アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

天地を考える 2

f:id:harienikki:20171007212828j:plain

(2017年9月1日  アルツハイマー認知症の診断から約10年7ヶ月)

 以前にも「天地を考える」のタイトルで記事をアップした事があります。

それがこちら。⬇️

harienikki.hatenablog.com

 

 今回も天地創造の物語ではなく、作品の天(上)と地(下)の話です。

 

  私が貼り絵の写真撮影をする時、必ず裏面を見ます。

おママは10年前くらいから、必ず裏面の下辺に日付けを記入していました。

私はそれを見ながら、貼り絵の上下(天地)を確認して撮影しています。

ところが、この貼り絵について、それを守りませんでした。(笑)

 

理由はいくつかあります。

 

その1つ目は…。

制作途中を見ていたからです。こちら⬇️

f:id:harienikki:20171007230014j:plain

  普段、おママは扇のように、上が広がった形を好みます。

ところが、これは下が広がっている構成でした。

(めずらしい。新鮮❗️)

そのまま完成に至りました。

 

完成後、おママは考え直して天地を逆にする事は時々あるので、

日付記入の段階で翻意したのかもしれません。逆にすると、こんな感じです。⬇️

f:id:harienikki:20171007231106j:plain

まぁ、これもこれで良いと思います。

 

2つ目の理由は…。

ファイルに納められた時の天地の向きは、1番上の写真の通りだったからです。

初めから下広がりで構成されていたので、その方が安定感がありそう。

おそらく、おママはファイルに入れる段階で、数分前の日付を書いた時の記憶はないでしょう。再び天地は逆転したのではないか…。

 

3つ目の理由は…。

写真撮影の時におママに聞いてみました。

「これ、どっちが上なの? やっている時はこの向きだったわよ。」

おママはこの貼り絵を手に、何度も向きを変えながら首を傾げていました。

「そうね〜。分かんないわ。どっちでもいいかな。」

制作時の事を覚えていないから仕方ありませんね。

「でも、写真撮るから天地を決めてくれないと、困るのよね〜。」

「なんで、決めなきゃいけないの?」

「ブログにアップするから…。」

「なんだか分からない。もう好きにしていいわよ❗️

だから、私の好みで、好きにさせてもらいました❗️

 

でも、おママの

「なんで、決めなきゃいけないの?」

の言葉が耳に残っています。

おママにはどちらも正解だったのでしょう。

作品の天地を決めるのは作者自身。

私…、越権行為をしましたね。(反省)

それで、両方アップしました〜。

 

おママの貼り絵を見て下さりありがとうございます。