アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

在りし日の青春

f:id:harienikki:20190925225436j:plain

(2019年8月26日 アルツハイマー認知症の診断から約12年6ヶ月)

 

発見❗️

9月25日の午後。

私は9月におママが制作した貼り絵の写真撮影をしていました。

すると、おママが見慣れぬ箱を開けて、

「ねぇー、これ、見て!」

と黄色い声を出しました。その箱はお菓子が入っていた紙箱で、昔おママが中身をその箱に移し替えた感じがしました。

「ほら❗️」

中から小さなルーレットのセットが出てきました。

手のひらサイズで可愛いんです。

f:id:harienikki:20190925225508j:plain

 ⬇︎ちゃんと揃っているようです。今も回転します。

カラカラカラ〜ン🎵

小さな球が軽快な音と共に数字のスポットに収まりました。

f:id:harienikki:20190925225558j:plain

 ⬇︎説明書も付いていますが、実にレトロな雰囲気です。中の活字も古い感じでした。

おママがジジとあれこれ言いながら触っています。

f:id:harienikki:20190925225630j:plain

 「これって、どうしたの?」

ジジに聞いてみたら、どうも昔々にジジが買ったらしい。

「いつ頃?」

「結婚する前だなぁ。」

「あらまぁ! 60年以上も前なの? 」

実は、私は子供の頃にこのルーレットで遊んだことはあります。おそらく小学生くらいの時かしら。カラカラ回すのが楽しかったのを覚えています。

その頃、既に「ふるーい」という感じだったので、やはりジジの言う通りの年代物なのでしょう。

 

ジジは懐かしそうに、チップの置き方や計算方法などを説明書で確認しながら、1人でカラカラとルーレットを回していました。

繰り返しても、当たりやすいようにチップをかけても、

「当たらないなぁ。」

なかなか、当たりませんよね。(^。^)

ジジはしばらく熱中していましたが、

発見した張本人のおママは直ぐに別のことに興味を示して、ルーレットの事は眼中に無くなっていましたが…。

 

古い物なのに、プラスチックが全く劣化していなくてとても綺麗でした。

ずっとしまい混んでいたからでしょう。

ところで、このルーレットはどこから出てきたのかしら?

もしかして、5月に押入れの天袋を整理した時に出てきたとか?

いえ、あの時、片付けたのは私とオネコでした。その時は見なかったのに…。

 

まぁ、確実に言えるのは、ジジとおママが物持ちが良いという事ですね。(^O^)

 

本日アップの貼り絵

ルーレットのイメージに合うかなぁと思って、選んでみました。(^◇^;)

8月25日は月曜日でした。私が実家へついた時には、この貼り絵は既に完成していました。

「お母さん!これ、ステキよ。おもしろいわ。」

おママはにっこり笑いました。

でも肝心な事は、この貼り絵がどんな紙を使って制作されたかです。

完成した直後なら…、ゴミ箱を漁れば手がかりがあるかも知れません。

 

見つけましたぞ。⬇︎これ❗️残骸ですね。でも、文字が見えます。

コム・デ・ギャルソンの広告だわ❗️」

 

f:id:harienikki:20190925225741j:plain

 ⬇︎後日、おママの作業机から、こちらも見つかりました。

f:id:harienikki:20190925225711j:plain

 

www.rakuten.ne.jp

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。