アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

いつもと違うから?

 

f:id:harienikki:20170831003243j:plain

2017年7月20日  アルツハイマー認知症の診断から約10年5ヶ月)

 

  今日(8月30日)は珍しくオネコとおママと3人で出掛けました。

用事があって銀座へ行ったのです。

おママとオネコは実家から連れ立ち、私は現地で落ち合いました。

その用事については、また後日ゆっくり書いてみたいと思います。

 

  銀座で用事が済んだら、3人で昼食を済ませて帰途に着きました。


 それで実家最寄りの駅から、お留守番だったジジに、私達はお決まりの電話をしようと思いました。

買い物は有りますか?

夜のおかずはどうしますか?

そんな内容ですね。

 

オネコが
パパちゃんに電話しようね」
と言ったら、おママは
「えっ?誰か居るの?パカちゃん?バカちゃん?」
ですって❗️(笑)
ジジがかわいそう。(笑)

 

   でも考えてみれば、ジジを「パパちゃん」と呼ぶのは珍しいのではないかしら?

オネコもあんまり使わないような気がします…。

おママはジジの事をいつも「お父さん」と呼びますもの。

あまり慣れてない単語が出てきて、誰のことだか分からなかったのでしょう。

 

パパ=お父さん

 

という図式がおママの頭から欠落していて、

しかも「ちゃん」がついた日にゃ…。仕方ないです。

ちょっとおママを弁護してみました〜。

 

おママの貼り絵を見て下さり、有難うございます。