アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

3食大変です。

f:id:harienikki:20171014232740j:plain

(2017年9月21日  アルツハイマー認知症の診断から約10年7ヶ月)

 

気持ちわかるわ〜。

 「3食やるのは本当に大変ですよ〜。」

これは木曜日にケアマネージャーさんがいらした時のジジの言葉です。

 

そうでしょう。そうでしょう。

私が実家に行けばお昼は作りますが、今週は娘の入院などでなかなか上手くいきませんでしたね。確かにジジもお疲れでしょう。

夕飯のおかずは大抵買ってきた物が多いです。それでもご飯を炊いたり、おかずを温めなおしたり、配膳だけでも高齢のジジにはキツいでしょう。

頑張っていると思います。

「でも、これを家内はずっとやってきたんですよね〜。実際にやってみて大変さがわかりました。まぁ、罪滅ぼしと思ってやっています。」

ケアマネージャーさんがよく話を聞いて下さるので、ジジもよく喋りました。

その昔、祖母(ジジの母)の介護をしている時の事も話題に上りました。

 

そうでしょう。そうでしょう。

おママはずっと私達家族の食事を作ってくれました。

認知症になっても昨年夏頃までは、野菜がたっぷり入ったスープを毎日毎日作っていて、ジジの健康を支えてくれていたのです。

それが当たり前の時には感じなかったものが見えてくるのですね。

 

ジジは高度成長期のサラリーマンでした。

平日は仕事に驀進、休日は接待ゴルフなど…。

土曜は半ドンですから、今のように週休2日ではありませんでした。

おママに家も子供も任せっきり。でも、それが当たり前の時代でしたよ。

 

介護保険もない30年ほど前、在宅で私の祖母を7年介護しました。

あの頃は今みたいにケアマネージャーさんと話すこともないのですから、

介護している家庭はどちらも孤立状態だったと思います。

この時ジジは仕事も忙しかったのですが、とても協力していましたよ。

 

今日の貼り絵について

ヘビーローテションで登場する小津和紙の千代紙とロゴが組み合わされています。

なかなか、異種交流のような面白さがあると思います。

それは兎も角、私はこのロゴを見てビックリしました。

「これ❗️どこにあったんだ〜⁉️」

直ぐに作業机の周辺から包装紙が見つかりました。それがこれ⬇️

f:id:harienikki:20171015004701j:plain

ジジが猛烈会社員時代に、仕事で関わりのあった会社の包装紙です。

30年くらい前のものかしら?もしかしたら、もっと昔かも?

多分、スパゲティが包んであったのでしょう。

仕事にかまけてジジが「罪滅ぼし」と感じている時代の名残が、

おママの貼り絵として昇華されてように感じます。

 

こちらのスパゲティです。⬇️

ボルカノ 食品事業 展開事業紹介 日本製麻株式会社 THE NIHON SEIMA CO., LTD.

おママの貼り絵を見て下さり、有難うございました。