アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

記憶についてNo.35(好きだという気持ち)

f:id:harienikki:20190327233513j:plain

(2019年2月27日  アルツハイマー認知症の診断から約12年)

 

新聞を見るおママ

最近、新聞を契約していない御宅が多くなったように思います。

私はネットで見てしまうので新聞は取っていません。

でも、実家は昔からしっかり朝刊夕刊のセットで頼んでおります。

ジジはデイサービスでも新聞を読むそうです。

おママはどうかと言えば、最近でも新聞を開いている姿を、私は見かけたことがあります。

大見出しを読んでいるのかしら?

それともフルカラーで印刷された綺麗な新聞広告を眺めているのでしょうか?

 

今日の貼り絵。

画面いっぱいに敷き詰められたような、キュッと詰まったようなデザインですが、

おママは主なパーツを新聞広告から切り出しました。

 

自分の好みを忘れたか⁉️

本日アップの貼り絵って、チョコレートの写真を使っているのです。

それも圧巻の1ページ全面広告でした。⬇︎

f:id:harienikki:20190327233951j:plain

 

f:id:harienikki:20190416225603j:plain

私がこの新聞広告を初めて目にしたのは新聞に掲載された1月30日です。

すでにこのページは新聞から切り離されて1枚になって、二つ折りにされていました。

「あれ、お母さんが切り取ったの?」

ジジに聞いてみますと、

「うん。キレイだって言ってたよ。(貼り絵に)使うんじゃないか⁉️

確かに綺麗です。おママの目は釘付けになったと思います。絶対に気に入ったでしょう。(^O^)

 

ところがその後、この新聞広告は作業机の目立つ所に1ヶ月ほど放置されたのです。時折、置き場の位置が変わるので、その間おママは何度かこの広告ページを手にした筈です。

 

 もしかしたら、おママの好みは日によって変動しているんですしょうか?(°▽°)

その日の体調や気分にもよるのでしょう。

 

確かに、普通の人でも「昨日は良かったけど、今日見たら良くなかった」という事はありそうです。おママの場合は記憶力がないから比較はできませんが、根っこは同じかもしれません。ただ記憶力があれば、好みを司る感情は過去の影響を受けると思います。

記憶障害がもっと重くなると、1つの物事に関する反応も別人のように違ってくるのかも知れません。

そう考えると、魂が死んでいくような気がして、少し悲しいですね…。

 

とは言え…、もしかしたらおママはこの新聞広告を見る度に思ったかもしれません。

(きれいだから、勿体無いから使わないわ)

私はおママがそう思って、暫く放置したと思いたいです。(^_^)

 

結局この新聞広告は、2月27日にこの貼り絵で使われた後、更に3枚の作品に登場しました。なぁんだ、まだおママの好みは健在なようです。ホッとしました。

 

今日は時間がなくてイラストが描けませんでした。残念…。σ(^_^;)


 

www.belamer.jp

 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。