アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

1年になりました❗️(その1)

 

f:id:harienikki:20171223233906j:plain

(2017年11月 26日  アルツハイマー認知症の診断から約10年9ヶ月)

 

今日、このブログは1周年を迎えました。わぁお❗️

おママの貼り絵を見て下さり、私の拙い文を読んで下さる方、

ありがとうございます。とても励みになります。

 

今日のアップの貼り絵は「バンザーイ」に見えます。

おママは全然意図せずに制作しているはずですが…。

 

それで、私達家族とこの1年を振り返ってみようと思います。

 

* 

 手先を使う事。色や形を選ぶ事。

ハサミがささやくように紙を切る音。そして小さな画面に貼り付ける事。

一枚一枚にその楽しさと喜びが溢れています。

十数年にわたって紡いできた貼り絵の詩は、遥かに三千を超えました。

出来ることが少なくなってきた今、

はがきサイズの画面はおママの魂であり、

色彩に溢れた貼り絵のファイルはおママの宇宙です。

 

このブログはアルツハイマー認知症のおママが日々制作する貼り絵を暮らしを紹介しています。

 

 私達のこと

それで、再び私達の事をご紹介します。

 

おママは84歳です。認知症の診断を受けたのは73歳の時です。

現在は要介護2です。

アルツハイマー認知症の診断を受ける以前から、白いハガキに包装紙や千代紙で貼り絵をしています。

おママの貼り絵の特徴は幾何学文様であることです。具象的なものはほぼありません。文様が好きなのかもしれませんね。

夫である89歳のジジと同居しています。

harienikki.hatenablog.com

 

ジジは足腰が弱くなりましたが、まだ頑張ろうと努力しています。今年初めて介護認定を受け要支援1になりました。

歩く事を大事にして、天気のいい日は必ず、おママと駅前のスーパーまで行きます。週一度おママと共に行くデイサービスではマシーンでの運動にも取り組んでいます。

高齢男性の割に生活のスペックが高く、主に電子レンジですが調理もします。何か買ってくるにせよジジが食事の算段を付けて準備しています。食べることに意欲があるのは元気の源だと思います。

 

実家の近くに長女のオネコが住んでいます。在宅ワークあり。可愛い孫が2人います。デイサービスの日はジジも帰ってきて疲れているので、実家に夕食を届けています。

 

次女の私チャーコがブログを執筆しています。週3回実家に通っていて、その時は昼食は用意しています。

 

この1年のおママ

昨年の12月23日に私は最初の記事をアップしました。

その月のおママはあまり貼り絵をしていません。その頃、アルツハイマー認知症の症状が進んで、家族を家族として認識しない時も増えました。

この先もう新しい貼り絵は出来ないのかも。

一気に症状は進んでママはおママでなくなってしまうのかも。

かなり不安でした。

harienikki.hatenablog.com

 

でも、この1年間、おママはこれまでと同じように家で暮らし、貼り絵を作り続けています。

 

勿論、症状は進んでいます。

既に家族を認識できないようになっている事実を知っても、おママはさほどショックを受ける事もなくなりました。

食事や排泄の自立は保たれていますが、着替えの時など「分からない」と迷うことが多くなりました。

ほんの一瞬でおままの記憶は失われます。

長期記憶である子供の頃の事も失くなりつつあります。

来年、おママは出来ない事が確実に増えていくでしょう。

診断から11年になるのですから。

今この先を考えると、やはり不安です。

 

でも、今までと同じようにおママの症状と様子を見ながら、私達は暮らしていきます。

harienikki.hatenablog.com

 明日に続く

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。