になって仕方がありませんでした。

ゴミ箱を漁って切り抜きの残りを確保すると、

三日月型の手毬がハガキの右上部で輝いているではありませんか❗️

それは夜の空に浮かぶ三日月そのものに見えました。

 

「あら、ステキ❗️」

「そう?じゃあ、これで貼るわ。」

 

結局、仕上がりは上の通り。⬆️

手毬の位置は2つとも変わってしまったようです。(途中の写真を取れれば良かった。)

 

ファイルを開いて、この貼り絵を見たオネコの第一声。

「何これ〜。手毬が食い付いてる❗️」

 

確かに、三日月型の手毬がお煎餅に食い付いているようにも見えますね。(笑)

いつも思うのです。おママの感性は私の上をいっています。敵わないな〜と…。

 

 

⬇️お煎餅の写真を切り抜いた残りです。通販カタログ?お中元のカタログから取ったのかしら?黒い所が切り抜かれました。

エビの姿が残っていますが、それには興味が湧かなかったのでしょう。

f:id:harienikki:20170726002507j:plain

お煎餅は此方のお店のものです。⬇️

桂新堂さんの夏限定のようです。 

桂新堂株式会社 | 季節のお詰合せ

 

おママの貼り絵を見てくださり有難う御座いました。